Division of Hematology, Department of Internal Medicine,

Kinki University School of Medicine  
 
 

近畿大学医学部 血液・膠原病内科【血液教育部門】  



   研修システム

   
1.診療実績

 造血器悪性腫瘍はじめとする難治性血液疾患の対象に長期寛解・治癒をめざした治療を行う目的で、分子標的治療および細胞移植療法などの高度先進医療を行っている。現在、再発リスクの高い急性白血病を中心に骨髄破壊的ないし非破壊的前処置を用いた同種造血幹細胞移植を月1例のペースで施行しつつ、移植対象疾患を拡げて悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などに対しても自己・同種末梢血幹細胞移植術も実施して治癒を目標とする挑戦的医療を実践している。

 当科で扱っている疾患:各種白血病(急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、成人T細胞性白血病)、造血障害(骨髄異形成症候群、再生不良性貧血など)、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、特発性血小板減少性紫斑病、その他

 また、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫患者に対しそれぞれの病態に応じた、造血幹細胞移植を施行している。


2.認定施設

  • 日本血液学会認定血液研修施設
  • 日本骨髄バンク移植認定施設
  • 日本臍帯血バンク移植認定施設
  • 日本輸血学会指定
  • 認定輸血検査技師制度指定施設



3.入局後選択肢

A.認定医・専門医取得

  ①      日本内科学会認定医・専門医

本学の後期研修プログラムに準じるが、必要症例数取得については研修指定病院である出張 病院での症例経験に加え、資格取得に必要な院内他科のローテーションを考慮する。



       日本血液学会認定医・専門医

日本内科学会の認定医を取得後、当施設あるいは日本血液学会が認定した研修施設で臨床血液学の研修を3年以上行い、申請時に継続して3年以上日本血液学会の会員であり、臨床血液学に関係した内容で、筆頭者として学会発表または論文が2つ以上ある必要があり。




       日本輸血学会認定医・専門医

医籍登録後7年以上で、原則5年以上輸血学会に所属し、指定施設で2年以上の研修が必要。




   


B.大学院進学

基本的に臨床検体を利用した遺伝子学的、細胞生物学的および病理組織学的研究を行うが、基礎医学系(近畿大学医学部細菌学、免疫学、生化学、生理学あるいは病理学教室)への出向研究も同時に可能である。


C.関連病院への就職

一定期間の血液臨床研修の後、希望があれば関連病院への就職を考慮する。


D.海外留学の可否

博士課程終了後、希望があれば海外留学先の相談に応じる。


E.論文博士取得

臨床業務を行いながら、一定の研究業績をあげたと判断された場合、論文博士取得を認める。



4.診療部長の抱負

後期研修プログラムのねらいは、2年間の初期研修で修得した基本的診療能力を、より専門分野に踏み込んで、高度化させ、医師としての自信を涵養させることに他ならない。その過程では、幅広い分野に目を配ることも忘れないで、判断能力の自立化、問題対処能力の向上、社会的使命や要請について理解を深めるなど、自らの臨床能力の厚みを増すことを望みたい。医師として且つ社会人としての矜持を意識する機会にしてほしい。内科医を目指すものにとっては内科認定医、さらに内科専門医への受験資格を得るための期間でもある。血液内科は、上述のねらい通り十分要件に適うところである。白血病に代表されるように、生死を分ける決断を迫られる場に立つことが多く、瞬時の判断力、対応能力が要求される分野である。責任は重大で、仕事はかなりハードであるが、医師としての達成感はそれらにも増して大きいものがある。敢然と難治性疾患の壁に立ち向かえば昇りきれないものでは決して無い。是非、それに挑戦して医療人のみが感受できる真の喜び、醍醐味を味わってほしい。さらに大学院に進み、医学の先端をリードする血液学の深奥に迫れば、将来、より高度の臨床能力を修得出来た誇りと、それを実践できる医師としての生きがいを実感出来るでしょう。



   クリニカルクラークシップ 


1.教育目標

血液内科など全身諸臓器に影響を及ぼす疾患を扱っており、専門領域のみならず、合併する様々な疾患を通して、全身的に病態を把握し、一般内科医としての基本なコアとなる知識を習得できることを目標に指導する。



2.週間予定

病棟実習(回診、処置)、モーニングカンファレンスでの症例発表、教授回診でお症例提示、血液腫瘍および骨髄移植カンファレンスや血液病学セミナーへの参加、最終日に口答試問



3.水準リスト


I.(指導医の指導・監視のもとに実施が許容されるもの)

診察:病歴聴取、視診、打診、聴診、神経学的診察、血圧測定

検査:採血、心電図、超音波検査、クロスマッチ

治療:クリーンルーム内無菌操作、導尿、酸素投与、浣腸、体位変換


II.(状況によって指導医の指導・監視のもとに実施が許容されるもの)

診察:直腸診

検査:動脈血採取、皮内テスト

治療:皮下注射、筋肉注射、心マッサージ、気道内吸引


III.(原則として指導医の実施の介助または見学にとどめるもの)

       検査:骨髄穿刺、骨髄生検、腰椎穿刺

       治療:中心静脈栄養、点滴静注、輸血、心肺蘇生  


| TOP | 医学部 | 交通案内 | サイトマップ| 内科学講座 | お問合せ |

copyright©2005 Net-style inc.All Right Reserved.