近畿大学医学部|医学部長挨拶

医学部長挨拶

医学部長挨拶

医学のあらゆる道を志せる場所で、
世界に向かってはばたいてほしい。

近畿大学医学部で学ぶ最大のメリットは、最新の設備を備え最先端の医学研究が行われている大学病院であると同時に、南大阪地域唯一の大学病院としてあらゆる疾患に対応できる診療科目、医療体制を整えた医療拠点で学ぶことができるという点です。附属病院は外来診療の一次から入院の二次、そして特殊な医療を行う三次医療までをそろえ、救急医療においても一次から三次までを対応する南大阪最大の総合病院です。一方、それら臨床医学の根幹を支える多様な医学研究が活発に行われている研究拠点としての顔もあり、ここまでの施設、部門、体制を網羅した医療拠点は全国的にも多くはありません。こうした環境で、学部生のうちから実習でさまざまな臨床現場や最先端の研究現場を訪れることは、きっと大きな刺激となることでしょう。高校生のうちはまだ「医師」といえば臨床医のイメージが強いかもしれませんが、医学にまつわる多様な研究分野のエキスパートとして医学研究の道を選ぶことができることも、近畿大学医学部の特色です。

本学は「実学教育」と「人格の陶冶」を建学の精神に掲げ、これまで臨床・研究の両分野へこれからの社会を担う人材を輩出してきました。そしてさらに今後は「グローバル」をキーワードに、世界で活躍できる医師や研究者を育てるべく教育体制を充実させていきます。2015年度からは海外提携大学を拡大し、2年生から参加できる医学留学制度を実施します。また、学部生、研修医、大学院生、そして医師や研究者として従事する将来においても、それぞれの段階で必要な最新の知識とスキルを学ぶことができるよう、さらなら教育強化をはかっていきます。近畿大学医学部は附属病院とともに2023年に大阪府堺市泉ヶ丘へ移転することが決定していますが、ちょうどその頃に、広い視野を持って最前線で活躍してくれる医師が生まれてくれることを期待しています。

医学部長 伊木 雅之