災害医療のメディカルディレクター養成

課題解決型高度医療人材養成プログラム

Human Resource Development for Disaster Medicine
Problem-Solving Oriented Training Program for Advanced Medical Personnel

災害医療において多角的な視点から対応できるメディカルディレクターを育てる。

我が国では災害医療に多角的な視点から対応できるメディカルディレクターの人材養成が特に不十分である。その結果、大災害時には被災地で地域全体の医療の流れを指揮する機能の担い手がおらず混乱が生ずる。嵐の後はその種類の災害に備えが集中するが、異なるタイプの災害には備えができていないという歴史を繰り返している。この事業では平時から救急医療に関する疫学的分析等を通じて、地域の特徴や問題点を明らかにして、種類の異なる災害に対して医療ニーズを把握して医療資源の配分や環境整備がマネージできる人材を継続的に養成するものである。同時に、それを支援する人材も合わせて養成する。災害医療の多様性を考慮して、このような人材開発を、異なる使命をもった大学や、国情の異なる複数の国の間で、共同で推進するものであり、プレホスピタルの臨床研究で連携が進んでいる各大学やアジア諸国とのリンクを生かして進めるものである。

災害医療において多角的な視点から対応できるメディカルディレクターを育てる。
災害医療において多角的な視点から対応できるメディカルディレクターを育てる。
事業概要を見る

課題解決型高度医療人材養成プログラムとは

高度な教育力・技術力を有する大学が核となって、我が国が抱える医療現場の諸課題等に対して、科学的根拠に基づいた医療が提供でき、健康長寿社会の実現に寄与できる優れた医師・歯科医師・看護師・薬剤師等を養成するための教育プログラムを実践・展開する大学の優れた取組を支援する文部科学省の採択事業です。この度、国公私立5大学連携組織で行う「災害医療のメディカルディレクター養成」が本事業に採択されました。

課題解決型高度医療人材養成プログラムとは
課題解決型高度医療人材養成プログラムとは

活動報告

「災害医療のメディカルディレクター養成」では、各養成コースにおけるカリキュラム運営の方向性の検討、また各 種セミナー、シンポジウムを企画・運営するなど幅広い内容について討議し、プログラム内容の向上を図っております。

活動報告
活動報告日本語英語

新着情報

活動報告

受講生募集 救急に強い薬剤師養成コース 過去のコース開催状況
第16回(2016/8/28まで)
コース数 16 受講者数 227

一覧を見る

Moses Corner

災害医療人材養成ポータルへ登録しませんか?   学びを「蓄積」しよう!

2015年11月25日、本格始動。

我々は、文部科学省の推進する課題解決型高度人材養成プログラムの一環として、災害医療に役立つ人材養成を進めています。 そのツールとして、人材養成ポータルサイトを本日より、立ち上げます。
講演会や人材養成コースに参画しても、学んだ成果は、我々の中で時間の経過とともに、失われていきます。このポータルは、登録した各人が、自分のページを持って、学んだ“あかし”をポータルサイトに記録して、学びを蓄積していくことを目的にしています。

このポータルシステムでは、単に、各人の学びの記録を蓄積するだけでなく、より継続的で効率的な学びを実現するため、さまざまな工夫をしてきたいと考えています。
まず、このポータルに登録した講演会やコースの、その復習ができるツールを構築することを進めていきます。また、登録したみなさんの、背景、お考えやアイデアを、事業の推進や災害医療教育の研究に役立てたいと考えています。
是非、このポータルに登録していただければ幸いです。

新規受講登録申請はこちら

ログイン

USER ID  PASSWORD 
Select Language:Japanese  English

 

COOPERATION ORGANIZATION  5大学連携組織で行う「災害医療のメディカルディレクター養成」

近畿大学 京都大学 大阪市立大学 関西医科大学 旭川医科大学

事業の構想および趣旨をみる
申請書(PDFファイル)のダウンロード

災害医療のメディカルディレクター養成
課題解決型高度医療人材養成プログラム

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ
(C) Kindai University Faculty of Medicine All rights reserved.

PAGETOP
ファーストエイドコース ICLSコース