診療

婦人科悪性腫瘍婦人科良性腫瘍不妊内分泌周産期当科でおこなっている臨床試験診療実績

婦人科悪性腫瘍

患者さんの状態や進行期に応じて、最先端の手術療法を提供

婦人科がん(子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌・その他)においては、婦人科腫瘍専門医により、個々の患者さんに合わせて手術療法・癌化学療法・放射線療法などの集学的治療をおこなっています。
手術療法は、子宮頸癌では、標準的な手術のほかに、患者さんが希望されれば、初期では子宮頸部広汎性切除術による妊孕性温存治療が可能ですし、広汎子宮全摘でも神経温存術式による膀胱機能温存をおこなっています。
進行例には術前化学療法後の超広汎子宮全摘や骨盤除臓術まで含めた根治手術をおこないます。
卵巣癌に対しては、手術とさまざまな化学療法の最適な組み合わせを行っています。
また、当科では比較的初期の子宮頸癌・体癌の患者さんに対して、おなかの傷が小さく、術後の回復も早い、腹腔鏡下手術およびロボット下手術もおこなっています。
大学病院の使命として当科ではさまざまな新しい治療に取り組んでいます。詳しくは当科でおこなっている臨床試験の項をご参照ください。

ロボット下子宮悪性腫瘍手術を実施しています

近畿大学病院産婦人科では、ロボット支援下手術による子宮悪性腫瘍手術を実施しています。ロボット手術はおなかの傷が小さく美容的に優れているだけでなく、術後の痛みが少なく回復も早いことが知られています。現在、関西でロボットによる婦人科がんの手術を手掛けているのは当科だけであり、腹腔鏡による手術とも合わせて、患者さんに最適な低侵襲手術を目指しています。

子宮頸癌

子宮頸癌の治療においては手術療法の質が極めて重要です。
当科では、進行期に応じて、最先端の手術療法を提供します。

進行期

0期〜Ia1期

子宮を温存する円錐切除術、あるいは単純子宮全摘術が標準であり、当科でも患者さんと相談してそのいずれかを選択していただきます。単純子宮全摘術は当科では大部分の患者さんが腹腔鏡下での手術を選択されており、より短期間での入院で治療が可能です。

Ia2〜IIb期

基本は広汎子宮全摘術を行います。がん病巣をきちんと取り除くためには必要でもっともすぐれた術式です。広汎子宮全摘術を行う際には、極力、神経温存術式(*1)を行い、術後の膀胱機能麻痺を予防します。
また、妊孕性温存(子宮を残す)ご希望の強い早期がんの患者さんでは一定の基準に合致すれば、広汎性子宮頸部摘出術(*2)を行うことも可能です。一方、やや進行した患者さんの場合は、手術前に化学療法を行い、その後に超広汎子宮全摘術・骨盤除臓術(*3)を含めた完全摘出手術をおこないます。また、より低侵襲な手術として、上記のように2014年4月からロボット支援下手術(*4)による広汎子宮全摘術もおこなっています。

III期

原則は放射線療法をおこないます。可能であれば化学療法と放射線療法を組み合わせた同時放射線化学療法をおこない、根治を目指します。

IV期

化学療法を中心とした全身療法をおこないます。

手術療法

神経温存広汎子宮全摘術 (*1)

広汎子宮全摘術後の後遺症のなかで深刻なものとして術後の排尿障害があげられます。
通常の広汎子宮全摘をおこなうと、膀胱をつかさどる神経を切断してしまうため、術後、自分で排尿できなくなり、カテーテルでの自己導尿が必要になることがよくあります。
これを軽減する目的で最近、開発されたのが、術中に神経を見つけてこれを丁寧に残す、神経温存広汎子宮全摘という術式で、さまざまな方法がありますが、当科では、もっとも手技的には難易度が高いが温存効果の高い術式をおこなっています。
この方法は丁寧におこなうと、5-6時間の手術時間がかかりますが、術後排尿機能の成績は極めてすぐれています。

広汎性子宮頸部摘出術 (*2)

進行期Ia2~Ib期では円錐切除では再発の危険性が高く、これまで子宮を摘出することが必要でした。
最近、子宮頸部だけを広汎性に切除し、子宮を温存する広汎性子宮頸部摘出術が一部の施設でおこなわれるようになってきました。子宮温存によって再発、がん死になってしまわないよう、慎重に適応を決めることが重要で、患者さんとしっかり相談したうえでおこないます。

超広汎子宮全摘術・骨盤除臓術 (*3)

広汎子宮全摘よりもさらに広範囲にがんを切除する術式で、おこなっている施設はわずかです。必要に応じて、患者さんと相談しつつ、このような術式もおこなうことができます。

ロボット支援下手術 (*4)

アメリカを含め、ヨーロッパ、韓国、中国でも最近、手術ロボットによる手術がさかんにおこなわれるようになってきています。当院では2014年4月から導入しました。

子宮体がん

子宮体癌の治療の中心は手術療法です。中〜高リスクと考えられる患者さんでは、リンパ節廓清を含んだ手術が必要です。
当科では、積極的に腹腔鏡下での子宮体癌手術(*5)をおこないます。

腹腔鏡下リンパ廓清を含む子宮体癌根治術 (*5)

腹腔鏡下子宮体がん根治手術は近年、日本でも広まりつつある手術で、腹腔鏡手術とがんの手術の両方の技術が必要 とされる高度な手術です。
腹腔鏡による手術は、1)からだへの負担が小さい(傷も目立たない)、2)痛みも少ない、3)入院期間が短い、4)回復が早い、等の長所があり日本でも広まりつつある手術ですが、高度な技術であり、施行できる施設は限られています。

『腹腔鏡下子宮体がん根治手術』の保険適応について(*5)

腹腔鏡下子宮体がん根治手術はこれまで先進医療としておこなわれており、当科も認定施設として先進医療でおこなってきましたが、平成26年4月からこの手術が保険適応となりました。
当科でも通常の保険適応での入院・手術として、これまで通りの治療をおこないます。 詳しいことは外来医師にお尋ねください。

卵巣がん

卵巣がんは手術療法と化学療法をうまく組み合わせることが良い結果を得るためには重要です。特に手術療法は、近年、大きな進歩を遂げており、いかに完全に腫瘍を取り切れるかが、予後に大きく影響することがわかってきています。そこで、当科でも、標準術式である子宮全摘+卵巣切除+骨盤内・傍大動脈リンパ節郭清に加えて、骨盤腹膜ストリッピング(*6)横隔膜ストリッピング(*7)等の方法を取り入れ、必要であれば、外科・泌尿器科の先生との協力で腸・肝臓・脾臓・膵臓・腎臓といった臓器の切除も含めて、これまで治せなかった状態のがんであっても治癒できるように努力をしています。一方で、若い患者さんでは、妊孕能を残してほしいという希望も強く、その場合はよく相談したうえで、残せる状態であれば子宮と片方の卵巣を残す手術を選択しています。
化学療法は、手術療法と並んで卵巣癌治療の柱ですが、当科では、標準的な化学療法以外にもさまざまな治験に参加しており、新しい治療法の確立を目指しています。

骨盤腹膜ストリッピング (*6)

骨盤内(臍から下)の腹膜をすべてはぎとる手術で、通常の子宮全摘に比べて卵巣がんの病巣を完全に切除することができます。

横隔膜ストリッピング (*7)

肺と肝臓の間にある横隔膜は比較的、卵巣がんの転移を起こしやすい場所で、卵巣がんの病巣を完全に取りきるためには、これを切除することが必要な場合がありますが、特殊な技術が必要です。

遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)について

昨今、遺伝子に関する情報は診療の現場にも活用されるようになっており、診断、抗がん剤の感受性、有害事象(副作用)の予測、癌の易罹患性などを知ることができるようになりました。

卵巣癌のうち、10%は遺伝子の変異により遺伝的に癌が発生することが分かっています。BRCA1とBRCA2という誰にも備わった遺伝子があります。通常どんな遺伝子も母から由来した遺伝子と父から由来した遺伝子が対を形成しています。BRCAは、DNAの修復(傷ついたDNAを元通りにする)に関わる働きを持っており、細胞の生命活動には不可欠な遺伝子です。通常、両親から受け継いだ二つの遺伝子のうち一つに異常があっても癌になることはありませんが、もう一つの遺伝子にも異常を生じた場合には、その細胞ではDNAの修復がうまく働かず癌化する可能性が指摘されています。

遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)は、生まれつきBRCA1もしくは2のどちらかに病的変異(異常)を持っており、卵巣がんや乳がんになりやすい体質を持っている可能性があります。遺伝子の病的変異があれば100%癌になるわけではありません。卵巣がんの生涯リスクはBRCA1変異のある方で36〜46%、BRCA2変異のある方では10〜17%、乳がんの生涯リスクはBRCA1変異のある方で70〜80%、BRCA2変異のある方で60〜80%と報告されています。

ご家族に乳がんや卵巣がんに若くして罹った方がおられたり、両側性の乳がんになった方がおられたり、HBOCを疑ういくつかの特徴があることがあります。

当科で卵巣がんと診断された患者さんにお配りしているパンフレットで、HBOCのことを簡単に紹介しています。どうぞご参照ください。

パンフレット


HBOCは、血液検査によって、BRCA1/2遺伝子の変異の有無を調べて確定診断します。この遺伝子検査は当院乳腺外科と産婦人科で実施可能となりました。BRCA1もしくは2に病的変異が確認された場合にHBOCと診断されます。

HBOCと診断された方に対しては、アメリカの世界の主要ながんセンターの同盟団体であるNCCNが提案しているガイドラインに基づいた継続的な検診や予防手段が推奨されます。当院でも、乳腺外科および婦人科で定期的な早期発見に努めた検診を提供しています。

ただ、卵巣がんに関しては、定期的な超音波検査や血液検査による腫瘍マーカーの検査によっては、癌の早期発見が難しいことがわかっており、卵巣がんのリスク低減において、唯一推奨されている方法が、リスク低減両側卵巣卵管切除術(risk reducing saplingo-oophorectomy;RRSO)です。

RRSOはわが国でも実施する方向となっていますが、また実施できる医療施設は少ないのが現状です。当院では2016年春頃からRRSOを実施できる見込みです。
「BRCA1/2遺伝子変異保有者へのリスク低減両側卵巣卵管切除術(RRSO)の実施におけるfeasibilityに関する検討」という臨床試験として実施いたします。

HBOCについてご相談になりたい患者様は、遠慮なく担当医にお尋ね下さい。
検査を受けるのも怖いなとお感じになるかもしれません。検査を受けるかどうかも、カウンセリングを実施した上で、考えて頂いたら構いません。
まだ、近畿大学医学部附属病院産婦人科にかかっていらっしゃらない患者様は、まずは、かかりつけの医師にご相談頂き、当院患者支援センターを通して、遺伝子診療部のご予約をお取りください。

その他のがん

婦人科がんには、上記の3つのがん以外にも、少ないものの、外陰癌、膣癌、卵管癌、腹膜癌、肉腫等のさまざまな悪性腫瘍があります。これらは、頻度が低いために、経験が少ないことが多いですが、当科では豊富な経験をもとに適切な治療に当たります。

子宮頸癌に対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術を実施しています。

1.はじめに

当院では、患者さんへ最良の治療を提供するとともに、より良い治療を開発し、導入するための努力を行っています。今回ご提供する手術は、当院では主に良性疾患に対して積極的に行っている腹腔鏡手術を、子宮頸がんの患者さんに対しても施行するというものです。子宮頸がんに従来行っている広汎子宮全摘術を腹腔鏡で行う腹腔鏡下広汎子宮全摘術という手術です。今回の手術の施行は、日本でも未だ保険診療とはなっていません。平成26年12月より先進医療という形で行われており、当院でも「近畿大学医学部倫理委員会」で審査され承認を受けて、また厚生労働省の許可を得て、先進医療という形で施行させてもらっています。

2.子宮頸がんの治療について

これまでの検査などを総合して検討を行ったところ、あなたの病気は子宮頸がんで進行期はI-II期であると考えられます。これは手術によってがんを完全切除し根治できる可能性が高い状態です。子宮頸がんI-II期の治療法は、従来開腹手術での広汎子宮全摘術です。これらの術式を従来の開腹術で行うと、恥骨(ちこつ)の上から下腹部を通りへそに至る切開が必要となりますが、場合によってはさらにへその横あるいはへその少し上までの切開が必要となることもあります。この切開の大きさゆえ、術後の疼痛も少なからずあり、社会復帰にも少し時間がかかります。 今回新しく行う腹腔鏡下広汎子宮全摘術は、当院で良性疾患に対して積極的に行っている腹腔鏡手術を、子宮頸がんの患者さんに対しても施行するというものです。この治療は20年ほど前にフランスで始められ、欧米ではすでに長年にわたり数多く施行されており安全性も確立されていると考えられています。近年では、アジアでも韓国などを中心に大変盛んに行われております。ただ、日本での導入と普及は遅れており、ようやく平成26年12月より先進医療という形で子宮頸がんTA2期、TB1期、UA1期に対しのみ認められている治療です。

今回新しく行う腹腔鏡下広汎子宮全摘術は、当院で良性疾患に対して積極的に行っている腹腔鏡手術を、子宮頸がんの患者さんに対しても施行するというものです。この治療は20年ほど前にフランスで始められ、欧米ではすでに長年にわたり数多く施行されており安全性も確立されていると考えられています。近年では、アジアでも韓国などを中心に大変盛んに行われております。ただ、日本での導入と普及は遅れており、ようやく平成26年12月より先進医療という形で子宮頸がんTA2期、TB1期、UA1期に対しのみ認められている治療です。

3.腹腔鏡下広汎子宮全摘術について

腹腔鏡下広汎子宮全摘術の術式の特徴は、おへそや下腹部に5mmから1cm程度の小さな傷が計4〜5個ほどできる手術です。個々の傷が非常に小さいため、傷の痛みは少なく、早期の体力回復、早期の社会復帰が望めます。術後癒着や術後の腸閉塞(イレウス)も開腹術に比べて少なく、体の負担は軽微です。

そしてお腹の中では、開腹手術と同様に子宮を広範囲に切除し(子宮に基靭帯と腟壁を数cm切除する)、骨盤リンパ節を摘出する手術です。

開腹術に比べ、個々の傷が非常に小さいため、傷の痛みは少なく、がんの根治術でありながら早期の体力回復が望めます。抗がん剤などの追加治療がない場合には早期の社会復帰も可能です。出血量や術後癒着や術後の腸閉塞(イレウス)も開腹術に比べて少なく、がんの手術であるにもかかわらず体の負担は軽微です。ただし、開腹手術よりも小さな傷より手術を行いますので、手術時間が長くかかるのがデメリットです。また、先進医療のため、手術料は保険が効きません。当院では、手術費用を639,720円頂いております。

腹腔鏡手術

4.期待される治療効果および予測される副作用

腹腔鏡手術により、術後の創部の痛みが少ない、退院・社会復帰が早くなる、腸管運動の回復が早い、術後腸閉塞が少ない、免疫力の低下が少ない、手術創が小さく目立たないなどの利点が期待されます。デメリットとしては、手術時間が長くなる、他臓器損傷(膀胱、尿管、腸管など)、不測の出血、深部静脈血栓症および塞栓症、縫合不全、術後ヘルニアなどが起こることがあります。これらは、腹腔鏡手術に特徴的なものもありますが、ほとんどが開腹手術でも同様に起こりうることがあります。一般的にはこのような合併症は腹腔鏡手術の方が少ないと報告されています。この腹腔鏡手術をお受けにならない場合、従来の開腹手術による広汎子宮全摘術を受けていただくことができます。

5.臨床研究責任医師の氏名、職名、連絡先

近畿大学医学部産科婦人科学教室
大阪府大阪狭山市大野東377−2
電話番号 072-366-0221
教授 松村 謙臣、 医学部講師 小谷 泰史