南大阪の最新医療を担う 近畿大学医学部附属病院

総合メニュー

病院のご案内

外来受診のご案内

診療科・部門ご案内

入院に関するご案内

より良い治療の為に

交通アクセス

医療機関のかたへ

近畿大学へのリンク
近畿大学近畿大学医学部ホーム近畿大学ホーム

近畿大学医学部附属病院 ホームページTOPへ

読みやすい大きさへ文字サイズの変更ができます。

文字サイズ拡大

サイト内検索はこちらから
診療科のご案内

診療科・部門ご案内

脳神経外科

近畿大学医学部 脳神経外科 ホームページはこちら 外部リンク


診察している特殊(専門)疾患

●脳血管障害 ●脳腫瘍 ●機能的脳神経外科 ●てんかん外科 ●脊椎・脊髄疾患 ●神経外傷

外来診療日一覧

○…初診・再診とも診療 □…初診のみ診察 △…再診(予約)のみ診察 ー…休診

担当医師案内

  午前 午後
※完全予約制
脳腫瘍
  • 泉本 修一

頭部外傷
  • 植嶋 利文
      (救命)
 
脳腫瘍、機能的脳外、てんかん
  • 加藤 天美

脳外科一般、脳血管障害
  • 真田 寧皓

脳腫瘍、下垂体腫瘍
  • 奥田 武司
脳血管障害
  • 久保田 尚
機能的脳外、痛み、てんかん
  • 中野 直樹

脳卒中、血管内外科
  • 辻 潔
脳卒中、血管内外科
  • 布川 知史
血管内外科、脳腫瘍(1診)
  • 中川 修宏

脳神経外科一般(2診)
  • 岩倉 倫裕
交替制
※完全予約制
脳卒中内科・てんかん
  • 大槻 俊輔
  • 露口 尚弘

※完全予約制
機能的脳外 ※第1、3週(再診)
  • 内山 卓也
※完全予約制
脳卒中内科
  • 松本 真林
脳神経外科一般
  • 交替制

診療スタッフ

責任者・診療部長:加藤 天美 教授

→専門医資格について

担当医師名 専門分野 専門医資格
加藤 天美 脳腫瘍・てんかん外科治療、脳機能温存低侵襲手術 脳神経外科専門医
泉本 修一 脳腫瘍 脳神経外科専門医
内山 卓也 髄腔内バクロフェン療法、不随意運動・パーキンソン病の脳深部電気刺激治療、痙縮の外科的治療、神経内視鏡手術 脳神経外科専門医
中野 直樹 パーキンソン病の脳深部電気刺激治療、てんかん外科治療 脳神経外科専門医
中西 欣弥 脊髄・脊椎疾患の外科治療 脳神経外科専門医
眞田 寧皓 脳血管障害・脳腫瘍 脳神経外科専門医
布川 知史 脳血管障害・神経外傷の外科治療、血管内外科治療 脳神経外科専門医・脳血管内治療専門医・救急科専門医
中川 修宏 脳腫瘍の外科治療、血管内外科治療 脳神経外科専門医・脳血管内治療専門医
奥田 武司 脳腫瘍の外科治療を中心とした集学的治療 脳神経外科専門医
辻 潔 脳血管障害、血管内外科治療 脳神経外科専門医・脳血管内治療専門医
久保田 尚 脳血管障害 脳神経外科専門医・脳血管内治療専門医
岩倉 倫裕 脳神経外科全般
大槻 俊輔 脳卒中内科 神経内科専門医・老年病専門医・循環器専門医

診療内容

  1. 脳卒中(脳動脈瘤・くも膜下出血)の集学的治療
  2. 悪性脳腫瘍(原発性・転移性)の集学的治療
  3. 脳血管障害(脳・硬膜動静脈奇形、もやもや病)・神経外傷の集学的治療
  4. 間脳下垂体腫瘍の集学的治療
  5. 良性腫瘍(髄膜腫・聴神経腫瘍)の外科的治療
  6. パーキンソン病・難治性てんかん機能的疾患への外科的治療
  7. 脊髄・脊椎疾患・及び痙縮に対する外科的治療
  8. 水頭症の診断と治療
  9. 低侵襲血管内外科治療

特色

  1. 脳卒中コール(脳神経外科直通電話回線)により、脳卒中救急患者を迅速に受け入れ、超急性期から高度な集学的治療(外科手術・血管内手術を含め個々の患者に最も適切と考えられる最先端治療)を行い、よりよい機能回復を目指している。
  2. 未破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形やモヤモヤ病などに対して、脳卒中の発生を予防する治療(外科治療・脳血管内治療)に積極的に取り組んでおり、脳卒中を未然に防ぐことを目指しています。
  3. 神経内視鏡支援下にて脳動脈瘤手術、頭蓋底手術(間脳下垂体など)、聴神経腫瘍手術を行い、より非侵襲的、より根治的治療を目指している。
  4. 治療が困難な悪性脳腫瘍(原発性・転移性)について放射線科・腫瘍内科・外科と共同で集学的治療(根治性の高い外科手術、定位的放射線外科治療を含む放射線治療、原子炉による治療、化学療法を組み合わせた最先端治療)を行い、より優れた治療成績を目指している。
  5. パーキンソン病や疼痛に対して脳深部電極による刺激治療や四肢痙縮に対して末梢神経手術・髄腔内バクロフェン投与療法(ITB療法)・ボトックス療法を行い、患者さんのより高い満足度を目指している。
  6. 脊髄・脊椎疾患に対して外科治療を行い、患者さんのより高い満足度を目指している。
  7. これまで病態が明らかでなかった水頭症に対して確実な診断・治療を行い、患者さんのより高い満足度を目指している。
  8. 難治てんかんに対し、焦点切除、脳梁離断、半球離断、側頭葉切除などによりてんかん発作を制圧し、患者さんの生活向上を目指している。