近畿大学医学部図書館のホームページ

本文へジャンプ
華岡流医療機器資料室
「華岡青洲流の医療器具」の展示

当館2階閲覧室には、世界で最初に全身麻酔を行い、乳癌手術に成功した江戸時代の医師華岡青洲ゆかりの医療器具が、展示されております。同医療器具は、華岡門人である中村順助が使用したものであり、同医療器具展示のいきさつについては、近畿大学名誉教授である安富正幸教授の下記解説の中に言及されているとおりです。
「華岡青洲流の医療器具」 より 
解説:近畿大学名誉教授・安富正幸

「近畿大学前総長・世耕政隆は華岡青洲と同じ和歌山の出身で、医学者でもありました。かねてから故郷の偉人、華岡青洲の業績や人柄に深い畏敬の念を抱いており、念願であった医学部創設に当たり、華岡青洲流の手術器具を医学生に示すことによって医学教育に役立てようと考えました。」
閲覧について

通常は、非公開となっております。医学部のオープンキャンパス開催時等で見学者に公開しております。