近畿大学医学部神経内科学教室 NEWS 2015年
2015.12.24
森口幸太先生(大学院生)の論文がJournal of the Neuroimmunology誌に掲載されました。
Moriguchi K, Miyamoto K, Tanaka N, et al. C-C chemokine receptor type 4 antagonist Compound 22 ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis. J Neuroimmunol. 2016; 291: 54-8
2015.12.20
2015.12.2

神経内科医局忘年会を開催しました。
2015.11.26
2015.10.31
楠 進教授が第22回世界神経学会議(22nd World Congress of Neurology)/チリ/サンティアゴ(2015年10月31日~11月5日)で「Clinical and serological investigation of IgM paraproteinemic neuropathies without anti-MAG antibody activities」を発表しました。
また、同学会でのトーナメントの日本チーム(東京大学神経内科 辻省次教授らとともに)に参加し4位に入賞されました。
2015.10.3-4

Universal Studios Japanにて医局旅行および Halloween Party をしました。
2015.9.29

医局説明会を開催しました。
2015.9.5
上野梨乃先生(大学院生)の論文がJournal of Neuroscience Research誌に掲載されました。
Ueno R, Miyamoto K, Tanaka N, et al. Keratan sulfate exacerbates experimental autoimmune encephalomyelitis. J Neurosci Res. 2015,; 93: 1874-80.
2015.9.1
平野牧人准教授の論文がPLOS One誌に掲載されました。
Hirano M, Satake W, Ihara K, et al. The First Nationwide Survey and Genetic Analyses of Bardet-Biedl Syndrome in Japan. PLoS One. 2015; 10: e0136317.
2015.8.30
平野牧人准教授の論文がDysphasia誌に掲載されました。
Hirano M, Isono C, Sakamoto H, et al. Rotigotine Transdermal Patch Improves Swallowing in Dysphagic Patients with Parkinson's Disease. Dysphagia. 2015; 30: 452-6.
2015.7.15