inboshul.jpg

あなたも一流国際誌に学位論文を発表しませんか!

医学部、歯学部、獣医学部、薬学部(6年制)の卒業(予定)者、修士課程修了(予定)者、
4年制大学卒業後2年以上研究に従事した方などに受験資格があります

近畿大学大学院医学研究科・基礎医学系 免疫応答制御学専攻(担当教員: 宮澤正顯)では、
大学院学生を募集しています。

 
大学院医学研究科の入学試験出願資格は、
 1) 大学の医学科、歯学科、獣医学科、薬学科(6年制)または防衛医科大学校の卒業者、及び卒業見込みの者、
 2) 外国における18年の教育課程で、最終過程が医学、歯学、獣医学、または薬学であるものを修了した者、または修了見込みの者、
 3) 大学を卒業し、大学院博士前期課程または修士課程、或いは大学、研究所等において2年以上研究に従事したか、出願年度末に2年に達する見込みの者で、本学大学院においてその研究成果等により1)の者と同等以上の学力があると認めた者、及び
 4) 本学大学院において1)の者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者、または大学院入学時に24歳に達する者
です。

 平成27年度の入学試験は、平成27年1月10日(土)と平成27年2月21日(土)の2回行われます
願書の出願期間は、前者について平成26年12月3日(水)〜12月17日(水)必着、後者については平成27年1月16日(金)〜2月6日(金)必着となっています。試験科目は外国語(英語(1)、英語(2))と、専攻分野の指導教授による試験(口頭試問、面接)です。
 入学試験の詳細については、医学研究科ホームページをご覧下さい。

医学研究科基礎医学系の学生には学費減免措置があります

 近畿大学大学院医学研究科では、医学研究振興のため、基礎医学系の大学院学生に対して、本人の申請と指導教授による推薦に基づき、選考の上学費の半額にあたる奨学金の給付が行われます(募集要項に明記)。この奨学金は給付ですので、返還の義務はなく、実質的に学費は半額(年間50万円)に減免されます。また、この半額分の学費は所属する専攻分野に研究費として配分され、大学院学生本人が研究上必要とする書籍や資料の購入、本人の論文掲載料や学会発表旅費などに使用出来ますので、実質的な減免額はさらに大きくなります。
 奨学金給付の選考条件は、共通必修講義など、順調に単位を取り、研究を進めていることであって、これまで指導教授の推薦を受けて申請をした大学院学生が給付を受けられなかった例はありません。

社会人入学の制度があり、民間医療機関・研究機関等の所属者や会社員、本学の研修医も出願出来ます

 近畿大学大学院医学研究科には、社会人入学の制度があります。社会人入学の出願要件は、上記の出願資格1)〜4)の何れかを満たし、さらに
 (ア) 出願資格の1)または2)に該当する者については、官公署、民間医療機関、会社等に大学院入学の時点で2年間以上在籍し、入学後も社会人たる身分を有し、かつ所属長の出願許可を得た者、
 (イ) 出願資格の3)に該当する者については、官公署、民間医療機関、会社等に大学院入学の時点で3年間以上在籍し、入学後も社会人たる身分を有し、かつ所属長の出願許可を得た者、
 (ウ) 出願資格の4)に該当する者については、24歳以降であって、官公署、民間医療機関、会社等に大学院入学の時点で3年間以上在籍し、入学後も社会人たる身分を有し、かつ所属長の出願許可を得た者、
 (エ) 本学医学部で初期臨床研修を行う者にあっては、研修1年目を修了見込みで、大学院入学後もその身分を有し、かつ所属長の出願許可を得た者
です。
 従って、本学医学部の初期研修医は、研修2年目から大学院学生として博士課程を履修出来、早期に博士号を取得することが可能です。

 出願資格の3)と4)に当たると思われる者、及び社会人入学の出願者については、医学研究科で予め資格の確認を行います。1月入試に関する資格確認は締め切り済みですが、2月入試については、平成26年12月26日(金)までに出願資格の審査に関わる書類を学務課に提出して下さい。

近畿大学大学院には早期修了制度があります

 近畿大学大学院では、その学則において、優れた研究業績を挙げた者について、課程修了に必要な在学期間の短縮を認める、早期修了の制度が定められています。
 医学研究科の場合、優れた研究業績を挙げた大学院学生は、博士課程に3年間以上在学し、所定の単位を修得すれば、博士論文の審査を受けられます。この場合の、「優れた研究業績」の要件としては、
 1) 主論文がインパクトファクター5以上の主要国際誌に掲載されているか、掲載決定済みであること、
 2) 主論文と副論文が主要国際誌に掲載され、その合計インパクトファクターが10以上であって、かつ主論文がインパクトファクター3以上を目安とする国際誌に掲載されていること、或いは
 3) 学位論文が学会賞を受賞するなど、その内容が著しく優れていると認められた場合
となっています。

免疫応答制御学(免疫学教室)で研究した大学院生は、一流国際誌に優れた業績を発表してきました

 これまでに、医学研究科免疫応答制御学(医学部免疫学教室)で研究を行った大学院学生(在籍時)が発表した論文には、次のようなものがあります(下線が大学院生、は筆頭著者の学位論文):

Kato, M., S. Tsuji-Kawahara, Y. Kawasaki, S. Kinoshita, T. Chikaishi, S. Takamura, M. Fujisawa, A. Kawada, and M. Miyazawa.  Class switch recombination and somatic hypermutation of virus-neutralizing antibodies are not essential for the control of Friend retrovirus infection.  J. Virol.89: 1468-1473, 2015.

  Takamura, S., E. Kajiwara, S. Tsuji-Kawahara, T. Masumoto, M. Fujisawa, M. Kato, T. Chikaishi, Y. Kawasaki, S. Kinoshita, M. Itoi, N. Sakaguchi, and M. Miyazawa.  Infection of adult thymus with murine retrovirus induces virus-specific central tolerance that prevents functional memory CD8+ T cell differentiation.  PLoS Pathogens 10: e1003937, 2014.  

  Tsuji-Kawahara, S., H. Kawabata, H. Matsukuma, S. Kinoshita, T. Chikaishi, M. Sakamoto, Y. Kawasaki, and M. Miyazawa.  Differential requirements of cellular and humoral immune responses for Fv2-associated resistance to erythroleukemia and for the regulation of retrovirus-induced myeloid leukemia development.  J. Virol. 87:13760-13774, 2013.

  Ogawa, T., S. Tsuji-Kawahara, T. Yuasa, S. Kinoshita, T. Chikaishi, S. Takamura, H. Matsumura, T. Seya, T. Saga, and M. Miyazawa.  Natural killer cells recognize Friend retrovirus-infected erythroid progenitor cells through NKG2D-RAE-1 interactions in vivo.  J. Virol. 85: 5423-5435, 2011.

  Tsuji-Kawahara, S., T. Chikaishi, E. Takeda, M. Kato, S. Kinoshita, E. Kajiwara, S. Takamura, and M. Miyazawa.  Persistence of viremia and production of neutralizing antibodies differentially regulated by polymorphic APOBEC3 and BAFF-R loci in Friend virus-infected mice.  J. Virol. 84: 6082-6095, 2010.

  Takamura, S., S. Tsuji-Kawahara, H. Yagita, H. Akiba, M. Sakamoto, T. Chikaishi, M. Kato, and M. Miyazawa.  Premature terminal exhaustion of Friend virus-specific effector CD8+ T cells by rapid induction of multiple inhibitory receptors. J. Immunol. 184: 4696-4707, 2010.

  Matsumoto, T., T. Ajiki, E. Kajiwara, Y. Mita, T. Fujita, H. Morimoto, M. Miyazawa, and Y. Ku.  Decreased expression of intestinal chemokine TECK/CCL25 in experimental obstructive jaundice and its reversal following internal biliary drainage.  J. Gastroenterol. 43: 390-396, 2008.

  Kida, Y., S. Tsuji-Kawahara, V. Ostapenko, S. Kinoshita, E. Kajiwara, H. Kawabata, T. Yuasa, I. Nishide, S. Yukawa, M. Ichinose, and M. Miyazawa.  Increased liver temperature efficiently augments human cellular immune response: T cell activation and possible monocyte translocation.  Cancer Immunol. Immunother. 55:1459-1469, 2006.

  Kawabata, H., A. Niwa, S. Tsuji-Kawahara, H. Uenishi, N. Iwanami, H. Matsukuma, H. Abe, N. Tabata, H. Matsumura, and M. Miyazawa.  Peptide-induced immune protection of CD8+ T cell-deficient mice against Friend retrovirus-induced disease.   Int. Immunol. 18:183-198, 2006.

  Kanari, Y., M. Clerici, H. Abe, H. Kawabata, D. Trabattoni, S. Lo Caputo, F. Mazzotta, H. Fujisawa, A. Niwa, C. Ishihara, Y. A. Takei, and M. Miyazawa.   Genotypes at chromosome 22q12-13 are associated with HIV-1-exposed but uninfected status in Italians.  AIDS 19:1015-1024, 2005.

  Miyazawa, M., E. Kajiwara, N. Tabata, T. Ogawa, T. Yuasa, and H. Matsumura.   Pathogenicity of autoantibodies reactive with the endogenous retroviral envelope glycoprotein gp70.   Autoantigens Autoantibodies Autoimmun. 4:85-96, 2004.

Sugahara, D., S. Tsuji-Kawahara, and M. Miyazawa.  Identification of a protective CD4+ T-cell epitope in p15gag of Friend murine leukemia virus and role of the MA protein targeting to the plasma membrane in immunogenicity.  J. Virol. 78:6322-6334, 2004.

  Tahara H., N. Iwanami, N. Tabata, H. Matsumura, T. Matsuura, T. Kurita, and M. Miyazawa.  Both T and non-T cells with proliferating potentials are effective in inducing suppression of allograft responses by alloantigen-specific intravenous presensitization combined with suboptimal doses of 15-deoxyspergualin.  Transplant. Immunol. 13:25-32, 2004.

  Iwanami, N., A. Niwa, Y. Yasutomi, N. Tabata, and M. Miyazawa.  Role of natural killer cells in resistance against Friend retrovirus-induced leukemia.  J. Virol. 75:3152-3163, 2001.

  Fukuoka, K., T. Ajiki, M. Miyazawa , Y. Takeyama, H. Onoyama, and Y. Kuroda.  Changes in the number of mucosal T-lymphocytes and macrophages in patients subject to external biliary dranage.  Eur. J. Surgery 167:684-688, 2001.

  Kanamasa, K., N. Otani, N. Ishida, Y. Inoue, A. Ikeda, H. Morii, N. Naito, T. Hayashi, K. Ihsikawa, and M. Miyazawa .  Suppression of cell proliferation by tissue plasminogen activator during the early phase after balloon injury minimizes initial hyperplasia in hypercholesterolemic rabbits. J. Caridiovascular Pharmacol. 37:155-162, 2001.

  Tabata, N., M. Miyazawa, R. Fujisawa, Y. A. Takei, H. Abe, and K. Hashimoto.  Establishment of monoclonal anti-retroviral gp70 autoantibodies from MRL/lpr lupus mice and induction of glomerular gp70 deposition and pathology by transfer into non-autoimmune mice.  J. Virol. 74 :4116-4126, 2000.

  Hashimoto, K., N. Tabata, R. Fujisawa, H. Matsumura, and M. Miyazawa .  Induction of microthrombotic thrombocytepenia in normal mice by transferring a platelet-reactive, monoclonal anti-gp70 autoantibody established from MRL/lpr mice: an autoimmune model of thrombotic thrombocytopenic purpura.  Clin. Exp. Immunol. 119:47-56, 2000.

  Miyazawa M., N. Tabata, R. Fujisawa, K. Hashimoto, H. Shiwaku, and Y. A. Takei.  Roles of endogenous retroviruses and platelets in the development of vascular injury in spontaneous mouse models of autoimmune diseases.  Int. J. Cardiol. 75:S65-S73, 2000.

  Izuma, M., K. Kobayashi, M. Shiina, Y. Ueno, M. Ishii, T. Shimosegawa, T. Toyota, K. Kakimi, and M. Miyazawa.  In vitro cytokine production of peripheral blood mononuclear cells in response to HCV core antigen stimulation during interferon-&beta treatment and its relevance to sCD8 and sCD30.  Hepatol. Res. 18:218-229, 2000.

  Okuda, H., M. Adachi, M. Miyazawa , Y. Hinoda, and K. Imai.  Protein kinase C&alpha promotes apototic cell death in gestric cancer cells depending on loss of anchorage.  Oncogene 18:5604-5609, 1999.

ページのトップに戻る
免疫学教室ホームページに戻る