近畿大学医学部|診療補助員募集

診療補助員募集
先輩たちから診療補助員の仕事内容をご紹介します


2
3
4


平成11年11月から眼科と神経内科、消化器内科の混合病棟で勤務しています。

勤務のきっかけ
専業主婦でしたが、子供の手が離れたので

当院を選んだ理由
祖母が入院していた病院先で、診療補助の仕事をしている方に毎回やさしい声をかけられ『こんな仕事があるんだ』と知りました。私も『人の気持ちに寄り添える仕事がしたい』と感じ、自宅近くにある当院に応募しました。

つらかったこと
初めて見るものばかりで、物を覚えることが大変でした。自分なりに工夫し、絵を描いて覚えました。

うれしかったこと
直接患者様から「ありがとう」の言葉をいただいた時、いい仕事に就いたなと思う。

今の気持ち
はじめは不安で仕方なかったが、看護長をはじめ、いろんな方に助けて頂き、続けることができました。これからもがんばって働きたい。


平成25年4月から、救命救急センターに勤務しています。

勤務のきっかけ
昔、当院の中央滅菌材料部で勤務していた経験や、他院でのヘルパーの経験を生かし、再就職を考えました。

当院を選んだ理由
自宅から近くにあり、時給もよかったし、以前の勤務経験から安心して働ける場所と分かっていたため選びました。

つらかったこと
立って行う作業のため、歩き回ることで、靴が足になじむまで足が痛かったことです。

うれしかったこと
救命救急センターでは診療補助員が直接患者様に関わることが少ないのですが、重症で入ってこられた患者様の回復されている様子をみると、勤務した者にしかわからない感動があります。

今の気持ち
まだまだ新米ですが、信頼される診療補助員を目指し、頑張ります!!

診療補助員 求人