近畿大学医学部循環器内科学

Division of Cardiology, Faculty of Medicine, Kindai University

施設認定など

・日本内科学会認定医制度の研修医の指導
・日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
・日本心血管カテーテル治療学会(JACCT)
 教育認定施設
・超音波専門医研修施設
・植込み型除細動器認定施設
・ペーシングによる心不全治療認定施設

 


関連機関紹介
スタッフ紹介(2)
◇学歴・職歴・資格・専門分野◇

<学歴・職歴>

平成5年 京都大学医学部医学研究科卒 
平成5~6年 京大病院 内科研修医 
平成6~9年 日赤和歌山医療センター 
研修医および循環器内科医師
平成9~13年 京大大学院医学研究科(循環器内科) 
課程博士取得
平成13~15年 京大病院 救急部医員 
平成15~21年 ハワード・ヒューズ医学研究所/
アイオワ大学 博士研究員 
平成21年4月~ 近畿大学医学部循環器内科

 

<資格> 日本循環器学会循環器専門医、日本内科学会総合内科専門医

 

<専門分野> 虚血性心疾患 心不全 画像診断

 

 

 

 

◇学歴・職歴・資格・専門分野◇

<学歴・職歴>

平成 6年3月 関西医科大学卒業
平成 6年4月 京都大学医学部附属病院老年科
平成 7年4月 倉敷中央病院循環器内科
平成11年4月 京都大学医学部附属病院老年科
平成17年4月 京都大学大学院医学研究科循環器内科学
平成20年7月 現職
国立循環器病センター研究所 客員研究員兼任
平成22年4月 循環器内科病棟医長(平成25年3月まで)


<資格>
日本内科学会認定医・指導医、日本循環器学会専門医・社員・近畿支部評議員、医学博士(京都大学)、鍼師・灸師免許、日本周術期経食道エコー認定医、SHD心エコー図認証医

<専門分野>心臓超音波検査(経食道エコー)、東洋医学

 

 

 

◇学歴・職歴・資格・専門分野◇

<学歴・職歴>

平成13年 3月 近畿大学医学部 卒業
平成13年 4月 近畿大学医学部第一内科 入局
平成15年 4月 近畿大学大学院医学研究科内科学系専攻 入学
平成19年 3月 同卒業
平成19年 4月 医真会八尾総合病院心臓センター内科
平成20年4月 近畿大学医学部循環器内科 助教
平成21年 1月 米国フロリダ大学シャンズジャクソンビル 研究員
平成23年 3月 近畿大学医学部循環器内科 助教




 

 

 

◇学歴・職歴・資格・専門分野◇

<学歴・職歴>

平成14年 3月 近畿大学医学部卒業
平成16年 4月 近畿大学大学院入学
平成20年 3月 近畿大学大学院修了
平成20年 4月 近畿大学病院 循環器内科助教




以下の臨床研究を行っています
①対象:発作性心房細動に対しカテーテル治療を行う症例 
②研究機関名:近畿大学医学部附属病院 
③目的: Cryoballoonを用いた肺静脈隔離術における治療成績に関連する肺静脈・左房の解剖学的要因を検討することが目的である。Cryoballoonによる発作性心房細動の治療成績と肺静脈の解剖学的特徴 の関連を調査する。 
④方法:肺静脈隔離術の急性期成功率、慢性期再発率、合併症発生などを評価項目に挙げ、これらと術前検査の心臓CTを用いた肺静脈形態評価との関連をみる。
⑤意義:Cryoballoonによる治療が不向きな症例が選別可能になる。
⑥個人情報の扱い:連結可能匿名化により個人情報の保護を行う。 
⑦問い合わせ先:近畿大学医学部附属病院 循環器内科 安岡良文[電話:072-366-0221 内線3526(循 環器内科医局)]

 

 

 

◇学歴・職歴・資格・専門分野◇

準備中




 

 

 

◇学歴・職歴・資格・専門分野◇

準備中




 

 

 

◇学歴・職歴・資格・専門分野◇

準備中




 

 

 

◇学歴・職歴・資格・専門分野◇

準備中




 

 

 

◇学歴・職歴・資格・専門分野◇

準備中




 

 

 

平成29年度には循環器内科に6名の先生方が
入局されました。
永野 兼也先生、 大西 教平先生、 奥根 真楠先生、
杉本 啓史郎先生、 副島 奈央子先生、 船内 陽平先生です。
たくさんの若い力が集結し、医局の原動力となっています。
彼らの 未来に栄光あれ!