平成27年度 近畿大学医学部附属病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1206 686 631 970 1717 2095 4908 6442 2485 208
【定義】
平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)に当院を退院した患者さんの人数を10歳刻みで表しました。年齢は、入院時点のものを用いています。

【解説】
・60歳以上の患者さんの割合が、全体の約65%以上を占めています。
・また、小児患者さんの割合も比較的高くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 195 11.99 13.03 0.51% 70.16
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)手術・処置等2なし 100 6.40 6.79 1.00% 59.19
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 85 14.40 17.41 4.71% 68.73
【全体定義】
・診療科別に症例数の多いDPC14桁コード(※)トップ3について、その名称、症例数、平均在院日数(自院)、平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢を表しています。
※DPC14桁コードとは、入院中に医療資源を最も投入した傷病名と、入院中に提供される手術、処置などの診療行為、重症度等での組み合わせにより分類された患者群です。「診断群分類」とも呼ばれています。
・それぞれの診療科が、どのような疾患に対して、どのような診療行為を多く行っているかを知ることができます。
・診療科の上位3位全ての患者数が10未満の場合、その標榜診療科については公表しておりません。
・集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。

【外科解説】
・当院はがん診療連携拠点病院に指定されており、5大癌(肺・乳・大腸・胃・肝臓)や膵臓癌に関する手術を多く行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 100 12.89 11.08 0.00% 53.74
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。)手術あり 72 3.99 3.38 0.00% 29.63
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 72 9.65 9.57 0.00% 66.25
【解説】
・網膜剥離、斜視、緑内障などの手術の他、短期滞在手術に含まれるため、こちらには掲載しておりませんが、白内障の手術症例が多くなっております。
救命救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒)手術・処置等2なし 副傷病なし 26 3.88 3.58 11.54% 45.08
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 11.00 10.02 60.00% 59.90
- - - - - - -
【解説】
・24時間、365日体制の3次救急施設の救命救急センターであり、重度外傷、急性心筋梗塞、脳血管障害、広範囲熱傷、急性中毒、重症急性膵炎などに対応しております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 72 4.19 3.54 0.00% 64.29
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 71 5.72 4.38 0.00% 43.39
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 58 8.88 5.86 1.72% 27.64
【解説】
・1番目:眼瞼下垂に対する手術、2番目:脂肪腫・粉瘤・良性腫瘍などの摘出術、3番目:鼻骨骨折、頬骨骨折に対する鼻骨骨折整復固定術・頬骨骨折観血的整復術となっております。
・また、当院は大学病院であり、乳癌に対する手術を多数行っておりますが、乳癌術後の乳房再建術にも定評があります。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 24 10.42 9.63 0.00% 33.92
120180xx01xxxx 胎児及び胎児附属物の異常 子宮全摘術等 21 9.90 9.94 0.00% 32.90
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 16 18.50 20.87 0.00% 30.81
【解説】
・地域母子周産期医療センターとなっており、自然分娩だけでなく、筋腫合併症妊娠、胎児骨盤位、2回目以降の帝王切開に対する予定帝王切開や、分娩遷延や胎児機能不全などの緊急帝王切開にも対応しております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 153 8.88 10.12 0.00% 51.93
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 48 7.50 7.94 0.00% 55.98
030425xx97xxxx 聴覚の障害(その他)手術あり 43 9.23 9.64 0.00% 46.30
【解説】
・慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術、頭頚部腫瘍に対する腫瘍摘出術、高度な技術が必要とされる、難治性感音難聴に対する人工内耳植込術が上位を占めております。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 120 6.23 13.38 0.00% 67.43
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 98 11.49 15.00 10.20% 67.73
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頚部を含む。)手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 56 7.77 9.95 0.00% 65.54
【解説】
・肺癌、消化器癌、原発不明癌など固形癌に対する、新抗癌剤の使用、分子標的治療薬を用いた治療など、癌の先端治療を行っております。
・治験に関しましては、国内大学病院では、トップクラスの治療実績を誇っております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 214 5.58 4.87 0.93% 70.25
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 195 5.87 5.68 0.51% 62.41
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 120 5.31 3.07 0.00% 68.23
【解説】
・狭心症、陳旧性心筋梗塞などの虚血性心疾患に対する、経皮的冠動脈形成術(PTCA、PCI)・経皮的冠動脈ステント留置術、心臓カテーテル検査、心房細動などに対する経皮的カテーテル心筋焼灼術が上位を占めています。
・当院では、心臓血管センターを設け、循環器内科、心臓血管外科が連携して、緊急患者を受け入れる体制を整えています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)手術・処置等2なし 93 7.14 5.72 0.00% 3.39
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 91 1.14 2.63 0.00% 6.48
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上)手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 44 3.14 4.52 0.00% 5.98
【解説】
・1番目:肺炎等の急性の呼吸器疾患、2番目:食物アレルギー、3番目:心室中隔欠損症、ファロー四徴症などの先天性心疾患に対する心臓カテーテル検査となっております。
・2番目の食物アレルギーに関しまして、9歳未満の小児食物アレルギー負荷検査を行った症例は、短期滞在手術に含まれるため、こちらには含まれておりませんが、そちらの症例数も多くなっております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06007xxx99x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 290 4.33 10.10 2.07% 67.65
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)その他の手術あり 手術・処置等2なし 231 8.97 11.98 3.03% 73.35
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎、局限性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 191 8.35 10.93 5.76% 71.90
【解説】
・膵癌に対する特殊な診断方法として、超音波内視鏡ガイド下の組織生検、超音波内視鏡下造影といった診断法を積極的に取り入れています。
・肝癌に対する血管塞栓術、総胆管結石、胆管炎、肝外閉塞性黄疸に対する胆道ステント留置術などが上位を占めています。
また、短期滞在手術に含まれるため、こちらには掲載しておりませんが、大腸ポリープ・早期大腸癌に対する内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術の症例も多数あります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 4.90 9.71 2.44% 65.98
050050xx0100xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。)単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 35 21.14 19.89 2.86% 67.80
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 32 5.69 4.97 0.00% 74.88
【解説】
・1番目:末期腎不全に対する、内シャント設置術。2番目:狭心症・陳旧性心筋梗塞に対する冠動脈・大動脈バイパス移植術など。3番目:胸部・腹部・弓部大動脈瘤に対する心臓カテーテル法による検査となっております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 14.31 13.64 5.56% 63.89
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 31 15.10 15.39 0.00% 67.81
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 18 13.17 7.47 5.56% 46.67
【解説】
・慢性腎不全に対する人工腎臓、腎炎に対する腎生検などが上位を占めております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)人工関節置換術等 151 19.10 27.21 4.64% 74.40
070010xx010x0x 骨の軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 56 4.21 6.14 0.00% 44.75
07040xxx01xx0x 股間節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)人工関節置換術等 副傷病なし 52 21.98 24.95 5.77% 65.79
【解説】
・体に負担の少ない、膝や股関節などの人工関節置換術を多く取り扱っています。平成28年度に入ってからは、脊柱管に対する症例の割合も増えてきています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 11.76 15.80 26.09% 70.80
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 36 13.97 18.08 44.44% 67.78
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 6.18 7.03 18.18% 47.67
【解説】
・当院では、脳卒中センターを有し、脳卒中の患者さんに対する迅速な診断、血栓溶解剤の使用、外科的手術などの専門診療を担っています。
・また、神経外傷、てんかん、脳腫瘍、脊髄疾患、不随意運動など、幅広い分野の治療にあたっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 120 7.07 7.59 0.00% 72.30
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 51 9.35 12.36 0.00% 68.55
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 46 9.07 14.03 0.00% 68.30
【解説】
・尿路性器の悪性腫瘍に対する、手術や化学療法、放射線療法が上位を占めております。
・この他、短期滞在手術に含まれるため、こちらには掲載しておりませんが、前立腺癌の検査として、針生検も多くの症例を取り扱っております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出(露出部)等 手術・処置等1なし 140 3.46 4.38 0.00% 45.49
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 53 9.94 8.97 0.00% 67.23
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 52 7.08 10.49 0.00% 75.52
【解説】
・良性・悪性腫瘍の切除術が上位を占めております。
・また、帯状疱疹、蜂巣炎、薬疹、アトピー性皮膚炎などの患者さんも多く入院されています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頚・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 243 6.16 5.33 0.00% 54.91
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下膣式子宮全摘術等 114 8.20 6.34 0.00% 45.63
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 95 5.76 5.17 1.05% 56.43
【解説】
・子宮癌や卵巣癌などの悪性腫瘍に対する化学療法、子宮筋腫や内膜症などの良性腫瘍や、悪性腫瘍に対する手術など、婦人科疾患に対する幅広い診療を行っております。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 2.67 6.55 0.00% 51.87
- - - - - - -
- - - - - - -
【解説】
・原発性アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリングというカテーテルを用いた検査や、各種癌に対する診断、放射線療法を行っております。
内分泌・代謝・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 319 18.62 15.35 1.57% 65.72
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 10.16 6.55 0.00% 55.98
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 35 19.11 14.30 2.86% 58.69
【解説】
・2型糖尿病や1型糖尿病といった糖尿病を中心とした代謝疾患、および甲状腺疾患、副腎疾患、下垂体疾患等の内分泌疾患について診療を行っております。
血液・膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 95 22.68 18.15 1.05% 58.53
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 75 18.64 17.69 1.33% 66.80
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり 37 45.72 43.59 2.70% 55.59
【解説】
・白血病、リンパ腫、骨髄腫など、造血器腫瘍に対する化学療法、リンパ増殖性疾患、凝固異常などの各種血液疾患に対する治療を行っております。
・また、全身性エリテマトーデス、関節リウマチなどの膠原病治療を行っております。
・膠原病の重要な合併症である肺高血圧症や間質性肺炎にも対応しております。
呼吸器・アレルギー内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 108 14.55 14.34 0.93% 65.67
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 103 3.98 3.29 1.94% 69.58
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 75 21.64 20.63 4.00% 69.75
【解説】
・肺炎、間質性肺炎に対する治療、肺癌に対する肺生検が上位を占めています。
・この他、短期滞在手術に含まれるため、こちらには掲載しておりませんが、睡眠時無呼吸症候群に関しましても、多くの症例があります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 32 36.44 19.87 12.50% 53.00
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術処置等2なし 副傷病なし 16 15.31 15.23 6.25% 69.06
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2-4あり 15 28.33 22.91 0.00% 61.53
【解説】
・多単性運動ニューロパチー・ギランバレー症候群・慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)などの免疫介在性ニューロパチー、重症筋無力症に対するガンマグロブリン大量療法を行っております。また、筋委縮側索硬化症(ALS)に対する、診断、治療など、神経内科では、国の難病に指定される疾患を多数取り扱っています。
心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 18 12.89 21.79 0.00% 58.33
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 13.31 7.38 0.00% 54.19
100270xxxxx0xx 間脳下垂体疾患(その他)手術・処置等2なし 11 25.09 28.78 0.00% 27.36
【解説】
・抑うつ神経症、過敏性腸症候群・機能性ディスペプシア、神経性食欲不振症などの症例を多く扱っています。
・また、当院は、悪性疾患を取り扱うことの多い大学病院であり、院内の各部署と連携し、身体面・精神面の両面(緩和ケア・精神腫瘍学)の治療にあたっています。
メンタルヘルス科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 38 28.37 21.79 5.26% 54.50
- - - - - - -
- - - - - - -
【解説】
・うつ病を中心に、神経症性障害などが主な入院症例となっております。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 40 3.03 9.53 0.00% 66.85
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2なし 39 8.28 14.25 2.56% 72.26
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。腰部骨盤、不安定椎 11 3.00 11.00 0.00% 74.00
【解説】
・頸椎・腰椎椎間板症例に対しては、持続硬膜外ブロック、椎間板内加圧注入療法、神経根ブロック等により多くの治癒例を得ています。
・2番目は、帯状疱疹後神経痛などの症例です。
・難治性疼痛に対しては、各種神経ブロック療法に加えて、経皮的植え込み脊髄電気刺激療法も行い、良好な除痛効果を得ています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 173 40 39 118 13 53 1 7
大腸癌 53 24 31 26 5 21 1 7
乳癌 110 105 28 4 2 33 1 7
肺癌 165 59 88 153 58 156 1 7
肝癌 32 49 43 25 14 462 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※1:UICC TNM分類 第7版

【定義】
・5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期分類別、およびに再発(再発部位によらない)に分けて集計しています。
・集計期間内に退院された延患者数となっております。つまり、同じ患者さんが複数回入院された場合、その回数分カウントしております。
・検査入院等で退院までに確定診断がつかず、初発か再発が不明のまま退院された患者さんもいらっしゃいます。肺癌:56人 肝癌:12人
・不明に分類されている症例については、入院中に検査結果が出ていないなどの理由が挙げられます。特に肺癌の検査入院ではその傾向が多いです。

【UICC TNM分類とは】
・国際対がん連合(UICC)によって定められた ①原発巣(癌が最初に発生した場所にある病巣)の大きさと進展度(T) ②所属リンパ節への転移状況(N) ③遠隔転移の有無(M)の3つの要素を指標としてStageⅠ~Ⅳまでの4病期に分類するものです。
・臓器によってはStageの決め方が異なりますが、StageⅣが最も進行していることになります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 29 10.21 50.66
重症度 1 37 13.73 70.70
重症度 2 28 19.86 75.39
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
【定義】
入院の契機となった傷病名および最も医療資源を投入した傷病名に対するICD10(※1)コードがJ13からJ18$で始まる20歳以上の市中肺炎(※2)の患者さんについて、重症度別に症例数、平均在院日数、平均年齢を集計しました。
重症度に関しては、A-DROP(日本呼吸器学会「成人市中肺炎診療ガイドライン」の定義に基づき、決定しました。
・集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
(※1)世界保健機構(WHO)の設定した、国際疾病分類第10版
(※2)市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎です。
インフルエンザ等ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎は除外しています。

【解説】
症例数でみますと、中等症の患者さんの割合が多く、全体の約60%を占めています。
個人情報の観点から、重症、超重症については症例数など公開しておりませんが、重症度が高くなるほど、年齢も高くなる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 197 18.25 70.68 35.98%
その他 17 15.41 70.00 0.47%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
【定義】
・脳梗塞の病型別・発症から入院までの日数別に、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を表しています。
・集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。

【解説】
・ほぼ全症例I63$の脳梗塞症例であり、中でも9割以上の患者さんが、発症から3日以内に治療を受けられています。
脳梗塞では早期発見、早期治療がその後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えると考えられています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 98 1.16 3.89 1.02% 59.62
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 92 1.34 2.92 0.00% 62.45
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 90 2.27 9.29 1.11% 69.42
【全体定義】
・診療科別に症例数の多い手術トップ3について、その名称、症例数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を表しております。
・診療科の上位3位全ての患者数が10未満の場合、その標榜診療科については公表しておりません。
・集計期間内の症例数が10未満の場合は「-」で表しております。
・臓器移植の患者さんは集計対象外となっております。

【外科 解説】
・当院は、がん診療連携拠点病院に指定されております。質の高いがん医療に取り組んでおり、癌の進行度やQOLを考慮した乳癌、肺癌の手術が多くなっております。
・乳癌は女性の癌の罹患率1位であり年々増加しています。腋の下のリンパ節をすべて取らない(腋窩部郭清を伴わない)乳癌手術が1位となっております。
また、腋窩リンパ節転移がないと術前に診断され、しこりの大きさが2cm以下の患者さんには、腋の下のリンパ節全部を取らなくても、腋窩リンパ節に転移があるかどうか推定できるセンチネルリンパ節生検も積極的に行っております。
・胆のう結石では、低侵襲で創が目立たない腹腔鏡下手術を行っております。
・また、最近では検査法の進歩により、従来見つけられなかった膵臓疾患が見つかるようになり、膵臓の手術も積極的に行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 1467 1.32 1.02 0.00% 73.19
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 160 1.36 9.76 0.63% 63.02
K2683 緑内障手術(濾過手術) 59 2.66 6.78 0.00% 67.41
【解説】
・当院は難治性の白内障にも対応し、低浸潤、極小切開な手術で実績を積んでおります。
・次いで網膜硝子体疾患の手術、視神経の働きが徐々に失われていく緑内障の手術が占めております。また、難易度の高い未熟児網膜症に対する硝子体手術も積極的に行っております。
救命救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K639 急性汎発性腹膜炎手術 12 0.58 29.00 41.70% 66.17
- - - - - - -
- - - - - - -
【解説】
・当院は救急総合診療センター(ER部)と連携を密にした365日、24時間体制の3次救急施設です。
・原因疾患が明らかではない症状(発熱や各種痛み)や急な治療を要する症状(腹痛・意識障害)などに対して、初期診断と処置を行い専門診療科へのスムーズな橋渡しを行っております。
・手術としては生命に関わる重症の状態に陥る可能性のある、急性汎発性腹膜炎が挙げられます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 42 1.17 5.79 2.38% 21.43
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) 36 1.00 2.42 0.00% 60.08
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 33 1.00 1.76 0.00% 69.70
【解説】
・身体全般の外傷の中でも鼻骨骨折が一番多い症例となっております。次いで様々な原因によって、まぶたが上がらなくなる眼瞼下垂症の手術が挙げられます。
・当院では切断指再接着・顔面骨骨折などの顔面外傷・熱傷の治療は、救命救急センターと連携し24時間体制で対応しております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 34 4.06 7.97 0.00% 33.56
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 33 4.73 8.36 0.00% 32.64
K8983 帝王切開術(前置胎盤を合併する場合又は32週未満の早産の場合) 13 3.85 8.08 0.00% 33.23
【解説】
・当院は、地域周産期母子医療センターに認定されており、24時間当直体制で緊急帝王切開術にも即座に対応できる体制を整えております。
・また、合併症妊娠症例も豊富であり、きめ細やかな妊娠管理、産褥管理が可能です。平成21年度より助産外来もスタートしております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 173 2.04 5.79 0.00% 50.13
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 54 1.83 6.67 0.00% 28.39
K328 人工内耳植込術 34 1.94 6.32 0.00% 45.76
【解説】
・慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術が一番多い症例となっており、次いで扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術となります。
・また、高度感音難聴に対しては、高度な技術が必要とされる最先端な人工内耳植込術も提供しております。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 33 4.88 12.61 3.03% 64.67
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 20 4.30 55.65 10.00% 67.35
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 11 15.00 11.27 27.27% 63.82
【解説】
・肺癌、乳癌、消化器癌など、癌の先端治療を行っており、抗癌剤を腫瘍の栄養動脈から投与する植込型カテーテル設置の症例が多くなっております。
・次いで経口摂取が不十分な場合や誤嚥性肺炎の危険性がある患者さんに行う胃瘻造設術、皮下に留置したカテーテルからエネルギー源を投与する中心静脈植込型カテーテル設置術の症例となっております。
・当院の腫瘍内科では、肺癌、乳癌、消化器癌、原発不明癌など固形癌に対する新抗癌剤の使用、分子標的治療薬を用いた治療など癌の先端治療を提供しております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 196 2.02 3.73 2.04 70.12
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 146 1.81 3.40 0.68 62.50
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 63 0.02 16.81 12.70 71.57
【解説】
・当院は、急性心筋梗塞をはじめとする循環器救急ハートコールへの24時間対応を行っております。
・心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患に対する冠動脈ステント留置術の症例が多くなっております。
・不整脈を引き起こす異常な心臓内の局所をカテーテルで焼灼して正常のリズムを取り戻す経皮的カテーテル心筋焼灼術も挙げられます。
また、不整脈専門の外来も設置しております。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 26 1.54 3.08 0.00% 12.19
- - - - - - -
- - - - - - -
【解説】
・当院のNICU(新生児集中治療室)では早産児や、手術が必要な病気を持つ新生児を24時間体制で診療します。
・心臓血管外科と病棟を共有しており、小児不整脈に対するカテーテル治療など、小児科医と外科医によるチーム医療を提供しております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 538 0.19 1.09 0.00% 67.97
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 218 1.26 6.28 1.83% 73.68
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 172 2.97 6.70 5.81% 72.60
【解説】
・当院では大腸ポリープ、早期大腸癌に対し、内視鏡を用いた診断治療を積極的に行っております。
・次いで、肝細胞癌を栄養している冠動脈内にカテーテルを挿入し、抗癌剤と塞栓物質を投与して癌を死滅させる血管塞栓術の症例が挙げられます。
・総胆管や肝内胆管といった、いわゆる胆道系の臓器では、腫瘍性病変や結石などで閉塞することがあり、胆汁の流れが遮られることから黄疸を来たすことになります。この改善の為に行われるステント留置術の症例も多くなっております。
・原発性肝癌や転移性肝癌に対しては、周波数の低いラジオ波の熱で癌細胞を焼き殺す、切除しない治療法として急速に普及しているラジオ波焼灼療法(RFA)も積極的に行っております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 52 1.42 2.12 3.85% 64.46
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 49 8.24 21.86 12.24% 66.53
K5551 弁置換術 1弁のもの 44 9.32 30.89 25.00% 71.89
【解説】
・シャント(透析患者さんの手首などの動脈と静脈を縫い合わせて血液量が豊富な血管をつくる)手術をはじめ、狭心症に対する冠動脈、大動脈バイパス術が挙げられます。次いで弁膜症に対しての弁置換術では、小さな皮膚切開での低侵襲弁膜症手術を多数行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 27 18.59 26.07 14.81% 68.26
- - - - - - -
- - - - - - -
【解説】
・現在、人口の高齢化・生活習慣病の増加を背景に、わが国の慢性腎臓病 (CKD) 患者数は増加傾向です。
・血液透析は、日本で現在最も広く行われている透析療法です。血液透析では、血管に針を刺して血液を連続的に取り出す必要があるため、あらかじめ手術によって、前腕の動脈と静脈を皮下でつなぎ合わせてシャントと呼ばれる血流の豊富な血管を作る手術を行います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 166 1.72 16.20 3.61% 73.58
K0821 人工関節置換術(股) 39 1.79 20.41 7.69% 63.67
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 22 2.36 25.36 0.00% 68.27
【解説】
・当院は関節外科・リウマチ診療を中心に、脊椎外科、手の外科、腫瘍外科と専門臨床班に分かれ、レベルの高い診療を展開しています。人工関節置換術(膝・股関節)も当院の専門分野であり、高い技術力と臨床研究能力を誇っております。
・腰部脊柱管狭窄症については、保存療法で症状が改善されない、長期におよぶ日常生活動作の障害がみられるときに脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除く、脊椎固定術、椎弓切除術等が行われます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 53 6.60 43.40 16.98% 59.62
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 35 0.63 7.00 20.00% 75.69
K1781 脳血管内手術 1箇所 35 2.17 11.69 11.43% 66.03
【解説】
・治療が困難な悪性脳腫瘍(原発性・転移性)に対しての頭蓋内腫瘍摘出術が一番多い症例となっており、放射線科・腫瘍内科・外科とも共同で集学的治療を行っております。
・当院は脳卒中コール(脳神経外科直通電話回線)により、脳卒中救急患者を迅速に受け入れた治療を行っており、慢性硬膜下血腫に対しては小さな穴を頭蓋骨にあけて、そこから血腫を洗いながす穿頭手術を行っております。
・次いで脳動脈瘤(脳の動脈の分岐部にできた動脈瘤というコブができた状態)に対しての脳血管内手術が挙げられます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 107 1.98 4.25 0.00% 72.87
K843 前立腺悪性腫瘍手術 47 1.04 7.81 0.00% 68.23
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 43 1.77 7.44 0.00% 69.49
【解説】
・尿路性器腫瘍(膀胱癌、前立腺癌、腎癌、腎盂癌など)を主体に手術を行っておりますが、化学療法、放射線療法なども組み合わせた集学的治療も行っております。
・膀胱癌は尿路上皮から発生し、大きく表在性膀胱癌と浸潤性膀胱癌に分類されます。表在性膀胱癌の多くは経尿道的腫瘍切除術(TUR-Bt)で治療可能といわれ一番多い症例となっております。
・また、最近増加傾向である前立腺癌に対して、当院では2013年より手術支援ロボット「ダヴィンチSi」を導入し、従来の開腹手術では困難であった複雑な操作が可能となり、42件の実績を上げております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 121 1.10 7.04 0.00% 73.62
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 71 1.03 1.27 0.00% 43.20
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満 36 1.08 1.17 0.00% 50.97
【解説】
・皮膚は表皮、真皮、皮下組織からなり、それぞれの細胞から様々な腫瘍が生じてきます。
・皮膚の悪性腫瘍(悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌など)に対しての手術を積極的に行っており、一番多い症例となっております。
・次いで皮膚の良性腫瘍や母斑に対して行う、皮膚、皮下腫瘍摘出術となっております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 138 2.46 4.72 0.00% 50.69
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 79 2.22 4.47 0.00% 41.47
K867 子宮頸部(腟部)切除術 72 1.08 1.03 0.00% 42.57
【解説】
・子宮筋腫および良性卵巣腫瘍については、多くの症例で開腹を行わない腹腔鏡下手術を行っており、術後の早期回復と早期退院が可能となっております。
・次いで、子宮頚部異形成や上皮内癌の対しての子宮頚部切除術が挙げられます。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 11 0.73 1.27 0.00% 70.27
- - - - - - -
- - - - - - -
【解説】
・放射線療法は、手術療法、化学療法とならぶ悪性腫瘍に対する三大治療法の一つです。
・当院では癌病巣をピンポイントでねらい打ちする定位放射線治療、腫瘍に放射線を集中し、周囲の正常組織への照射を減らすことで副作用を増加させることなく、より強い放射線を腫瘍に照射することが可能となる強度変調放射線治療(IMRT)を行っております。
・手術としては抗癌剤を腫瘍の栄養動脈から投与する、植込型カテーテル設置術が挙げられます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 35 0.20%
180010 敗血症 同一 36 0.20%
異なる 50 0.28%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 117 0.66%
異なる 13 0.07%
※病名の定義
・播種性血管内凝固症候群:元来、正常な血管内では、血液が固まらない仕組みをもっています。何らかの原因によって、血液が固まる力が強くなり、様々な場所で血液が固まってしまい、この血栓により臓器不全などを引き起こすこともある重症な病気です。
・敗血症:細菌感染が血液や全身にまでおよぶ重症な症状を引き起こす病気です。
・真菌症:真菌(カビの一種)による感染症です。

【定義】
・集計期間内の症例数が10未満の場合は、「-」で表しております。
・DPCコードとは病名による主要分類を表しております。
・入院契機病名とは今回入院し治療する必要があると判断する根拠となった病名です。
同一ということは、入院する根拠となった病気を継続して入院中も治療が行われたことを表しております。
異なるとは、ある病気の治療目的で入院となったが、併存していた、または入院中に発生した違う病気による治療が主となってしまったことを表しております。
・発症率とは、全入院患者さんのうち、該当する病名で発症した患者さんの割合です。

【解説】
・傷病名と入院契機病名が異なる場合の入院契機病名の多くは、呼吸不全や心不全、肺炎などの感染症や癌などが挙げられます。その場合入院後、全身状態が悪化し「播種性血管内凝固症候群」や「敗血症」に至ってしまうことがあります。
・「手術・処置などの合併症」につきましては、手術後の創部や腹腔内の感染などが44件、シャント(透析患者さんの手首などの動脈と静脈を縫い合わせて血液量が豊富な太い血管をつくる手術)を行った患部の閉塞や狭窄、感染が27件、人工関節の脱臼や感染が16件、白内障手術後の眼内レンズ脱臼が16件等が挙げられますが、ほとんどが傷病名と入院契機病名が同一でした。つまり、「手術、処置などの合併症」を主訴として入院され、継続してその病気の治療を受ける患者さんが多いということです。
更新履歴
2016/09/28 平成27年度 近畿大学医学部附属病院 病院指標を更新いたしました