診療

婦人科悪性腫瘍婦人科良性腫瘍不妊内分泌周産期当科でおこなっている臨床試験診療実績

不妊内分泌

不妊治療においては、総合的診断のもと各個人に最適な治療法を選択

不妊検査

基本的な検査では主に、排卵があるか、卵管が通っているか、精子の状態はどうかなどを検査します。

1.基礎体温測定

毎朝、基礎体温の測定を行います。基礎体温を測定されている方は、初診時に基礎体温表をご用意下さい。

2.血中ホルモン検査

月経の周期に合わせて下垂体や卵巣ホルモンの分泌を調べます。また、月経の周期と関係なく抗ミューラー管ホルモンによる卵巣予備能検査、甲状腺ホルモン検査、耐糖能検査も行っています。

3.子宮卵管造影(HSG)

子宮・卵管の形態や卵管の疎通性を検査します。

4.超音波検査

子宮内膜の厚みや卵胞の大きさを測定して排卵時期を推定します。また、子宮筋腫や卵巣腫瘍なども調べます。

5.フーナーテスト(性交後検査)

性交後の子宮頚管粘液を採取し、顕微鏡で精子を検査します。

6.精液検査

精液量、精子の形態、濃度、運動率、白血球数などを調べます。

7.その他

HSGで卵管閉塞や卵管癒着が疑われる場合、長期の原因不明不妊の場合、子宮内膜症が疑われる場合、腹腔鏡による診断および治療を行います。また、子宮内の病変が疑われる場合、子宮鏡による検査および治療を行います。

治療

一般不妊治療から体外受精-胚移植や顕微授精などの生殖補助医療を積極的に行っています。不妊検査で問題がなかった場合、排卵のタイミングに合わせて夫婦生活をもっていただくタイミング法を行います。タイミング法でうまくいかない場合、排卵誘発剤を使用したり、人工授精を行います。それでもうまくいかない場合、生殖補助医療に進みます。

1.タイミング法

排卵日を正確に予測して、排卵日に性交を行います。超音波検査による卵胞測定やLH値の測定により、排卵日を正確に予測します。

2.人工授精(AIH)

AIHはタイミング療法で妊娠しなかった場合や軽度の男性不妊の場合に、次のステップとして考えられている方法です。排卵日に合わせてご主人の精子を子宮内に注入します。

3.体外受精-胚移植(IVF-ET)

IVF-ETはこれ以外の医療行為によっては妊娠成立の見込みがないと判断される方が対象となる治療法です。IVF-ETの適応となるのは、卵管性不妊、男性不妊、免疫性不妊、原因不明不妊、子宮内膜症などの方です。卵子と精子を体外で受精させて、受精卵(胚)を子宮に戻します。受精が成功した受精卵(胚)を4細胞〜胚盤胞で子宮内に戻します(胚移植:ET)。

4.顕微授精

重症の男性不妊などの難治性の受精障害を有するご夫婦では、通常の体外受精では受精できない場合があります。これ以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか極めて少ないと判断される場合には顕微授精法が適応となります。
顕微授精法にはさまざまな方法がありますが、当院では卵細胞質内精子注入法(ICSI)を行っております。ICSIは、マイクロピペット内に精子を1匹捕まえた後に、マイクロピペットの先端を卵細胞質内まで挿入し、吸引していた1匹の精子を卵細胞質内に注入する方法です。受精が成功した受精卵(胚)を4細胞〜胚盤胞で子宮内に戻します(胚移植:ET)。

5.その他

アシストハッチング

胚が着床するためには、ハッチング(透明帯から出ること)する必要があります。透明帯がかたい・厚い胚はハッチングしにくいことがあります。透明帯の一部に穴を開けたり、透明帯を薄くすることでハッチングをしやすくします。

胚の凍結

受精卵(胚)が多く得られた場合、移殖する胚以外は凍結保存します。後日、融解して胚移植することができます。

精子や卵子の凍結保存

抗がん剤治療や放射線治療前に、精子や卵子を採取し凍結保存することができます。

卵巣組織凍結・自家移植

1. はじめに

当病院では最善の治療を患者さんに提供すると同時に、さらに優れた薬や新しい治療法の開発を目指した研究を行っております。これから説明させていただく“卵巣機能不全を誘発する可能性がある治療予定の患者に対する卵巣組織凍結・自家移植”もその一つです。
今回の卵巣組織凍結・自家移植の施行については、近畿大学病院倫理委員会で審査され、承認を受けています。

2. 卵巣組織凍結・自家移植について

卵巣機能不全を誘発する可能性がある治療予定の患者に対して、原疾患の治療前に卵巣組織の凍結保存を行い、治療後に融解移植することにより、女性患者の妊孕能を温存することを目的としています。

【対象となる患者】

1) 手術療法や化学療法、 放射線治療などにより卵巣機能の廃絶が予測される患者が卵巣組織凍結の対象となります。

2) 自家移植においては、 以下に該当する場合、 移植することができません。
【01】移植時に生殖年齢を超えた患者。
【02】移植前に病状が悪化した、 または死亡した患者。
【03】 凍結予定の卵巣に明らかに悪性腫瘍が認められる、 または予想される患者。

3. 期待される結果および起こりうる危険性について

1) 期待される結果
卵巣組織凍結は、 他の治療法より多くの卵子を保存することができます。 また、 凍結した卵巣組織を融解・移植することにより、 妊孕能の温存や卵巣欠落症状の改善などの効果が期待できます。 片側卵巣を摘出しますが、 そのために不利益は生じません。

2) 起こりうる危険性
【01】移植を行った場合、 悪性腫瘍細胞の混入による再発が否定できません。
【02】凍結後に融解した卵巣組織が必ずしも正常な状態であるとは限りません。
【03】凍結後に融解した卵巣組織を移植しても必ずしも卵巣機能が回復するわけではありません。

4. 他の治療法との比較

卵巣組織凍結・自家移植以外に妊孕能を温存する方法として、卵子・胚の凍結保存があります。
以下にそれぞれの方法の利点および欠点を示します。

 

利 点

欠 点

卵子凍結 がん再発のリスクが小さい

一度に保存可能な卵子数が

  少ない
がん治療開始時期が遅れる
妊娠率が低い
卵巣機能は保存できない

胚凍結

がん再発のリスクが小さい
妊娠率が高い

一度に保存可能な卵子数が
  少ない
がん治療開始時期が遅れる
既婚者に限定される
卵巣機能は保存できない

卵巣組織
凍結

大量の卵胞を一度に保存できる
卵巣機能の保存が期待できる
がん治療がすぐに開始できる

がん再発のリスク
卵胞の生存率が低い
妊娠への寄与率が低い
卵巣機能の持続期間が短い

5. 卵巣組織凍結・自家移植の費用

この治療はまだ保険診療として認められていないため、
入院・手術費用は自費診療の患者負担です。

6. 担当医師ならびに連絡先

この臨床試験について何かお聞きになりたいことがありましたら、いつでも遠慮なく下記の医師または連絡先にお問い合わせ下さい。

担当医師
松村 謙臣 (教授)、辻 勲 (講師)

連絡先
近畿大学医学部産科婦人科学教室
大阪府大阪狭山市大野東377-2
電話番号 072-366-0221 (内線3215)