当科でのトレーニングを受けていただくと,後期研修医はこれまで次のような能力が備わってきました.
過去
10年間,受験者全員が皮膚科専門医試験に合格しています.

 

急性期や一般的な皮膚疾患を的確に診療する能力が備わります.

さまざまな手技や治療を習得し,後進を指導できる水準に達します.

サブスペシャリティーを実践できる基礎能力を習得できます.

(おおくの重症・難治性・希少疾患の患者さんに受診していただけています.)

 

基本的な皮膚病変と皮膚病理の関係性を理解できるようになります.

(週11例以上医局会前日の講義と医局会でプレゼンテーションを繰り返します.病理診断を理解することで診断能力が向上できます.)

 

学会発表や論文(日本語・英語)を実践できます.

(皮膚科専門医取得に必要な発表数・論文数以上のトレーニングを受けることも可能です.)