7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン 文部科学省採択事業 [がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン]

総合メニュー

TOPページへ

ごあいさつ

プラン概要

7大学連携先端的がん教育基盤創造プランとは

全体図

取組概要

組織図

大学院生募集中

教育内容

コース概要/教育カリキュラム

共通特論予定表(29年度)

過去の共通特論予定表

職種横断的ケーススタディ

SPを用いた職種横断的臨床課題演習

Faculty Development 活動

事業運営

合同実行委員会議事録

スケジュール

平成29年度スケジュール

お問い合せ

6大学連携オンコロジーチーム養成プラン

サイトマップ

プライバシーポリシー


HOME矢印教育内容矢印職種横断的ケーススタディ

職種横断的ケーススタディ

<演習参加者>
学生:医師1名、薬剤師1名、看護師1名
教員:14名 

演習風景演習風景演習風景


  1. 目標
    ①がん患者が抱える問題点を異なる職種の立場から検討することで、多職種間での情報共有の重要性と問題点の整理を解決する方法を習得する。
    ②オンコロジーチームで必要とされている職種横断的症例検討のあり方を習得する
  2. 到達目標
    ①多職種医療スタッフに理解できるような症例提示や問題提示・討論ができる
    ②職種横断的症例検討における腫瘍内科医、がん看護専門看護師、がん専門薬剤師の役割と責任を理解する
    ③機能的な職種横断的症例検討会を実現するための必要なスキルを抽出する
  3. 日時
    ①7月24日(火曜日) 午後5時30分から午後7時
    ②7月31日(火曜日) 午後5時30分から午後7時
  4. 場所
    近畿大学医学部内(病院棟3階会議室)
  5. 内容
    • 司会は教員が行う
    • 主治医が症例提示を行い、薬剤師、看護師がそれぞれの立場で意見を述べ、チームとしての関わり方を議論する
    • カンファレンスで各回症例を変えても同じ患者でもよい
  6. 事後学習としてレポートを作成して担当教官に提出する
    「多職種協働によるがん診療の理想像」 ―職種横断的ケーススタディ演習から学んだこと―


事務局からのご案内