近畿大学医学部|教育の特徴

教育の特徴

教育の特徴

教育の特徴

これまでの医学は、病気そのものを対象として、病気を撃退することに主眼をおいてきました。しかし現在では、病める人を全体としてとらえ、その人のもつ問題を医療スタッフ全員で解決していく…そうした患者さまを中心にした考え方になっています。

近畿大学医学部はこのような医学・医療の流れを先取りし、現代の医療現場で真に求められるヒューマンな心をもつ医師、人々に愛され信頼され、人々から尊敬される医師、つまり、「よき医師」「よき医学者」の養成を行ってきました。

開設以来、6年一貫教育の体系を掲げ、高度な医学知識と最先端の医療技能とともに、奉仕の精神や豊かな人間性をあわせもった医師を輩出してきました。それは、建学の精神『実学』の具現化でもあります。温かい「こころ」と、優れた「わざ」で次代に活躍する医師を育成します。

徹底した少人数制を核に新時代の医学教育を展開

現代社会の多様な期待に応えうる医師を育成するために、本医学部では徹底したスモール・グループ教育を導入し、教員と学生の密度の濃い授業を展開しています。広汎な医学知識や最新の医療技術の修得に加え、人格形成の面にも厳しく配慮し、

  1. 医師に必要な基礎的な知識・技能の修得
  2. 自ら問題を解決する積極的な学習態度の養成
  3. 広い学問的視野の育成
  4. 奉仕の心と協調精神の涵養
  5. 豊かな人間性と高邁な倫理観・責任感の養育

という5大教育目標を掲げ、医学教育を推進します。

新しい教育手法を本格的に導入し学部全体でよりよき医学教育をめざす

幅広い視野と自分で学ぶ力、医師としての心を身につけるために、「テュートリアルシステム」および「クリニカルクラークシップ」などの教育法を、6年間のタイムスケジュールを鑑みながら計画的に配置します。課題発見・問題解決型の優れた能力やコミュニケーション能力を学生一人ひとりが日々の学びの場を通じて、自然にかつ確実に修得できます。これらの独自で個性的なカリキュラム編成は、確立された医学体系を厳密に修得するとともに、高邁な倫理観・責任感をもつヒューマニティ溢れる「人間」を育てるための医学教育体系なのです。教職員一体となって、よりよい医学教育システムを磨き続けています。

総合大学のメリットを活用、附属病院などの優れた環境も整備

ユニークな特色として、薬学部との連携や、レーザーを医療に導入する研究を理工学部と協力して進めるなど、総合大学としてのメリットを最大限に活かした点があります。ライフサイエンス研究所や東洋医学研究所、腫瘍免疫等研究所など優れた関連研究所との高次の連携も図られています。附属病院としては、厚生労働省から「特定機能病院」として認定された「医学部附属病院」、最新鋭の医療設備と高度な医療情報システムを完備した「医学部奈良病院」、堺市内に位置する「医学部堺病院」の3病院を擁しています。最先端の医学・医療を学ぶための優れた環境が整っています。