診療

婦人科悪性腫瘍婦人科良性腫瘍不妊内分泌周産期女性のヘルスケア当科でおこなっている臨床試験診療実績

婦人科良性腫瘍

様々な状況に応じた最善の治療方針を

子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症などの婦人科疾患は多くの女性が遭遇する疾患と考えられています。これらの治療には、薬物治療、手術療法を中心に様々な治療法がありますが、経過観察可能な場合も多くあります。我々は患者様の病状、年齢、挙児希望の有無、社会的環境などをよく見極めた上で、個別に状況に応じた最善の治療方針を提案します。
手術療法を選択する場合には、まず患者様にとって低侵襲な内視鏡下手術(腹腔鏡下手術・子宮鏡下手術)を、可能な範囲で提供できるよう心掛けています。当科では子宮筋腫などの良性疾患に対する子宮全摘の約85%、子宮筋腫摘出(子宮を温存する手術)の約90%、明らかな卵巣癌を除いた卵巣嚢腫の約95%が腹腔鏡を用いて行われています。その他、不妊症の診断・治療目的の内視鏡下手術や、卵巣嚢腫茎捻転・子宮外妊娠などの救急疾患にも対応しております。

腹腔鏡下手術とは

炭酸ガスでお腹を膨らませて空間を作り、お臍からお腹の中を覗く直径5mm程度の内視鏡(カメラ)を挿入し、腹部に2〜3カ所(5mm〜2cm)の小さな穴を開けて行う手術です。
術後の痛みが少ない、傷が目立たない、入院期間が短いなど多くのメリットがあります。
近年腹腔鏡で手術ができる病気は大幅に増加しており、まさに「婦人科良性疾患はお腹を切らずに治す時代が来た。」と言っても過言ではありません。

子宮鏡下手術とは

子宮内に細い内視鏡(子宮鏡)を挿入し、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの病変を子宮鏡の先端にある電気メスで切除する手術です。膣から直接子宮内へ子宮鏡を挿入しますので、傷は残らず体への負担がより少ない手術です。

また、当科では内視鏡下手術をより多くの患者様に安全に適応拡大するための研究や、新しい手術手技や器機の開発も行っています。
さらに今後は子宮がんや卵巣がんなどの悪性疾患への応用も視野に入れています。また、欧米や韓国を中心に普及しつつあるロボット支援手術も導入に向けて準備を進めています。

日本産科婦人科内視鏡学会による内視鏡技術認定医制度が存在しますが、当科では在職中または当科出身者を含めて、現在までに17名の技術認定医を輩出しております。約6000件を超える内視鏡下手術の実績に基づき、技術認定医を中心としたチームが手術を担当させていただきます。
手術内容によっては手術の待機期間が長くなり、ご迷惑をおかけすることもございますが、近隣の関連施設とも連携し可能な限り早期に、かつ安全な手術を提供出来るように配慮させていただきます。

婦人科疾患を指摘されて治療を受けるかどうか迷っている、不妊治療を受けているがなかなか妊娠に至らない、他の施設で開腹手術が必要と言われたが可能ならば内視鏡下手術を受けたい、とお考えの際は是非一度お気軽にご相談ください。

子宮筋腫、子宮腺筋症に対するロボット支援下子宮全摘術について

1.はじめに

当院では、患者さんへ最良の治療を提供するとともに、より良い治療をいち早く導入するための努力を行っています。現在、近畿大学病院の泌尿器科、消化器外科、婦人科で協力しつつ、ロボット支援手術の導入普及に努めています。今回紹介させて頂くのは、子宮筋腫、子宮腺筋症に対しての子宮全摘術を最先端医療ロボットで行う方法です。海外では、既に盛んに行われておりますが、日本での導入と普及はこれまで遅れていたのが現状です。今回のロボット支援手術の施行は、平成30年4月から保険診療として実施することが可能になりました。

腹腔鏡下手術とは

2.ロボット支援下手術について

ロボット手術では、腹部に1cm程度の小さな傷が計5個ほどできるだけです。個々の傷が非常に小さいため、傷の痛みは少なく、早期の体力回復が望め、早期の社会復帰も可能です。術後癒着や術後の腸閉塞(イレウス)も開腹術に比べて少なく、体の負担は軽微です。
このように、患者さんの傷が小さくて済む手術には腹腔鏡下手術があります。当施設ではともに保険診療として行うことが出来る日本でも数少ない施設の一つです。
現時点ではロボット手術、腹腔鏡下手術はどちらも低侵襲であり、手術成績を比較すると変わりがないと言われています。しかし、下記の長所に記載があるようにロボット手術はより正確で緻密な手術を行うことが可能になると考えます。

3.医療用ロボット「ダヴィンチ」の仕組みについて

近畿大学で使用している医療用ロボットは、
ダヴィンチSiサージカルシステム(da Vinci Si Surgical System)といいます。この機械は3つの部分で出来ています。

1 :患者さんの体の中で鉗子を動かすロボット
2 :医師が操作する機械
3 :手術を映し出すモニター

4.ロボット支援下手術の長所と短所

【長 所】
従来の開腹手術と比べて、術後の創部の痛みが少ない、退院・社会復帰が早くなる、腸管運動の回復が早い、術後腸閉塞が少ない、免疫力の低下が少ない、手術創が小さく目立たないなどの利点が期待されます。
さらに、ロボット手術特有の利点として、
1 鉗子にいくつもの関節があり、人間の「手」の動きを正確に再現できる。
2 手ぶれ防止機能があり、手ぶれがない。
3 人間の手より関節の可働域が広く、人間の手ではできないような動きも可能。
4 約10倍の拡大視野が得られるため、人体の構造が非常に細かく見える。
5 3D画像なので、奥行きを正確に読み取ることができる。があげられます。

【短 所】
海外ではロボット手術は15年以上前から盛んに行われており、上に挙げたような多くの長所が知られていますが、日本ではようやく平成30年4月より保険収載され、多くの実績がないことが短所といえます。安全性の検証については日本でも多数例が行われて初めて明らかになると考えられます。
しかし、腹腔鏡下手術や開腹手術でも合併症は一定の割合で発症する可能性はあります。それらの合併症については、入院後改めて詳しく説明させて頂く予定です。

5.担当責任医師の氏名、職名、連絡先

近畿大学医学部産科婦人科学教室
大阪府大阪狭山市大野東377−2
電話番号 072-366-0221
教授 松村 謙臣、医学部講師 小谷 泰史