Division of Hematology, Department of Internal Medicine,

Kinki University School of Medicine  
 

近畿大学医学部 血液・膠原病内科【血液研究部門】  



 近年の血液学の分野での研究は細胞生化学および分子生物学の進歩により、革命的に飛躍しました。当教室は造血器腫瘍をはじめとして、教科書に載っているありとあらゆる血液疾患の宝庫であります。これらの手法を導入して、血液疾患の病態の解明および効率的な治療法の確立を目的としております。急性白血病、成人T細胞白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、発作性夜間血色素尿症、再生不良性貧血などの疾患に対して、日頃の疑問が研究プロジェクトに発展することが多く、臨床に密着した研究課題が多くを占めます。昼夜を問わず精力を注ぎ込んだ研究成果は英文論文に発表されることにより、世界的レベルで評価されてきております。以下に研究プロジェクトを記載します。当教室の研究では、患者様の検体を用いる場合は、個人情報の保護に努め、インフォームドコンセントを尊重して行うことを第一に考えております。 


   発作性夜間血色素尿症 骨髄異形成症候群

     発作性夜間血色素尿症とケモカインシステム異常について

     骨髄異形成症候群におけるラパマイシンによる治療の可能性

     骨髄異形成症候群の造血幹細胞におけるSDF-1/CXCR4異常について

     骨髄異形成症候群におけるfractalkine/CX3CR1の関与について


   白血病
 

     成人T細胞白血病細胞のall-trans retinoic acidによるアポトーシス誘導の機序

     HTLV-IEBVの重複感染の細胞生物学的および臨床的意義

     Ph染色体陽性ALLに対するラパマイシンの効果

 

   悪性リンパ腫、多発性骨髄腫

     ホジキンリンパ腫におけるケモカイン/ケモカインレセプターの発現解析

     血管芽球性リンパ球症におけるケモカイン/ケモカインレセプターの発現解析

     多発性骨髄腫に対する新規ビスフォスフォネートの抗腫瘍および転移抑制活性の検討

 

   造血幹細胞移植

 ADAMTS13測定系を用いた移植後血管内皮障害の早期診断の有用性の検討

 骨髄破壊的造血幹細胞移植適応外患者に対する安全かつ適正なミニ移植の検討

 自己白血病細胞に対する細胞傷害活性の効率的な誘導方法の検討




| TOP | 医学部 | 交通案内 | サイトマップ| 内科学講座 | お問合せ |

copyright©2005 Net-style inc.All Right Reserved.