第36回金剛祭 2009年11月7日()・8日()開催

         
    金剛祭



 














イーココロ!クリック募金         

金剛祭実行委員長挨拶

36回金剛祭実行委員長挨拶    
                  

医学部医学科3年 荒田 了輔


 秋もいっそう深まってまいりましたが、今年も待ちに待った金剛祭の季節が近づいてまいりました!!第36回金剛祭ウェブサイトをごらん頂き誠にありがとうございます。今年も皆様方のご協力の下、順調に準備を進められ心よりお礼申し上げます。

 第36回金剛祭のテーマは、『Join Us 〜僕たちにできること〜』です。これは、『参加』という方向性から決定いたしました。一人でも多くの人に参加してもらい、普段の学生生活では交わることのない交流を深めて、学生生活をより豊かなものにしていけたらという思いからです。我々は将来医師、看護師を目指します。学生時代に築いた関係は、将来かけがいの無いものとなるでしょう。

 

また、テーマより第36回金剛実行委員として地域活動にも、出来る限り『参加』していこうと活動してきました。今まで狭山池祭や、大阪狭山市のクリーンアクション、地域の公開授業などに『参加』し、例年以上に地域交流、貢献が出来てきていると思っております。

 

金剛祭は、このような地域交流・文化系クラブの発表の場所を目的に開催しています。第36回金剛祭では、例年に加え、社会貢献に力を入れて活動しております。その内容としましては、リングプル・ペットボトルのふたの回収、協賛を頂いて行うチャリティービンゴ、当日バザーの開催などがあります。リングプルの方は、大阪狭山市が大々的に行っておりますので、ここに寄付いたします。これには、当日贈呈式に大阪狭山市長が来て頂くことになりました。ペットボトルのふたは、ポリオワクチンに変換している団体に寄付いたします。チャリティービンゴでは、売り上げの一部を日本ユニセフ協会に寄付していきたいと考えております。このチャリティービンゴは、第36回の目玉企画として豪華景品を用意しておりますのでぜひ『参加』していただければと思っております。

 この日のために金剛祭実行委員全員が協力し、お互いを助け合いながら頑張ってまいりました。すでに我々の思い出1ページとなっている第36回金剛祭を、皆様方の思い出1ページに加えていただけるなら、実行委員一同これほど喜ばしいことはありません。

 

最後になりましたが、金剛祭の更なる発展のためにご尽力くださった地域住民の方々、ならびに大学・病院関係者の方々に代表して心からお礼を申し上げます。それでは、第36回金剛祭に『参加』して楽しんでください!!!