ご挨拶 

 皮膚科主任教授 川田 暁 2004.7.14.





近畿大学医学部皮膚科では200441日に手塚 正先生が定年で退任され、川田 暁が主任教授に就任しました。

スタッフも若返り、教室員全員が意欲に燃えて仕事をしています。
 近畿大学医学部皮膚科としては、


1. 患者様を第一に考えるあたたかい心のこもった医療

2. 日本でも有数の高いレベルの一般および専門の皮膚科診療

3. それらの診療をささえる基礎的・臨床的研究




を目標として掲げています。

特に私達が力をいれている分野を以下にお示しします

 
[一般診療]

 アトピー性皮膚炎・じんましんなどのアレルギー性疾患の原因の検索と  新しい治療

 乾癬に対する外用薬・内服薬・紫外線による治療

 皮膚癌を含む皮膚腫瘍の手術治療や化学療法

 薬疹の入院治療と薬剤アレルギーの原因の検索

 水疱性疾患の診断と入院による治療

 光線過敏症の診断と予防

 爪みずむしに対する新しい内服治療

 にきびに対する新規の抗生物質による内服治療や光治療

 

[専門診療]

 レーザーによるあざの治療 (レーザー外来)

 光老化皮膚やしみの高度な治療 (光老化 (しみ)外来)

 アトピー性皮膚炎や乾癬に対する紫外線治療 (PUVA外来)

 アトピー性皮膚炎に対する治療 (アトピー外来)

 女性のしみを含むスキンケア (女性専門 (美容・しみ)外来)

 化粧品などのかぶれの原因の検索 (パッチテスト外来) 

 

 それぞれ専門の皮膚科医師が診療にあたっています。詳しくは、専門外来のところをご覧ください。