教室概要

ご挨拶

高い技術と深い思いやりで患者さんに頼りにされる
近畿大学医学部産科婦人科学教室 松村 謙臣

近畿大学医学部は南大阪唯一の医学部です。
優秀な医師を育成するために、医学部附属病院は最先端で質の高い医療を行う必要があります。近畿大学医学部産婦人科は、医育機関としての誇りと使命感を胸に、常に高いレベルの診療を目指してきました。

産婦人科は周産期医療(産科)、婦人科腫瘍、生殖医療(不妊治療)、女性医学からなる幅広い領域で、女性の健康をトータルに支える診療科です。当科は、初代野田起一郎教授が婦人科腫瘍のリーダーとして近畿大学を日本でも有数のがん治療の中心施設として育て上げられ、さらに2代目の星合昊教授は産婦人科領域にいち早く腹腔鏡手術を取り入れられました。そして、3代目の万代昌紀教授は、それらを融合し、婦人科悪性腫瘍における腹腔鏡手術やロボット手術のパイオニアとして活躍されました。私自身は婦人科腫瘍学を専門としておりますが、周産期医療、生殖医療、女性医学の診療も幅広く行ってきました。

周産期の分野では、お産を取るという医療は他にない素晴らしい経験です。本来happyな出来事であるはずのお産は、ちょっとしたことで大変なことになる救急医療としての側面を持っています。この大変な状況を何とか救って母児の幸せをもたらすのが産婦人科医の生き甲斐です。

婦人科腫瘍の分野では、当科は、早期がんに対しては低侵襲手術としての腹腔鏡手術やロボット手術を行っております。一方、進行・再発がんでは、がんを手術で取りきることで長期生存や治癒につながることが多くあります。私は、他の施設では治療できないと言われたがんであっても、あきらめずに立ち向かっていくことをモットーとしています。

生殖医療の分野では、現在、子宮内膜症や子宮筋腫など、不妊症をもたらす病気が増えています。当科は、そのような病気に対する腹腔鏡手術を得意としています。さらに、体外受精・胚移植などの高度生殖医療も行っており、不妊症をトータルで診療できる体制が整っています。また、何らかのがんにかかった若年女性が抗がん剤投与や放射線治療を受ける前に、将来妊娠できるように卵子や卵巣を凍結保存する、いわゆるOncofertility診療も行っております。

女性医学の分野では、更年期障害や月経前症候群など、女性ホルモンの変動に伴いQOLを損なう様々な症状に対して、投薬を中心として診療を行います。近畿大学には、本邦随一の質の高い漢方治療を行う東洋医学研究所があります。通常のホルモン療法に漢方治療も併用することは、心身の不調を改善するために非常に有効です。

産婦人科の診療は、高度になればなるほど、他の診療科と共同で診療を行うことが必要となります。周産期医療では小児科や救急部、婦人科腫瘍では消化管外科や泌尿器科と共同で診療を行うケースが多くあります。近畿大学病院は、各科の専門家が揃っており、フットワーク軽く一緒に診療する体制が整っていることが最大の強みです。

今後、近畿大学産婦人科は、南大阪における近隣の医療機関とともに、優秀な産婦人科医を育成し、女性を一生涯サポートするための医療ネットワークを構築していきたいと考えております。



当教室の沿革

当教室は、 近畿大学医学部の創設と同時に開設され、 昭和49年4月1日に初代主任教授 野田起一郎先生が着任されたことにより始まります。
野田先生は、 婦人科腫瘍学の発展に貢献された結果、当教室は子宮頚癌の取扱い症例数が全国トップになり、また、それに基盤をおいた臨床研究の成果も活発に発信されました。
子宮頚癌の発生機序に基づく早期診断法についての研究成果は、 国際的にも極めて高い評価を受けています。
子宮頚癌の治療については、 根治療法の追及とともにQOLを考慮した手術方法も確立されました。
また、 子宮頚癌・子宮体癌の集団検診制度を確立し、 日本における子宮頚癌死亡率の減少に大きく貢献されました。野田先生は、 第31回癌治療学会総会をはじめ婦人科腫瘍学領域の関連学会を多数開催されました。

平成6年11月1日、 第二代主任教授に星合昊先生が就任されました。
星合先生は、 不妊症・子宮内膜症を専門とされ、本邦で初の体外受精−胚移植に成功されました。
不妊症に関しては、内分泌性不妊はもちろん、腹腔鏡・マイクロサージャリー・体外受精−胚移植をも包括した不妊症診療体系を確立されました。
子宮内膜症についても、 その自然史や癌化についての研究、あるいは治療についての研究成果は高い評価を受けています。
さらに腹腔鏡下手術については、 いち早く導入し日本をリードしてきました。現在、 当教室では、 年間約300件の腹腔鏡下手術の実績を誇っており、 婦人科良性疾患のほとんどが内視鏡下手術で行われています。 星合先生の指導のもと、 当教室から日本産科婦人科学会のシンポジウム担当者が3名輩出されました。
また、 星合先生は、 第63回日本産科婦人科学会総会、 第24回内視鏡外科学会総会などを開催されました。

平成25年1月1日、 第三代主任教授に万代昌紀先生が就任されました。
万代先生は、婦人科腫瘍学を専門とされ、婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術やロボット支援下手術のパイオニアとして活躍されました。
さらに、卵巣がんに対する分子標的療法や免疫療法の開発のための研究を推進されました。

平成29年4月1日、第四代主任教授に松村謙臣先生が就任されました。 教室内の風通しの良さと結束力が当教室の特徴です。今後の当教室の発展をご期待ください。

施設認定

近畿大学医学部産婦人科は、以下の施設認定を受けています
日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設
産婦人科専門医, 周産期専門医、婦人科腫瘍専門医の資格を取得