睡眠・体内時計外来の開設について

睡眠障害の原因には大きく分けて二種類あります。一つ目は睡眠覚醒機構の障害、二つ目は体内時計の障害です。
騒音で眠れない、悩み事が多くて眠れない、トイレで起きることが多いので眠れないというのが一つ目、体内時計が
生み出すリズムのずれによって、眠るべき時刻に眠れない、起きるべき時刻に起きることができないというのが二つ目
の体内時計の不具合です。睡眠の障害、体内時計の乱れは、うつ病、登校拒否、ひきこもりといった状況と深く関連
することも知られています。その克服のためには両者の状況を、正確に把握して適切な治療を選択することが必要です。
「睡眠・体内時計外来」では、「ぐっすり眠れない。」「寝るべき時間に眠れない。」といった睡眠障害をもつ患者さんを
対象としてその原因を詳細に探り、健康的な生活を取り戻していただくことを目的としております。
 体内時計の位相のずれを解消するためには、体内時計の振る舞いについて深い知識と経験が必要です。

重吉は長年の体内時計の研究を、睡眠障害、体内時計障害の患者さんに還元すべく、呼吸器アレルギー内科医師として

近畿大学医学部附属病院にて睡眠・体内時計外来を開設しました。木曜日午後に専門外来を行っています。

多くの睡眠障害患者様が体内時計位相の改善と、不安の解消によって改善していくことを経験しております。

睡眠障害・体内時計障害の患者さんはいつでもご相談ください。重吉の方に直接ご相談のメールをいただいても構いません。

shigey@med.kindai.ac.jp までご相談いただけましたら幸いです。