皮膚腫瘍における病態解明を目的とした試料解析研究」

研究の意義・目的

 皮膚腫瘍(皮膚有棘細胞がん・基底細胞がん・悪性黒色腫など)は、近年の解析技術の発達によって、病態をより詳細に解明できるようになってきました。
 この研究では、皮膚腫瘍の発症や増殖のメカニズムを解明し、新たな治療戦略の開発と治療効果の評価法の確立に貢献することをめざしています。

研究の方法

 この研究は、近畿大学医学部附属病院にて、皮膚腫瘍(皮膚有棘細胞がん・基底細胞がん・悪性黒色腫など)が診断されている方の腫瘍組織検体および血液検体を用いて、皮膚腫瘍に関与する遺伝子異常の解析、タンパク質解析を行う研究です。皮膚腫瘍(皮膚有棘細胞がん・基底細胞がん・悪性黒色腫など)が診断されている方に検体提供のご協力をお願いしています。

研究期間
近畿大学遺伝子倫理委員会承認後~2025331

共同研究機関

 この研究は、近畿大学医学部皮膚科学教室、ゲノム生物学教室、病理学教室、内科学腫瘍内科部門、内科学内分泌・代謝・糖尿病内科部門、大分大学医学部皮膚科学教室との共同研究です。

個人情報の取り扱いについて

 お名前・生年月日・住所などの個人情報に関わるデータは一切使用いたしません。
 この研究は近畿大学の倫理委員会の審査・承認を得ております。
 倫理委員会委員の名簿・議事録の要旨および手順書についてはhttp://www.med.kindai.ac.jp/rinri/から確認できます。
 ※説明を希望される方は下記にご連絡ください。
  本研究に試料を提供したくない場合はお申し出下さい。
  お申し出頂いても今後の診療などに不利益が生じることはありません。

-------------------------------------------------------------------------------- 近畿大学医学部 皮膚科学教室
【研究責任者】 大磯 直毅
589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2
TEL
072-366-0221/FAX: 072-368-2120(内線:3222