尋常性白斑外来

担当 大磯 直毅

 

1) 尋常性白斑とは?

   境界がはっきりとした脱色素斑です。全身のどこかにひとつから数個できたり、全身に広がったりします。
   神経分布に沿った部位のみに白斑ができることもあります。
   いくつかのよく似た疾患もありますので、正確な診断は専門の先生に診てもらいましょう。

 


2) 尋常性白斑の原因は?

   原因ははっきりしていませんが、全身にひろがる場合は一種の自己免疫疾患と考えられています。
   他の自己免疫系疾患を併発している場合もありますので、初めての診察時には検査を受けられることをお勧めします。

 


3)
 尋常性白斑の治療法は?

   現時点では特効薬はありませんが、様々な治療法を組み合わせることで治療効果を高めることが可能になります。
   外用療法として、塩化カルプロニウム、副腎皮質ステロイドなどがあります。
   紫外線治療として
PUVA療法(ソラレンという薬剤を外用もしくは内服後にUVAを照射します)やNB-UVB療法
  (安全性の高い
UVB波長のみを照射します)があります。
   吸引水疱を用いて表皮を白斑部に植皮したりします(サクションブリスター法)。
   漢方薬も有用な場合があります。

 


4)
 日常生活どのようなことに注意したらよいでしょうか?

   適度な運動、十分な睡眠、適切な食生活をしていただくようにしています。

   また、精神的に緊張した状態にならないように注意していただいています。