施設認定など

・日本内科学会認定医制度の研修医指導施設
・日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
・日本心血管インタ-ベンション治療学会研修施設
・日本心血管カテーテル治療学会(JACCT)
 教育認定施設
・超音波専門医研修施設
・日本心臓血管内視鏡学会認定施設
・植込み型除細動器認定施設
・ペーシングによる心不全治療認定施設

 


関連機関紹介

患者さんの命を救うこと、救えること、この深い喜びが私たちの原動力です。
プロフェッショナルの集団として最高の医療を目指します。

近畿大学医学部循環器内科の理念 /主任教授 宮崎俊一

近畿大学医学部循環器内科では臨床、研究、教育の3本柱が等しく重要であるとの理念に基づいて活動しています。その根底には研究心がなければ良い臨床結果は得られず、良い臨床家でなければ正しい臨床教育はできないと考えているからです。この3本柱の全てをバランス良く身につけていくことは若い医師にとっては高いハードルかも知れません。しかし、私たちの教室では1年の研修が終了した時点で個々の医師の特性や希望に応じた目標を設定し、専門性や方向性を適切にアドバイスするよう心がけています。従って、乗り越えることができない試練というよりは、むしろ個々の医師に適した修練ができると考えています。
 ”理想的な循環器内科医”の定義は難しい問題ですが、短い言葉で表現するならば”一般内科医の素養を身につけ、そして、ひとつの循環器分野に精通している医師”となると思います。このような理想の循環器内科医を育成するために早期の段階からカテーテルインターベンションをはじめとする専門性が高い領域に積極的に参加する研修プログラムを推進しています。研修当初は高度医療についての理解は難しいでしょうが、体験を通じて理解がすすむと考えているからです。その他CCUにおける循環器急性期治療や不整脈治療についても同様です。
 私たちは診療に際して最善の判断を行うことを旨とし、プロフェッショナルとして判断した根拠について充分な説明を行います。また、これらの実務を通じて循環器内科専門医師の育成とより高度な医療の開発と研究を目指します。このような理念のもと、内科医を目指す若い医師にとって私たちの教室は基礎を作るために適切な修練の場となると信じています。私たちと一緒に臨床、研究、教育の3本柱を修得し、患者さんの命を救うことに心からの喜びを感じる理想的な医師を目指しましょう。

 

WHAT’S NEW

             
2014.07.28 治療・検査実績を更新しました。
2013.05.17 スタッフ紹介を更新しました。
2011.02.24 心臓血管センター設立をUPいたしました。
2011.02.24 学会主催のお知らせ : 当教室は下記学術集会を主催します。
第25回 日本心臓血管内視鏡学会
2011年10月8日(土),京都大学医学部芝蘭会館
第25回 日本冠疾患学会学術集会
2011年12月16日(金)-17日(土),大阪国際会議場
第113回 日本循環器学会近畿地方会
2012年6月16日 (土) ,大阪国際会議場
第22回 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2013)
2013年7月11日 (木) ~13日 (土) ,神戸国際会議場
2011.02.24 治療・検査実績、論文実績をUPしました。
2011.02.24 スタッフ紹介をUPしました。
2011.02.24 寺子屋心電図のお知らせ
2011.02.24 イベントの写真をUPしました。
2010.03.20 サイトを全面的にリニューアル致しました。