業績 過去に発表した論文等が一覧できます。
2008年(平成20年)~2011年(平成23年) 業績
2011年(平成23年) 業績

原著

1)英文

  1. Saigoh K, Izumikawa T, Koike T, Shimizu J, Kitagawa H, Kusunoki S. Chondroitin beta-1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase-1 (ChGn-1) missense mutations are associated with neuropathies. J Hum Genet, 2011; 56: 143-146.
  2. Miyazaki Y, Koike H, Ito M, Atsuta N, Watanabe H, Katsuno M, Kusunoki S, Sobue G. Acute superficial sensory neuropathy with generalized anhidrosis, anosmia, and ageusia. Muscle Nerve 2011; 43: 286-288.
  3. Hirano M, Ohishi M, Yamashita T, Ikuno Y, Iwahashi H, Mano T, Ishihara R, Tanaka I, Yanagihara K, Isono C, Sakamoto H, Nakamura Y, Kusunoki S. Abnormal cystatin C levels in two patients with bardet-biedl syndrome. Clinical Medical Insights Case Reports 2011; 4: 17-20.
  4. Goto H, Fukudome T, Kusunoki S, Matsuo H. Subacute motor axonal neuropathy associated with the IgG anti-GalNAc-GD1a antibody. BMJ Case Reports 2011; doi:10.1136/bcr.11.2010.3507.
  5. Oyazato Y, Shiihara T, Kusunoki S, Adachi M, Ohnishi N, Taniguchi H, Nishiyama A, Watanabe A, Kobayashi M, Kamioka I. A case of anti-GA1 antibody-positive Fisher syndrome with elevated tau protein in cerebrospinal fluid. Brain Dev 2011; doi:10.1016/j.braindev.2011.06.007
  6. Suzuki H, Yoshida T, Kitada M, Ichihashi J, Sasayama H, Nishikawa Y, Mitsui Y, Nakagawa M, Kusunoki S. Late-onset Alexander disease with a V87L mutation in glial fibrillary acidic protein (GFAP) and calcifying lesions in the sub-cortex and cortex. J Neurol 2011; doi: 10.1007/s00415-011-6201-z.
  7. Hirano M, Kokunai Y, Nagai A, Nakamura Y, Saigoh K, Kusunoki S, Takahashi MP. A novel mutation in the calcium channel gene in a family with hypokalemic periodic paralysis. J Neurol Sci 2011; 309: 9-11 doi: 10.1016/j.jns.2011.07.046.
  8. Moriguchi K, Miyamoto K, Takada K, Kusunoki S. Four cases of anti-ganglioside antibody-positive neuralgic amyotrophy with good response to intravenous immunoglobulin infusion therapy. J Neuroimmunol 2011; 238: 107-109.
  9. Kuwahara M, Suzuki S, Takada K, Kusunoki S. Antibodies to LM1 and LM1-containing ganglioside complexes in Guillain-Barré syndrome and chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy. J Neuroimmunol 2011; 239: 87-90.
  10. Mauri L, Casellato R, Ciampa MG, Uekusa Y, Kato K, Kaida K, Motoyama M, Kusunoki S, Sonnino S. Anti-GM1/GD1a complex antibodies in GBS sera specifically recognize the hybrid dimer of GM1-GD1a. Glycobiology 2012; 22: 352-360.
  11. Suzuki H, Samukawa M, Kitada M, Ichihashi J, Mitsui Y, Tanaka K, Kusunoki S. A case of anti-N-methyl-D-aspartate receptor encephalitis with systemic sclerosis. Eur J Neurol 2011; 18: e145-146.
  12. Samukawa M, Hirano M, Sakamoto H, Kitada M, Kusunoki S, Nakamura Y. Risks of inappropriate secretion of antidiuretic hormone in multiple system atrophy. Mov Disord 2011; 26: 2572-2573.
  13. Kawamura N, Piao H, Minohara M, Matsushita T, Kusunoki S, Matsumoto H, Ikenaka K, Mizunoe Y, Kira JI. Campylobacter jejuni DNA-binding protein from starved cells in Guillain-Barré syndrome patients. J Neuroimmunol, in press.
  14. Zitman FMP, Greenshields KN, Kuijf ML, Ueda M, Kaida K, Broos LAM, Tio-Gillen AP, Jacobs BC, Kusunoki S, Willison HJ, Plomp JJ. Neuropathophysiological potential of Guillain-Barré syndrome anti-ganglioside-complex antibodies at mouse motor nerve terminals. Clin Exp Neuroimmunol 2011; 2: 59-67.
  15. Fang L, Isobe N, Yoshimura S, Yonekawa T, Matsushita T, Masaki K, Doi H, Ochi K, Miyamoto K, Kawano Y, Kira J; For the South Japan Multiple Sclerosis Genetics Consortium. Interleukin-7 receptor alpha gene polymorphism influences multiple sclerosis risk in Asians. Neurology. 2011;76:2125-2127.
  16. McElroy JP, Isobe N, Gourraud PA, Caillier SJ, Matsushita T, Kohriyama T, Miyamoto K, Nakatsuji Y, Miki T, Hauser SL, Oksenberg JR, Kira J. SNP-based analysis of the HLA locus in Japanese multiple sclerosis patients. Genes Immun. 2011 Jun 9. [Epub ahead of print]

2)和文

  1. 高木 努, 木下郁夫, 楠 進
    興味ある経過をたどり抗ガングリオシド複合体抗体のみが陽性であったFisher症候群
    内科 107: 556-558, 2011
  2. 藤本武士, 福田安雄, 江口勝美, 楠 進
    抗GD1b抗体陽性で治療経過良好であった純粋運動型Guillain-Barré症候群の1例
    日本内科学会雑誌100: 1651-3, 2011
  3. 北田茉里, 鈴木秀和, 市橋珠里, 三井良之, 田中恵子, 楠 進
    免疫療法が有効であった腫瘍非合併抗NMDA受容体脳炎の2例
    臨床神経学 51: 683-687, 2011
  4. 本山りえ, 山川健太郎, 鈴木聖子, 楠 進, 田中正美
    Rituximabにより早期の治療効果がみとめられた抗myelin-associated glycoprotein (MAG)抗体をともなうニューロパチーの1例
    臨床神経学51: 761-764, 2011
  5. 木村岳人, 熊谷秀規, 松本静子, 江橋正浩, 山形崇倫, 楠 進
    免疫グロブリン大量静注療法が奏効したフォスファチジン酸添加(ELISA法)による抗ガングリオシド抗体陽性Guillain-Barré症候群の幼児
    茨城県立病院医学雑誌 28: 27-31, 2011

総説・著書など

1)英文

  1. Kusunoki S, Kaida K. Antibodies against gangalioside complexes in Guillain-Barré syndrome and related disorders. J Neurochem, 2011; 116: 828-832

2)和文

  1. 海田賢一, 楠 進
    抗ガングリオシド抗体-ギラン・バレー症候群とその関連疾患における病態への関与-
    日本臨床免疫学会会誌 34: 29-39, 2011
  2. 西郷和真, 楠 進
    Guillain-Barré症候群における自律神経障害の検討
    自律神経 47: 471-473, 2011
  3. 楠 進
    Guillain-Barré症候群の治療:最近の話題
    神経治療学28: 135-138, 2011
  4. 塩山実章, 楠 進
    感覚障害
    綜合臨牀 60: 1277-1282, 2011
  5. 上田昌美, 楠 進
    免疫性末梢神経障害の診断・治療と最近の話題
    Brain and Nerve 63: 549-555, 2011
  6. 楠 進, 三井良之, 高田和男
    しびれの診察と検査
    日本医師会雑誌 140: 561-563, 2011
  7. 鈴木秀和, 楠 進
    成人の重症筋無力症の治療
    日本医事新報4547: 54-55, 2011
  8. 楠 進
    免疫性神経疾患のガイドラインをめぐって
    神経内科 75: 33-37, 2011
  9. 三井良之
    神経・精神・運動器疾患
    year note. internal medicine & surgery 2012 21st edition. 2011
  10. 楠 進
    周期性四肢麻痺
    今日の治療指針2011 (山口徹, 北原光夫, 福井次矢, 総編集, 医学書院, 東京)p827, 2011

    楠 進
    GBSとガングリオシド複合体抗体-最近の知見-
    Annual Review神経2011(鈴木則宏, 他, 編, 中外医学社, 東京) pp293-299, 2011
  11. 楠 進
    多発性硬化症(MS), 重症筋無力症, Guillain-Barré症候群
    Year note Topics 2012(内科・外科疾患)(医療情報科学研究所,編集, メディックメディア, 東京
  12. 楠 進
    ギラン・バレー症候群, フィッシャー症候群
    症候群ハンドブック(井村裕夫, 福井次矢, 辻省次, 編集, 中山書店, 東京) pp55-56, 2011
  13. 楠 進
    相談室:急性散在性脳脊髄炎
    暮しと健康2011年3月号p74, 2011
  14. 楠 進
    MS従事者からのメッセージ
    バナナチップス73号p31, 2011
  15. 楠 進
    医心伝身「手足が急に動かなくなるギラン・バレー症候群
    週刊ポスト2011年4月8日号p97, 2011
  16. 楠 進
    Guillain-Barré症候群の診断と鑑別診断に有用なスタディ
    Neurotopics No.2のコメント. 2011年4月
  17. 楠 進
    編集後記
    Peripheral Nerve末梢神経 22: 115, 2011
  18. 楠 進
    神経治療最前線2 2011 Peripheral Nerve Society (PNS) Biennial Meeting報告
    神経治療学28: 397-398, 2011
  19. 楠 進
    編集後記
    神経治療学 28: 334, 2011
  20. 楠 進
    アセチルコリンレセプター抗体モニタリング報告集
    2011年(コスミックコーポレーション, 東京)
  21. 宮本勝一
    治療手技 血液浄化療法
    神経疾患最新の治療2012-2014(南江堂)
  22. 宮本勝一
    医療相談「精神科に行ったほうが良い?」
    Banana Chips(MSキャビン)74: 9-11(2011)
  23. 宮本勝一
    IFNチップス「インターフェロンの作用メカニズム」
    Banana Chips(MSキャビン)76: 10-11(2011)

学会招待講演

1)海外

  1. Kusunoki S. Antibodies to glycoconjugates in autoimmune neuropathies. 42nd Annual Meeting of the American Society for Neurochemistry, St. Louis, USA, March 19-23, 2011

2)国内

  1. 楠 進
    免疫性ニューロパチーの病態と治療
    第33回滋賀神経疾患研究会(2011年2月26日, 大津)
  2. 楠 進
    ホットトピックス:自己抗体からみたニューロパチー
    第52回日本神経学会学術大会(2011年5月18日~20日, 名古屋)
  3. 楠 進
    神経免疫疾患と複合糖質
    多発性硬化症免疫吸着療法研究会(2011年9月10日, 東京)
  4. 宮本勝一
    長期治療について
    第23回日本神経免疫学会学術集会. (2011年9月15日 東京)
  5. 楠 進
    シンポジウム「機能性糖鎖:基礎から疾患まで」(2S12p-2) 免疫性末梢神経障害と糖鎖に対する抗体
    第84回日本生化学会大会(2011年9月21~24, 京都)
  6. 楠 進
    免疫性末梢神経障害の病態と治療
    鹿児島神経免疫セミナー (2011年10月28日, 鹿児島)
  7. 楠 進
    ランチョンセミナー-免疫性神経疾患の病態と先行感染について
    第16回日本神経感染症学会学術集会 (2011年11月4日~5日, 東京)
  8. 楠 進
    教育講演-マイコプラズマ肺炎後のADEMとGBS
    第16回日本神経感染症学会学術集会(2011年11月4日~5日, 東京)
  9. 楠 進
    慢性免疫性ニューロパチーの診断と治療
    第6回下野神経疾患研究会(2011年12月8日, 宇都宮)
  10. 楠 進
    Guillain-Barré症候群, Fisher症候群とガングリオシド複合体抗体
    第5回大阪神経最先端治療フォーラム(2011年12月9日, 大阪)
  11. 宮本勝一
    脳炎・脳症・(自己免疫脳炎)のアフェレシス
    第32回 日本アフェレシス学会 (2011年9月30日 東京)

一般学会発表

1)海外

  1. Kusunoki S, Suzuki S, Ueda M, Kuwahara M. Clinical relevance of the fine specificity of IgG anti^GQ1b antibodies. 2011 Meeting of the Peripheral Nerve Society, Potomac, MD, USA, June 25-29, 2011. J Peripher Nerv Syst 2011; 16 (Suppl 3): S70.
  2. Kaida K, Ogawa G, Kusunoki S, Kuwahara M, Kimura F, Kamakura K. Clinical and immunological features of anti-GM1/GalNAc-GD1a-positive Guillain-Barré syndrome. 2011 Meeting of the Peripheral Nerve Society, Potomac, MD, USA, June 25-29, 2011. J Peripher Nerv Syst 2011; 16 (Suppl 3): S70.
  3. Kusunoki S, Suzuki S, Ueda M, Kuwahara M. Clinical features associated with fine specificity of IgG anti-GQ1b antibodies. 136th Annual Meeting of the American Neurological Association, San Diego, CA, USA, September 25-27, 2011. M-818
  4. Hirano M, Yamashita T, Ikuno Y, Iwahashi H, Ohishi M, Mano T, Ishihara R, Tanaka I, Yanagihara K, Nakamura Y, Kusunoki S. The first nationwide survey of Bardet-Biedl syndrome in Japan. 136th Annual Meeting of the American Neurological Association, San Diego, CA, USA, September 25-27, 2011. T-1520
  5. Ogawa G, Kaida K, Kusunoki S, Kuwahara M, Kimura F, Kamakura K. The relationship between conduction block and clinical characteristics in Guillain-Barré syndrome with anti-GM1/GalNAc-GD1a antibodies. 136th Annual Meeting of the American Neurological Association, San Diego, CA, USA, September 25-27, 2011. T-1733
  6. Miyamoto K. Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica. Sendai NMO Conference. Sendai, July 16, 2011
  7. Miyamoto K, Moriguchi K, Ichihashi J, Motoyama M, Takada K, Kusunoki S. Autoantibodies against myelin antigens in neuromyelitis optica. PACTRIMS 2011. Singapor, Aug 29, 2011

2)国内総会

  1. 斎藤和幸, 清水文崇, 佐野泰照, 春木明代, 安部真彰, 前田敏彦, 尾本雅俊, 小笠原淳一, 古賀道明, 川井元晴, 鈴木聖子, 楠 進, 水澤英洋, 神田隆
    Bickerstaff脳幹脳炎, Fisher症候群患者血清が血液脳関門, 血液神経関門に及ぼす影響の解析
    第52回日本神経学会学術大会O1-307(2011年5月18日~20日, 名古屋)
  2. 植田晃広, 伊藤信二, 石川等真, 引地智加, 上田昌美, 楠 進, 武藤多津郎
    軸索型GBS患者血清中の抗GM1抗体のRaftsへの作用解明
    第52回日本神経学会学術大会O1-308(同上)
  3. 鈴木聖子, 桑原基, 楠 進
    抗GQ1b抗体の反応特異性と臨床徴候の関連
    第52回日本神経学会学術大会O1-309(同上)
  4. 桑原基, 鈴木聖子, 楠 進
    免疫性ニューロパチーにおけるLM1に対する抗体の検討について
    第52回日本神経学会学術大会O1-312(同上)
  5. 鈴木秀和, 北田茉里, 寒川 真, 上野周一, 市橋珠里, 三井良之, 田中恵子, 楠 進
    抗NMDA受容体脳炎連続6症例の検討-臨床的多様性と治療戦略-
    第52回日本神経学会学術大会O5-201(同上)
  6. 阪本 光, 平野牧人, 寒川真, 北田茉里, 楠 進, 中村雄作
    多系統萎縮症と抗利尿ホルモン不適合分泌症候群の関連
    第52回日本神経学会学術大会(同上)
  7. 平野牧人, 山下俊英, 生野恭司, 岩橋博見, 大石充, 真野利之, 石原立, 田中一郎, 柳原恵子, 中村雄作, 楠 進
    本邦におけるバルデー・ビードル症候群の実態
    第52回日本神経学会学術大会P1-364(同上)
  8. 酒井和香, 古川貴大, 松岡孝至, 宮城 愛, 島谷佳光, 寺澤由佳, 佐藤健大, 藤田浩司, 松井尚子, 和泉唯信, 梶龍児, 葛目大輔, 山崎正博, 楠 進
    発症年毎のギランバレー症候群・フィッシャー症候群の比較
    第52回日本神経学会学術大会(同上)
  9. 竹内優, 山口宜秀, 馬場広子, 楠 進, 湯浅龍彦
    百日咳を先行感染とするギランバレー症候群・フィッシャー症候群
    第52回日本神経学会学術大会P1-415(同上)
  10. 池上郁子, 西郷和真, 塩山実章, 高田和男, 三井良之, 楠 進
    三軸加速度計によるパーキンソン病における振戦の検討
    第52回日本神経学会学術大会(同上)
  11. 宮本勝一, 田中紀子, 門松健治, 楠 進
    実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの役割
    第52回日本神経学会学術大会P2-370(同上)
  12. 今野卓哉, 須貝章弘, 梅田麻衣子, 小宅睦郎, 楠 進, 藤田信也
    CMV感染後のギラン・バレー症候群では早期のIVIgとmPSLパルス併用療法が有効である
    第52回日本神経学会学術大会P2-422(同上)
  13. 三井良之, 楠 進
    麦角系ドパミン作動薬を継続しているParkinson病患者の3年目の現況
    第52回日本神経学会学術大会P3-231(同上)
  14. 西郷和真, 泉川友美, 小池敏靖, 清水潤, 北川裕之, 楠 進
    コンドロイチン硫酸糖鎖合成酵素遺伝子の一塩基変異のみられたニューロパチーの検討
    第52回日本神経学会学術大会P3-393(同上)
  15. 寺田由紀, 奥宮太郎, 樽野陽亮, 小芝泰, 糸数隆秀, 神吉理枝, 新出明代, 景山卓, 末長敏彦, 桑原 基, 楠 進
    抗糖脂質抗体陽性で慢性経過をたどった症例の検討
    第52回日本神経学会学術大会P3-399(同上)
  16. 福島和広, 日根野晃代, 内藤康介, 森田洋, 池田修一, 鈴木聖子, 桑原 基, 楠 進
    感覚障害や神経痛を伴わない一側上肢に限局した神経原性筋萎縮症:臨床像およびIVIg療法の有効性に関する検討
    第52回日本神経学会学術大会P3-403(同上)
  17. 小川剛, 海田賢一, 桑原 基, 木村文彦, 楠 進, 鎌倉恵子
    抗GM1/GalNAc-GD1a抗体陽性GBSにおける神経幹中間部伝導ブロックと臨床像の相関
    第52回日本神経学会学術大会P3-411(同上)
  18. 岡崎真央, 桑原 基, 濱田征宏, 鈴木聖子, 塩山実章, 高田和男, 三井良之, 楠 進
    口咽頭筋麻痺を主徴としたGuillain-Barré症候群の3例
    第22回日本末梢神経学会学術集会(2011年9月2日~3日, 沖縄)
  19. 寒川 真, 塩山実章, 鈴木秀和, 上田昌美, 岡 伸幸, 市原 学, 三井良之, 楠 進
    1-Bromopropane (n-propyl bromide)曝露による中毒性末梢神経障害と考えられた1例
    第22回日本末梢神経学会学術集会(2011年9月2日~3日, 沖縄)
  20. 鈴木聖子, 桑原 基, 上田昌美, 高田和男, 楠 進
    MFS, BBE, GBSにおける抗GQ1b抗体の反応特異性と臨床徴候との関連
    第23回日本神経免疫学会学術集会(2011年9月15日~17日, 東京)
  21. 小川剛, 海田賢一, 桑原 基, 木村文彦, 楠 進, 鎌倉恵子
    運動神経伝導ブロックの有無と抗GM1/GalNAc-GD1a抗体陽性GBSの臨床像の関係
    第23回日本神経免疫学会学術集会(同上)
  22. 宮本勝一, 田中紀子, 角松健治, 北川裕之, 楠 進
    実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカン
    第23回日本神経免疫学会学術集会(同上)
  23. 齋藤和幸, 清水文祟, 古賀道明, 佐野泰照, 鈴木聖子, 楠 進, 水澤英洋, 神田 隆
    Fisher症候群とBickerstaff脳幹脳炎の患者血清が血液脳関門と血液神経関門に及ぼす影響の解析
    第23回日本神経免疫学会学術集会(同上)
  24. 古賀道明, 上田昌美, 楠 進, 神田 隆
    ビッカースタッフ型脳幹脳炎における感染症の関与:ギラン・バレー症候群との差異
    第23回日本神経免疫学会学術集会(同上)
  25. 鈴木秀和, 上野周一, 北田茉里, 三井良之, 田中恵子, 楠 進
    頭部MRIで硬膜病変が小脳・帯状回病変に先行した抗NMDAR脳炎の1例
    第16回日本神経感染症学会学術集会(2011年11月4日~5日, 東京)
  26. 北田茉里, 鈴木秀和, 寒川 真, 三井良之, 楠 進, 田中恵子
    Ciclosporineにより良好な経過がえられた抗NMDAR脳炎の2例
    第29回日本神経治療学会総会(2011年11月17日~18日, 福井)
  27. 寒川 真, 鈴木秀和, 北田茉里, 三井良之, 楠 進, 中村雄作
    Morvan症候群2例の治療経験
    第29回日本神経治療学会総会(2011年11月17日~18日, 福井)
  28. 宮本勝一, 三井良之, 楠 進
    経口ステロイド薬とciclosporineの併用によるNMO再発予防
    第29回日本神経治療学会総会(2011年11月17日~18日, 福井)
  29. 鈴木秀和, 桑原 基, 鈴木聖子, 楠 進
    慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の臨床的および血清学的解析と治療反応性の検討
    第29回日本神経治療学会総会(2011年11月17日~18日, 福井)
  30. 西郷和真, 濱田征宏, 寒川 真, 桑原 基, 稲次洋平, 塩山実章, 三井良之, 布川知史, 加藤天美, 楠 進
    群発頭痛様発作で発症した中枢神経限局性血管炎の1例
    第39回日本頭痛学会総会 (2011年11月25日~26日, 埼玉)

3)国内地方会

  1. 岡崎真央, 桑原 基, 鈴木秀和, 塩山実章, 内堀歩, 三井良之, 千葉厚郎, 楠 進
    SLEを伴う抗Ma-2抗体陽性傍腫瘍性辺縁系脳炎の一例
    日本神経学会第94回近畿地方会(2011年6月11日,京都)
  2. 阪本 光, 平野牧人, 寒川 真, 北田茉里, 上野周一, 田中恵子, 楠 進, 中村雄作
    回復期に著明な側頭葉萎縮を来したNMDA受容体抗体関連脳炎の1例
    日本神経学会第94回近畿地方会(同上)
  3. 寒川 真, 鈴木秀和, 北田茉里, 三井良之, 中村雄作, 楠 進
    精神症状が治療抵抗性であったMorvan症候群の一例
    日本神経学会第94回近畿地方会(同上)
  4. 伊藤達哉, 深井雄太, 逸見祥司, 黒川勝己, 砂田芳秀, 楠 進
    神経幹中間部に伝導ブロックを呈したが, 軸索障害型ギラン・バレー症候群(GBS)と考えた1例
    第89回日本神経学会中国・四国地方会(2010年12月4日, 出雲)
  5. 緒方英紀, 田口敬子, 志田憲彦, 山下順章, 楠 進
    Cytomegalovirus感染後に両側顔面神経麻痺を主症状として発症したIgM抗GM2抗体陽性Guillain-Barré症候群の一例
    第89回日本神経学会中国・四国地方会(2010年12月4日, 出雲)
  6. 森山宏遠, 野妻智嗣, 諏訪園秀吾, 楠 進, 末原雅人
    著しく多種類の抗ガングリオシド抗体が陽性であった重症ギラン・バレー症候群(GBS)の1例
    第194回日本神経学会九州地方会(2011年6月18日, 久留米)
  7. 吉村俊祐, 吉村俊朗, 枡田智子, 中田るか, 中嶋秀樹, 徳田昌紘, 福田卓, 辻野彰, 本村政勝, 中村龍文, 川上 純, 高槻光寿, 楠 進
    肝移植術後に両側顔面神経麻痺を来したGuillain-Barré症候群(GBS)の1例
    第194回日本神経学会九州地方会(2011年6月18日, 久留米)
  8. 上野周一, 坂本 光, 平野牧人, 楠 進, 中村雄作
    髄液細胞増多と回復期にhypersexulalityを呈した抗NMDA受容体抗体脳炎の一男性例
    日本神経学会第95回近畿地方会(2011年12月17日,京都)
  9. 稲田莉乃, 鈴木秀和, 三井良之, 楠 進
    免疫療法にて改善がえられた成人発症Opsoclonus-myoclonus syndromeの1例
    日本神経学会第95回近畿地方会(同上)
  10. 北田茉里, 市橋珠里, 鈴木秀和, 三井良之, 楠 進
    末梢神経障害をともなったNMO spectrum disorder (NMOSD)の1例
    日本神経学会第95回近畿地方会(同上)
  11. 萩原麻衣, 真部建郎, 大封昌子, 三枝隆博, 中谷嘉文, 松井大, 楠 進
    糖脂質抗体を認めたFacial diplegia and paresthesiaの一例
    日本神経学会第95回近畿地方会(同上)

4)研究会・その他

  1. 三井良之, 金子 鋭, 嶋田裕之
    Panel discussion 「患者さんに満足いただく治療を考える」パーキンソン病フォーラム~Wearing off現象の治療を考える~(2011年3月25日, 大阪)
  2. 宮本勝一
    GAの最新基礎研究から学ぶこと. 第2回MS-GA-402研究会(2011年3月19日, 東京)
  3. 宮本勝一
    大阪南部におけるMS/NMO. 多発性硬化症 Peer to Peer Meeting.(2011年6月17日, 香川)
  4. 宮本勝一
    Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica. 第1回若手医師のための仙台国際NMOシンポジウム (2011年7月16日, 仙台)
  5. 三井良之
    糖尿病性多発神経障害の病気分類のためのプロスペクティブスタディー当院での現況についてー. 大阪南 糖尿病・合併症治療セミナー2011. (2011年7月28日, 大阪)
  6. 宮本勝一
    MSの基本を学びたい人へー MSキャビン・多発性硬化症セミナー(2011年7月23日, 大阪狭山)
  7. 楠 進
    慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の診断と治療. 第10回徳島神経難病セミナー(2011年1月16日, 徳島)
  8. 楠 進
    認知症ってどうなるの?近畿大学公開講座2011(2011年10月8日, 近畿大学東大阪キャンパス)
  9. 宮本勝一
    MS関連疾患の治療前には抗AQP4抗体は必ず測定すべきか? YES.第10回 MSワークショップ (2011年8月6日, 札幌)
  10. 宮本勝一
    初心者のためのMS/NMO.第8回 多発性硬化症フォーラム (2011年12月11日, 東京)
  11. 宮本勝一
    FTY720への期待. FTY720全体研究会 (2011年9月30日, 東京)

5)班会議

  1. 宮本勝一, 田中美由紀, 門松健治, 宮田真路, 北川裕之, 楠 進
    実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの役割
    免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成22年度班会議(2011年1月26日, 東京)
  2. 楠 進, 鈴木聖子, 桑原 基, 上田昌美
    抗GQ1b抗体の反応特異性と臨床徴候の関連についての検討
    免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成22年度班会議(2011年1月27日, 東京)
  3. 楠 進, 小川剛, 海田賢一, 木村文彦, 鎌倉恵子, 桑原 基
    抗GM1/GalNAc-GD1a抗体陽性GBSにおける神経幹中間部伝導ブロックと臨床像の相関
    免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成22年度班会議(2011年1月26日~27日, 東京)
  4. 桑原 基, 鈴木秀和, 高田和男, 楠 進
    CIDPにおけるLM1およびLM1関連複合体に対する抗体の検討
    精神・神経疾患研究開発費「難治性ニューロパチーの診断技術と治療法の開発に関する研究」班 平成23年度班会議(2011年12月1日, 東京)
2010年(平成22年) 業績

(1) 英文原著

  • Piao H, Minohara M, Kawamura N, Li W, Mizunoe Y, Umehara F, Goto Y, Kusunoki S, Matsushita T, Ikenaka K, Maejima T, Nabekura JI, Yamawaki R, Kira JI. Induction of paranodal myelin detachment and sodium channel loss in vivo by Campylobacter jejuni DNA-binding protein from starved cells (C-Dps) in myelinated nerve fibers. J Neurol Sci, 2010; 288: 54-62,
  • Kawagashira Y, Kondo N, Atsuta N, Iijima M, Koike H, Katsuno M, Tanaka F, Kusunoki S, Sobue G. IgM-MGUS anti-MAG neuropathy with predominant muscle weakness and extensive muscle atrophy. Muscle Nerve, 2010; 42: 433-435.
  • Tomita M, Watanabe H, Morozumi S, Kawagashira Y, Iijima M, Nakamura T, Katsuno M, Koike H, Hattori N, Hirayama M, Kusunoki S., Sobue G. Pyramidal tract involvement in Guillain-Barré syndrome associated with anti-GM1 antibody. J Neurol Neurosurg Psychiatry, 2010; 81: 583-585.
  • Ueda A, Shima S, Miyashita T, Ito S, Ueda M, Kusunoki S, Asakura K, Mutoh T. Anti-GM1 antibodies in axonal form of Guillain-Barré syndrome affect the integrity of lipid rafts. Mol Cell Neurosci, 2010; 45 : 355-362.
  • Saigoh K, Izumikawa T, Koike T, Shimizu J, Kitagawa H, Kusunoki S. Chondroitin beta-1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase-1 (ChGn-1) missense mutations are associated with neuropathies. J Hum Genet, 2011; 56:143-146

(2) 英文総説

  • Kaida K, Kusunoki S. Antibodies to gangliosides and ganglioside complexes in Guillain-Barre syndrome and Fisher syndrome:Mini-review. Journal of Neuroimmunology,2010;223:5-12.doi:10.1016 /j-jneuroim.2010.02.001

(3) 和文原著

  • 荒木俊彦, 中田悠皓, 楠 進. 妊娠後期に発症したGuillain-Barre症候群の2例. 臨床神経学50(1): 24-26,2010
  • 小川剛, 海田賢一, 園生雅弘, 上田昌美, 鎌倉恵子, 楠 進. Pure motor Guillain-Barré症候群の新規標的抗原:GM1/GalNAc-GD1a複合体―電気生理所見を中心として―. Peripheral Nerve末梢神経21: 58-65,2010
  • 鮫島謙一, 中谷公彦, 塩山実章, 木下浩二, 楠 進, 斎藤能彦, 船内正憲. 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography (FDG-PET)検査が早期診断と治療効果の判定に有用であった側頭動脈炎の1例. 日本臨床免疫学会会誌33: 324-328,2010
  • 三井良之. Parkinson病. 近畿大医誌(Med J Kinki Univ)35(2): 125-133,2010
  • 楠 進.  免疫性ニューロパチーのガイドラインをめぐって. 神経治療学27(6): 845-849,2010
  • 宮本勝一.  多発性硬化症と視神経背髄炎. 近畿大医誌. 35(3,4):199-204,2010
  • 西郷和真, 楠 進.  Guillain-Barre 症候群における自律神経障害の検討. 自律神経 47(6):471-473,2010

(4) 和文著書・総説

  • 三井良之, 楠 進. 末梢神経障害. 研修医のための神経内科診療,2010
  • 楠 進. CIDPと抗ガングリオシド抗体. 神経内科 72 (3): 284-289,2010
  • 三井良之, 楠 進. 傍腫瘍性神経筋疾患update. ニューロパチー Brain and Nerve 62:387-393, 2010
  • 楠 進.  Guillain-Barré症候群と自律神経障害. 自律神経 47: 195-197,2010
  • 宮本勝一, 楠 進. 神経難病の新展開:ギラン・バレー症候群. BIO Clinica 25: 858-863, 2010
  • 海田賢一, 楠 進. 神経疾患と分子マーカー:Guillain-Barré症候群. Clinical Neuroscience 28: 1400-4, 2010
  • 楠 進. 免疫性ニューロパチーのガイドラインをめぐって. 神経治療学27: 845-849, 2010
  • 三井良之, 楠 進. Guillain-Barré症候群,慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー. 小児科51(13):1787-1795,2010.
  • 楠 進. Guillain-Barré症候群(Fisher症候群を含む). 今日の診断基準第6版(金澤一郎,永井良三 総編集 医学書院 東京)pp631-633, 2010
  • 宮本勝一, 楠 進. Guillain-Barré症候群、CIDPとその類縁疾患、Charcot-Marie-Tooth病. EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針(田村晃, 松谷雅生, 清水輝夫編、メジカルビュー社 東京)pp528-539, 2010
  • 宮本勝一. インターフェロンβ. 多発性硬化症・治療ガイドライン2010(医学書院)pp44-58,2010
  • 鈴木秀和, 楠 進. 抗アセチルコリン受容体抗体. Medicina2010増刊号 「これだけは知っておきたい検査のポイント第8集」(高木康 編, 医学書院 東京)pp458-459, 2010
  • 楠 進. 整形外科の日常診療, 見逃しやすい他科疾患:ギラン・バレー症候群. 整形爛漫 2010年1月号 p10-11
  • 楠 進. 開催を終えて:国際シンポジウム視神経脊髄炎(NMO)の新たな展開. AGENDA(淡路夢舞台国際会議場ニューズレター)39巻新年号p3, 2010

(5) 国際学会

  • Kusunoki S. Anti-Ganglioside Antibodies and Guillain-Barré Syndrome. The 9th Annual Asia and Oceanian Myology Center Scientific Meeting. (2010.3.26. Seoul, Korea)
  • Kusunoki S. Gangliosides and ganglioside complexes as targets for Guillain-Barré syndrome.  4th Internatinal Society for Neurochemistry Special Neurochemistry Conference.“Membrane Domains in CNS physiology and pathology” (2010.5.22.~26. Erice, Italy)
  • Kusunoki S. Anti-ganglioside complexes antibodies in Guillain-Barré syndrome. Neuroimmunology Kyoto Conference 2010.  (2010.8.18~21. Kyoto,Japan )
  • Miyamoto K. Benign MS:Fact or Fiction?  PACTRIMS 2010  (2010.8.27. Bali, Indonesia)
  • Miyamoto K, Koichi Furukawa, Susumu Kusunoki.Functions of complex gangliosides in the development of experimental autoimmune encephalomyelitis. Neuroimmunology Kyoto Conference 2010.(2010.8.18 Kyoto, Japan )
  • Kusunoki S. Anti-ganglioside complexes antibodies in Guillain-Barre syndrome. Neuroimmunology  Kyoto Conference 2010  (2010年8月18日~21日 Kyoto)

(6) 国内学会・招待講演

  • 楠 進. レビュートーク「神経免疫と臨床免疫:現在の到達点」:免疫性末梢神経疾患の基礎と臨床. 第22回日本神経免疫学会学術集会(2010年3月17日~19日  東京)
  • 楠 進. シンポジウム「神経治療学のブレークスル:ガイドライン、最近の情報」:免疫性ニューロパチーのガイドラインをめぐって. 第28回日本神経治療学会総会(2010年7月15日~16日 横浜)
  • 楠 進. ランチョンセミナー「ガングリオシド複合体抗体とGBS・CIDP. 第40回日本臨床神経生理学会・学術大会(2010年11月1日~2日 神戸)
  • 楠 進. 免疫性ニューロパチーの診療における抗ガングリオシド抗体の有用性.  第28回日本神経治療学会総会 イブニングセミナー (2010年7月15日 横浜)
  • 宮本勝一. ADEMとアフェレシス. 第31回日本アフェレシス学会学術大会 (2010年11月5日 浦安)
  • 楠 進. シンポジウム「神経治療学のブレークスル:ガイドライン、最近の情報」:免疫性ニューロパチーのガイドラインをめぐって. 第28回日本神経治療学会総会(2010年7月15日~16日  横浜)
  • 楠 進. イブニングセミナー「免疫性ニューロパチーの診療における抗ガングリオシド抗体の有用性」第28回日本神経治療学会総会(2010年7月15日~16日 横浜)

(8) 国内学会・通常発表

  • 青松宏美, 森瀬譲二, 岡昌吾, 楠 進. 慢性免疫性ニューロパチーにおけるphosphacanに対する血中抗体の解析. 第22回日本神経免疫学会学術集会(2010年3月17日~19日  東京)
  • 小川剛, 海田賢一, 上田昌美, 木村文彦, 楠 進, 鎌倉恵子. 抗GM1/GalNAc-GD1a複合体抗体陽性Guillain-Barré症候群58例の臨床的特徴. 第22回日本神経免疫学会学術集会(2010年3月17日~19日  東京)
  • 宮本勝一, 古川鋼一, 楠 進. 実験的自己免疫性脳脊髄炎の誘導における複合型ガングリオシドの役割.第22回日本神経免疫学会学術集会(2010年3月17日~19日  東京)
  • 西郷和真, 桑原 基, 塩山実章, 宮本勝一, 青松宏美, 高田和男, 三井良之, 楠 進.  運動ニューロン疾患と多巣性運動ニューロパチーとの抗糖脂質抗体における検討. 第51回日本神経学会総会 (2010年5月20日~22日 東京)
  • 河村信利, 朴 華, 三野原元澄, 楠 進, 水之江義充, 吉良潤一. C.jejuni感染後ギラン・バレー症候群における抗C-Dps抗体およびC-Dpsの検出. 第51回日本神経学会総会 A30-1190 (2010年5月20日~22日 東京)
  • 小川剛, 海田賢一, 青松宏美, 上田昌美, 木村文彦, 楠 進, 鎌倉恵子. 抗GM1/GalNAc-GD1a複合体抗体陽性Guillain-Barré症候群の臨床像. 第51回日本神経学会総会 B031-1539(2010年5月20日~22日  東京)
  • 青松宏美, 森瀬譲二, 岡昌吾, 楠 進.  CIDPにおけるphosphacanに対する血中抗体の検討. 第51回日本神経学会総会B031-1541(2010年5月20日~22日  東京)
  • 桑原基, 松井尚子, 鈴木聖子, 青松宏美, 梶龍兒, 楠 進. 多巣性運動ニューロパチー(MMN)における抗糖脂質複合体抗体についての検討. 第51回日本神経学会総会B031-1542(2010年5月20日~22日  東京)
  • 三井良之, 塩山実章, 宮本勝一, 西郷和真, 赤松舞子, 豊増麻美, 桑原基, 鈴木聖子, 寒川真, 楠 進.当院におけるパーキンソン病患者への麦角系ドパミン作動薬使用の現況. 第51回日本神経学会総会B061-1786(2010年5月20日~22日  東京)
  • 鈴木聖子, 桑原基, 青松宏美, 上田昌美, 楠 進. 人工呼吸器GBS症例における抗GQ1b抗体の反応特異性の検討. 第51回日本神経学会総会B073-1877(2010年5月20日~22日  東京)
  • 針谷康夫, 水島和幸, 青松宏美, 楠 進.  ギラン・バレー症候群自験例の臨床的検討-抗ガングリオシド抗体陽性・陰性群の比較. 第51回日本神経学会総会B073-1876(2010年5月20日~22日  東京)
  • 宮本勝一, 中島一郎, 高橋利幸, 鈴木千尋, 三井良之, 楠 進. IFNβは視神経脊髄炎の液性因子を賦活化する. 第51回日本神経学会総会B119-2242(2010年5月20日~22日 東京)
  • 樋口雄二郎, 西平靖, 遠藤一博, 諏訪園秀吾, 楠 進, 高橋幸利, 末原雅人. Bickerstaff型脳幹脳炎4例における抗グルタミン酸受容体抗体の検討. 第51回日本神経学会総会B121-2261(2010年5月20日~22日  東京)
  • 池上郁子, 塩山実章, 西郷和真, 宮本勝一, 三井良之, 楠 進. 末梢神経原発の悪性リンパ腫の一例. 第68回近畿大学医学会 学術講演会 (2010年7月3日 大阪)
  • 北田茉里, 市橋珠里, 鈴木秀和, 塩山実章, 三井良之, 楠 進, 田中恵子. 比較的良好な経過を示し、免疫療法にて奏効が得られた抗NMDAR抗体関連脳炎の2例. 第28回日本神経治療学会総会(2010年7月15日~16日  横浜)
  • 宮崎雄, 伊藤瑞規, 熱田直樹, 小池春樹, 渡辺宏久, 楠 進, 祖父江元. 急性感覚性ニューロパチーを呈しIgM-抗GalNAc-GD1a抗体陽性の1例. 第28回日本神経治療学会総会(2010年7月15日~16日  横浜)
  • 寒川真, 市橋珠里, 鈴木秀和, 三井良之, 楠 進, 長谷川隆典. ステロイド療法に抵抗性であったが免疫グロブリン大量療法(IVIg)にて奏効が得られた抗SRP抗体陽性筋炎の2例. 第28回日本神経治療学会総会(2010年7月15日~16日  横浜)
  • 鈴木秀和, 北田茉里, 豊増麻美, 高田和男, 三井良之, 楠 進, 本村政勝. 小脳症状で発症し免疫療法にて奏効が得られた小脳変性症合併Lambert-Eaton筋無力症候群(LEMS)の2例. 第28回日本神経治療学会総会(2010年7月15日~16日  横浜)
  • 宮本勝一, 鈴木聖子, 上田昌美, 楠 進. IVIgが奏効した抗ガングリオシド抗体陽性の神経痛性筋萎縮症. 第28回日本神経治療学会総会(2010年7月15日~16日 横浜)
  • 三井良之. 臨床医学入門教育におけるシュミレーション実習の試みー第2報ー. 第42回日本医学教育学会大会 (2010年7月30日~31日 東京)
  • 宮本勝一, 元山真由美, 青砥聡子, 青松宏美, 桑原基, 鈴木聖子, 高田和男, 楠 進. 当院における抗ガングリオシド抗体測定の動向. 第21回日本末梢神経学会学術集会(2010年9月3日~4日  仙台)
  • 濱田征宏, 塩山実章, 鈴木秀和, 宮本勝一, 三井良之, 楠 進, 平瀬主税. 坐骨神経痛にて発症し、進行性の神経根性神経障害を来たした末梢性T細胞性リンパ腫の1例. 第21回日本末梢神経学会学術集会(2010年9月3日~4日  仙台)
  • 鈴木秀和, 上野周一, 北田茉里, 中西欣弥, 三井良之, 楠 進. 積極的なドレナージにより良好な経過が得られた肺炎球菌髄膜炎の1例. 第15回日本神経感染症学会総会 (2010年10月8日~9日 福島)
    • 北田茉里, 鈴木秀和, 高田和男, 三井良之, 楠 進. 中枢神経病変と脱髄性末梢神経障害を伴ったサルコイドーシスの一例. 第92回日本神経学会近畿地方会(2010年7月3日  大阪)
    • 濱田征宏, 稲次洋平, 塩山実章, 三井良之, 楠 進, 布川知史, 岩倉倫裕, 加藤天美. 集中的な脳外科学的加療により診断, 救命し得たcerebral amyloid angiopathy (CAA)を伴うprimary angitis of the central nervous system (PACNS)の一例.  日本神経学会 第92回日本神経学会近畿地方会 (2010年7月3日 大阪)
    • 北田茉里, 鈴木秀和, 桑原 基, 三井良之, 楠 進. HLA B54,Cw1陽性であったが神経Behcet病が疑われた1例. 日本内科学会 第192回近畿地方会 (2010年9月11日 大阪)
    • 宮本勝一, 塩山実章, 三井良之, 楠 進. 高齢発症の視神経背髄炎. 第21回日本老年医学会近畿地方会(2010年11月20日 大阪)
    • 上野周一, 鈴木秀和, 豊増麻美, 三井良之, 楠 進.  Capnocytophagaによる細菌性髄膜炎の一例.日本神経学会 第93回近畿地方会 (2010年12月11日 大阪)
    • 寒川 真, 阪本 光, 平野 牧人, 鈴木聖子, 桑原 基, 中村雄作, . locked-in様症状を呈した抗galactocerebroside(Gal-C) 抗体陽性ADEMの1例. 日本神経学会 第93回近畿地方会 (2010年12月11日 大阪)
    • 平野牧人, 山下俊英, 生野恭司, 岩橋博見, 大石 充, 真野利之, 石原 立, 田中一郎, 柳原恵子, 寒川 , 阪本 光, 中村雄作, 楠 進. 本邦におけるバルデー・ビードル症候群の臨床的特徴.  日本神経学会 第93回近畿地方会 (2010年12月11日 大阪)

    (9) 講演会、研究会

    1. 西郷和真, 渥美正彦, 稲次洋平, 三井良之, 楠 進.  当院で経験した遺伝子異常を認めた若年性パーキンソン病の2症例.  第10回和歌山・南大阪 神経内科臨床検討会(2010年4月3日 大阪)
    2. 三井良之.  富田林保健所講演会 「高度医療処置を必要とする神経難病患者への支援のあり方」(2010年3月13日 大阪)
    3. 西郷和真. ALS学習・医療相談会. 医療相談「ALSについて、TPPVについて」富田林保健所
      (2010年1月29日 大阪)
    4. 楠 進. 「免疫性末梢神経障害の病態と糖鎖の役割」 第20回徳島神経難病治療薬研究会 (2010年6月3日 徳島)
    5. 楠 進. 教員向けセミナー 「免疫性神経疾患と糖鎖」 同志社大学京田辺キャンパス (2010年6月26日 京都)
    6. 宮本勝一, 田中紀子, 古川鋼一, 楠 進. 実験的自己免疫性脳脊髄炎の発症における複合型ガングリオシドの役割. 第5回STC研究会 (2010年7月16日~17日 米子市 鳥取)
    7. 西郷和真. 家族性ポリニューロパチーの発症前診断の問題点. 公開講座 第7回遺伝性神経難病のケア (2010年8月7日  大阪)
    8. 桑原 基. 自己免疫性ニューロパチーにおけるLM1に対する抗体について. 第13回Osaka Neurology Forum (2010年8月26日  大阪)
    9. 楠 進. 免疫介在性神経障害. 第16回糖尿病性神経障害を考える会 (2010年8月27日~28日 東京)
    10. 西郷和真. 痛み.  Presentation&Discussion ~パーキンソン病の非運動症状を考える~(2010年10月30日  大阪)
    11. 三井良之, 金子 鋭, 嶋田 裕之.  Panel discussion 「患者さんに満足いただく治療を考える」パーキンソン病フォーラム~Wearing off現象の治療を考える~(2011年3月25日 大阪)
    12. 宮本勝一. GAの最新基礎研究から学ぶこと. 第2回MS-GA-402研究会(2011年3月19日 東京)
    13. 楠 進. 糖鎖でくるんだ神経内科:その味は? 第22回洛星医師の会(2010年1月10日  京都)
    14. 楠 進. 免疫性末梢神経障害の病態と糖鎖の役割. 第20回徳島神経難病治療薬研究会(2010年6月3日  徳島)
    15. 楠 進. 免疫性末梢神経障害の病態と臨床. 第5回埼玉神経免疫研究会(2010年6月23日  川越)
    16. 楠 進. 免疫性神経疾患と複合糖質. Clinical Neuroscience in Osaka(2010年6月25日  大阪)
    17. 楠 進. 「糖尿病性神経障害と免疫・炎症」免疫介在性神経障害. 第16回糖尿病性神経障害を考える会(2010年8月27日~28  東京)

    (10) 班会議

    1. 楠 進, 宮本勝一, 三井良之, 中島一郎, 高橋利幸, 鈴木千尋. IFNβはNMOの液性因子を賦活化する. 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成21年度班会議(2010年1月27日~28日 東京)平成21年度総括・分担研究報告書pp25-26
    2. 楠 進, 小川剛, 海田賢一, 木村文彦, 鎌倉恵子, 上田昌美. 抗GM1/GalNAc-GD1a複合体抗体陽性例の解析. 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成21年度班会議(2010年1月27日~28日東京)平成21年度総括・分担研究報告書pp143-144
    3. 楠 進, 桑原基, 松井尚子, 梶龍児. 多巣性運動性ニューロパチー(MMN)における抗糖脂質抗体および抗糖脂質複合体抗体についての検討. 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成21年度班会議(2010年1月27日~28日 東京)平成21年度総括・分担研究報告書pp154-155
    4. 楠 進, 岡 昌吾, 門松 健治, 北川 裕之,宮本勝一, 西郷和真. 厚生労働省科学研究費補助金『障害者対策総合研究事業』「ニューロパチーの病態におけるプロテオグリカンの役割の解明と新規治療法の開発」班 班会議 (2010年5月8日 京都)
    5. 宮本勝一.  平成22年度難治性疾患克服研究事業説明会 (2010年5月23日  東京)
    6. 西郷和真. 『スモンに関する調査研究班』 打ち合わせ会 (2010年6月17日 京都)
    7. 楠 進.  厚生労働省科学研究費補助金 『臨床疫学調査結果・新規免疫検査結果に基づくアトピー性背髄炎の新規診断基準作成とその国内外での臨床応用』平成22年度斑会議(2010年7月24日 福岡)
    8. 西郷和真. 『スモンに関する調査研究班』 平成22年度ワークショップ(2010年7月30日 名古屋)
2009年(平成21年) 業績

(1) 英文原著
1. Saito Y, Kure-Kageyama H, Saito-Sakurai Y, Shiota M, Yokoyama A, Kusunoki S, Maegaki Y, Ohno K. Late-onset, unusual neurological symptoms in children with mycoplasma infection. Pediatric Society 2009;51:579-582.
2. Miyamoto K, Nagaosa N, Motoyama M, Kataoka K, Kusunoki S. Upregulation of water channel aquaporin-4 in experimental autoimmune encephalomyelitis. J Neurol Sci, 2009; 276: 103-107.
3. Motozaki Y, Komai K, Takahashi K, Ishida C, Ueda M, Kusunoki S, Yamada M. Polyethylene glycol interferon-a-2b-induced antibody-mediated polyradiculoneuropathy. Intern Med,2009;48:569-572.
4. Kureshiro J, Miyamoto K, Kusunoki S. Selective phosphodiesterase-3 inhibitor cilostazol ameliorates EAE. Neuroreport, 2009;20:718-722.
5. Ogawa G, Kaida K, Kusunoki S. Ueda M, Motoyoshi K, Kamakura K. Antibodies to ganglioside complexes consisting of asialo-GM1 and GQ1b or GT1a in Fisher and Guillain-Barre synfromes. J Neuroimmunol,
2009;214:125-127.
6. Kiriyama T,Hirono M, Kusunoki S, Morita D,Hirakawa M,Tonomura Y,Kitauchi T,Ueno S. Asymmetrical
weakness associated with central nervous system involvement in a patient with Guillain-Barre
syndrome. Clinical Medicine:Case Reports 2009;2:1-4.
7. Miyamoto K, Kusunoki S, Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica.
Ther Apher Dial 2009;13:505-508.

(2) 英文総説
1. Kaida K, Kusunoki S. Guillain-Barre syndrome:update in immunology and treatment. Expert Rev Neurother 2009;9:1307-1319.

(3) 和文原著
1. 荒井元美、楠 進。抗GM2抗体活性のあるIgMκM蛋白とIgMλ抗GM1抗体をともなう多巣性運動性ニューロパチー。臨床神経学49:123-126, 2009
2. 中野志仁、宮本勝一、稲次洋平、鈴木秀和、楠 進。 抗アクアポリン4抗体陽性の高齢発症反復性脊髄炎の1例 Brain and Nerve 61:601-604, 2009
3. 中條正英、木下郁夫、楠 進。頭痛、めまいを初発症状としたFisher症候群。神経内科70:498-500, 2009
4. 塩山実章、上田治夫、青松宏美、三井良之、内木義人、鮫島謙一、船内正憲、白石裕一、本村政勝、楠 進 抗MuSK抗体陽性の重症筋無力症にネフローゼ症候群が合併した1例。 臨床神経学49:424-427,2009
5.  荒井元美,楠 進。抗GM2抗体活性のあるIgMκM蛋白とIgMλ抗GM1抗体をともなう多巣性
動性ニューロパチー。神経内科70::384-389,2009

(4) 和文著書・総説
1.楠 進。抗GD1b抗体による失調性ニューロパチー。神経内科 70:384-389,2009
2.楠 進。吉良潤一、山村隆。(座談会)多発性硬化症の診療と研究の新たな展開。
カレントテラピー27: 80-90,2009
3.楠 進。特集:多発性硬化症―病態解明と治療戦略の最前線 エディトリアル。]
カレントテラピー27:7,2009
4.宮本勝一. 特集:多発性硬化症―病態解明と治療戦略の最前線 多発性硬化症の新規治療薬開発。カレントテラピー27:65-70 ,2009
5.宮本勝一,楠 進: 神経疾患最新の治療2009-2011 Guillain-Barré症候群(南江堂): 251-255, 2009.
6.宮本勝一. World Congress on Treatment and Research in Multiple Sclerosis Report. バオイジェン・アイデック・ジャパン 2009
7.楠 進。シンポジウム 末梢神経疾患研究の現在:免疫介在性ニューロパチー。臨床神経学49:956-958,2009
8.西郷和真、楠 進。急性自律性感覚性ニューロパチーの免疫学的病態。神経内科71:571-575,2009
9.宮本勝一. 医療相談「様子をみましょうと言われました」バナナチップス (特定非営利活動法MSキャビン)63: 7-9(2009)
10.宮本勝一、楠 進.オリゴクローナルバンド・IgGインデックス・ミエリンベイシック蛋白.臨床検査データブック2007-2008.(医学書院)674-675(2009)
11.上田昌美、楠 進。 複視:Fisher 症候群と関連疾患について。眼科50:1841-1845,2008.
12.高田和男、楠 進。多発性硬化症。歩行障害ハンドブック(三木隆己、嶋田裕之、編集、真興交易、東京)pp164-168, 2009
13.金田明子、楠 進。ギラン・バレー症候群などの末梢神経障害。歩行障害ハンドブック(三木隆己、嶋田裕之、編集、真興交易、東京)pp168-172, 2009
14.宮本勝一、楠 進。Guillain-Barré症候群。神経疾患最新の治療(小林祥泰、水澤英洋、編集、南江堂、東京)pp251-255, 2009
15.宮本勝一. 「副腎皮質ステロイド薬」バナナチップス (特定非営利活動法MSキャビン)60:12 (2009)
16.楠 進。糖鎖に反応する抗体は神経を破壊する。第3の生命鎖、糖鎖の謎が今、解る(古川鋼一、編集、クバプロ、東京)pp43-48, 2009  
17.宮本勝一、楠 進。 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の治療戦略。EBM神経疾患の治療(岡本幸一、棚橋紀夫、水澤英洋、編、中外医学社)pp445-449,2009
18.上田昌美、楠 進。Miller Fisher syndorome. 小児科診療72巻増刊号/特集:小児の症候群
19.三井良之、楠 進。神経・筋変性疾患。NST臨床栄養療法スタッフマニュアル(清野裕、門脇孝、中村丁次、本田佳子、編集、医学書院、東京)pp495-500,2009
20.楠 進。Research 最前線:第21回日本神経免疫学会。内科103:1656,2009
21.楠 進。とくだね(フジテレビ)におけるコメント。2009年8月14日8時放送分において。
22.楠 進。総説{Guillain-Barre症候群の臨床像、成因、治療}を読んで:GBSの明らかになった部分と今後の課題。Neurotopics のComment。2009年9月
23.楠 進。どうしましたーギラン・バレー症候群。朝日新聞 2009年10月30日
24.楠 進。Neuroimmunology 第17巻2号の特集を企画して。Neuroimmunology (神経免疫学)17:171,2009

(5) 国際学会・招待講演
1. Kusunoki S. Gangliosides and gannglioside complexes as targets for neuroimmunological diseases.
the Second German-Japanese Neuroimmunology Symposium. Eibsee, Germany.July 9-12,2009.
2. Kusunoki S. Anti-Ganglioside Antibodies and Guillain-Barre Syndrome. The 9th Annual and Oceanian Myology Center Scientific Meeting. March 25-26,2010,Seoul Korea.

(6) 国際学会発表
1. Kusunoki S, Kanata A, Kaida K. Clinical Features of Guillain Barre syndorome with anti-GD1a/GD1b IgG antibodies. Peripheral Nerve Society. Wurzburg, Germany. July 4-8, 2009. J Periph Nerv Syst 14 (Suppl):83-84.2009.
2. Kaida K, Ogawa G, Kamakura K, Motoyoshi K,Ueda-Sada M, Kusunoki S,Sonoo M,Arita M.A complex consisiting of GM1 and Ga1NAc-GD1a:A target for pure motor Guillain-Barre syndrome. 2009 Meeting of Peripheral Nerve Society. Wurzburg, Germany. July 4-8, 2009.J Periph Nerv Syst 14 (Suppl):69-70,.2009.
3. Zitman FM,Greenshields KN,Kuijf ML, Kaida K,JacobsBC,Kusunoki S,Willison HJ,Plomp JJ. Characterization of neuropathophysiological effects of anti-ganglioside complex sera at the mouse neuromuscular junction. 2009 Meeting of Peripheral Nerve Society. Wurzburg, Germany. July 4-8, 2009. J Periph Nerv Syst 14 (Suppl):162-163,2009.
4. Miyamoto K, Kusunoki S. Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica.
International Symposium New aspects of Neuromyelitis optica. Awaji, Japan, Oct 2-3, 2009
5. Kusunoki S,Kanata A, Kaida K. Guillain-Barre Syndorome with IgG anti-GD1a/GD1b complex antibodies. the 134th Annual Meeting of the American Neurological Association. Baltimore,USA. October 11-14, 2009,
6. Saigoh K, Izumikawa T, Koike T, Shimizu J, Kitagawa H,Kusunoki S. Chondroitin beta-1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase-1 (ChGn-1) missense mutations are associated with cranial neuropathy and HMSN type neuropathyneuropathies. The 134th Annual Meeting of the American Neurological Association. Baltimore,USA. October 11-14, 2009,

(7) 国内学会・招待講演
1. 楠 進。多発性硬化症の病態と治療。第73回大阪小児神経学懇話会(2009年2月12日、大阪)
2. 楠 進。免疫性ニューロパチーにおけるガングリオシドおよびガングリオシド複合体に対する抗体。都神経研先端研究セミナー(2009年2月27日、東京)
3. 楠 進。免疫性神経疾患の病態に果たす糖鎖の役割について。第2回福島末梢神経研究会 (2009年4月11日、郡山)
4. 楠 進。シンポジウム「末梢神経疾患研究の現在」:免疫介在性ニューロパチー。(SY-12-3)第50回日本神経学会総会 (2009年5月20日~22日、仙台)
5. 楠 進。免疫性末梢神経疾患の病態と治療について。第86回日本神経学会中国・四国地方会 ランチョンセミナー (2009年6月27日、広島)
6. 宮本勝一。「医学英語の向上を目指して」学生のためのClinical Pathological Conferenceでの医学英語 第61回近畿大学医学会 学術講演プログラム 平成21年7月4日 大阪狭山
7. 楠 進、海田賢一。pure motor GBS の標的抗原:GM1/Ga1NAc-GD1a複合体。第4回STC研究会(2009年7月17日~18日、鳥取)
8. 楠 進 自己免疫による末梢神経障害。 第32回神経研シンポジウム (2009年10月30日、東京)
9. 楠 進。ギラン・バレー症候群の自律神経障害。第62回日本自律神経学会総会 (2009年11月5日~6日、和歌山)

(8) 国内学会・通常発表
1. 吉良龍太郎、山口結、鳥巣浩幸、實藤雅文、石崎義人、原寿郎、吉良潤一、楠 進。小児急性散在性脳脊髄炎、多発性硬化症の全国疫学調査(第1報)-疾患定義と一次調査-。第21回日本神経免疫学会学術集会(2009年3月12日~13日、大阪)
2. 上田昌美、青松宏美、金田明子、三井良之、楠 進。GQ1b抗体、GT1a抗体陽性症例における抗体反応特異性と臨床像の検討。第21回日本神経免疫学会学術集会(3月12日~13日、大阪)
3. 金田明子、上田昌美、青松宏美、楠 進。Guillain-Barré症候群における、抗GD1a/GD1b抗体陽性症例の重症度と臨床経過の検討。第21回日本神経免疫学会学術集会(3月12日~13日、大阪)
4. 桑原基、塩山実章、三井良之、楠 進。球症状の急速な進行を認めたAOP (Acute oropharyngeal Palsy)の一例。第21回日本神経免疫学会学術集会(2009年3月12日~13日、大阪)
5. 青松宏美、上田昌美、金田明子、楠 進。CIDPにおける血中抗スルファチド抗体活性の解析。第21回日本神経免疫学会学術集会(2009年3月12日~13日、大阪)
6. 宮本勝一、呉城珠里、田中紀子、白川愛子、義江修、楠 進。実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるケモカインCCL20-CCR6系の役割。第21回日本神経免疫学会(3月12日~13日、大阪)
7. 呉城珠里、宮本勝一、元山真由美、楠 進。MS/NMOにおける血清中神経髄鞘成分に対する抗体。第21回日本神経免疫学会学術集会(3月12日~13日、大阪)
8. 後藤公文、福留隆泰、近藤誉之、楠 進、松尾秀徳。IgG抗GalNAc-GD1a抗体陽性の急性多発単神経炎型軸索型運動ニューロパチーの一例。第21回日本神経免疫学会(3月12日~13日、大阪)
9. 降矢芳子、平野牧人、楠 進、上田昌美、杉江和馬、西脇友永、上野聡。サイトメガロウィルス感染後多彩なIgM抗ganglioside抗体上昇を認めた高齢発症Guillain-Barré症候群一例。第21回日本神経免疫学会学術集会(2009年3月12日~13日、大阪)
10. 濱田征宏、上田昌美、高田和男、楠 進。GBS様の発症様式をとり人工呼吸器管理が必要であったCIDPの1例。第21回日本神経免疫学会学術集会(2009年3月12日~13日、大阪)
11. 上田昌美。 GQ1b抗体、GT1a抗体陽性症例における抗体反応特異性と臨床像の検討。第50回日本神経学会総会 (2009年5月20日、仙台)
12. 呉城珠里、宮本勝一、元山由美子、田中紀子、楠 進。MS/NMOにおける血清中神経髄鞘成分に対する抗体の検討。第50回日本神経学会総会 (2009年5月20日、仙台)
13. 宮本勝一、上田昌美、高田和男、三井良之、楠 進。経過中に抗AQP4抗体が陽転化しのMNO。第50回日本神経学会総会 (2009年5月20日、仙台)
14. 西郷和真、上田昌美、金田明子、青松宏美、楠 進。ギラン・バレー症候群における自律神経障害の解析。第50回日本神経学会総会 (2009年5月20日、仙台)
15. 三井良之、西郷和真、楠 進、服部信孝。当院で経験したPARK2の5例の臨床像について。第50回日本神経学会総会 (2009年5月20日、仙台)
16. 豊増麻美。 脳梗塞と鑑別を要したAcute Oropharyngeal Palsyの1例。第46回日本リハビリテーション医学会学術集会 (2009年 6月4日~6日、静岡)
17. 宮本勝一。NMO再発予防に対する血液浄化療法。第27回日本神経治療学会総会 (2009年6月11日~12日、熊本)
18. 原秀憲 長谷川隆典 北口正孝 西郷和真 楠 進、北本哲之。嗄声で発症した家族性致死不眠症(FFI)の1例。第188回日本内科学会近畿地方会 (2009年6月13日、大阪)
19. 稲次洋平、塩山実章、上田昌美、三井良之、楠 進。認知症・パーキンソニズムで発症した再発性多発軟骨炎の1例。日本神経学会 第90回近畿地方会 (2009年6月20日、大阪)
20. 池上郁子、塩山実章、三井良之、楠 進、宮武 淳一、嶋田 高広、金丸 昭久。末梢神経原発の悪性リンパ腫の1例。日本神経学会 第90回近畿地方会 (2009年6月20日、大阪)
21. 桑原基、阪本 光、山田郁子、中村雄作、高橋幸利。難治性てんかんを認めた若年男性の抗GluR抗体陽性辺縁系脳炎の1例。日本神経学会 第90回近畿地方会 (2009年6月20日、大阪)
22. 三井良之、竹山宜典、平野豊、村木正人、塩川泰啓、植嶋利文、橋本直樹、楠 進、松尾理。臨床医学入門教育におけるシミュレーション実習の試み。第41回日本医学教育総会および大会 (2009年7月24日~25日、大阪)
23. 宮本勝一。 抗ガングリオシド抗体の関与が考えられる神経痛性筋萎縮症の2。 第20回日本末梢神経学会学術集会 (2009年9月5日、埼玉)
24. 桑原基。 IgG抗GA1/GQ1b複合体抗体陽性Fisher 症候群の2症例。第14回日本神経感染症学会総会(2009年10月16日、栃木)
25. 西郷和真、葛本佳正、上田昌美、金田明子、青松宏美、楠 進 ギラン・バレー症候群における自律神経障害の検討。第62回日本自律神経学会総会 (2009年11月5日~6日、和歌山)
26. 塩山実章、西郷和真、鈴木聖子、青松宏美、鈴木秀和、三井良之、楠 進。視野狭窄型片頭痛の後に辺縁系脳炎様症状で発症したCADASILの1例。第37回日本頭痛学会総会(2009年11月28日~29日、栃木)
27. 豊増麻美、鈴木秀和、桑原基、宮本勝一、三井良之、楠 進。抗アクアポリン4抗体陽性であった、強皮症(SSc)、抗リン脂質抗体症候群(APS)合併、多発性中枢神経病変の60歳女性例。第91回近畿地方会 (2009年12月5日、京都) 
28. 北田茉里、塩山実章、鈴木秀和、三井良之、楠 進。比較的良好な経過を示した抗GluR抗体関連脳炎。日本神経学会 第91回近畿地方会 (2009年 12月 5日、京都) 

(9) 講演会
1. 宮本勝一.当院における多発性硬化症の再発予防.兵庫県多発性硬化症の治療講演会 アボネクス2周年記念(2月20日、神戸)

2. 宮本勝一.初心者のための多発性硬化症.MSキャビン・大阪セミナー(2月21日、大阪狭山)
3.  楠 進。免疫性ニューロパチーにおけるガングリオシドおよびガングリオシド複合体に対する抗体。都神経研先端研究セミナー(2月27日、東京)
4. 三井良之.神経難病と認知症について.富田林保健所(3月2日)
5. 三井良之.脊髄小脳変性症について.藤井寺保健所(6月29日)
6. 三井良之.パーキンソン病 -病気の理解と最近の治療.富田林保健所(10月19日)
7. 宮本勝一.ナースのためのMS基礎知識.南大阪MSナースハンズオンセミナー
(10月31日、大阪)

8 西郷和真.常染色体優性遺伝形式で発症する成人型白質ジストロフィーについて.
第3回大阪最先端治療フォーラム(11月20日)
9. 三井良之.神経難病患者と医療処置導入.富田林保健所(12月12日)
10. 宮本勝一.グラチラマー酢酸塩(コパキソン).第6回 多発性硬化症フォーラム
(12月13日、東京)


(10) 班会議
1. 楠 進、宮本勝一。経過中に抗AQP4抗体が陽転化したNMO。厚生労働省科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成20年度班会議(2009年1月28日~29日、東京)
2. 楠 進、海田賢一、小川剛、汐崎祐、元吉和夫、鎌倉恵子、上田昌美、園生雅弘。Pure motor GBSの標的抗原:GM1/GalNAc-GD1a複合体。厚生労働省科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班  平成20年度班会議(2009年1月28日~29日、東京)
3. 楠 進、金田明子、上田昌美、青松宏美。Guillain-Barré症候群における、抗GD1a/GD1b抗体陽性症例の臨床的解析。厚生労働省科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班  平成20年度班会議(2009年1月28日~29日、東京)
4. 西郷和真.スモン調査研究班 近畿ブロック研究会−近畿大学神経内科における検診・研究活動方針 (6月18日 メルパルク京都)
5. 西郷和真.第 4 回 JAMSAC 実務者会議 東京フォーラム(6月20日)
6. 楠 進。厚生労働省科学研究費補助金『アトピー性脊髄炎診断基準の作成とそれに基づいた臨床疫学調査の実施』班 班会議 (2009年9月18日 福岡)
7. 楠 進。平成21年度 厚生労働省科学研究費補助金(特別研究事業)『副反応モニタリング体制の検討に関する研究』班 第1回新型インフルエンザワクチン副反応研究班 班会議 (2009年10月11日 東京)
8. 楠 進。厚生労働省科学研究費補助金『スモンに関する調査研究』班 スモンの集い(2009年11月7日 東京)
9. 楠 進。平成21年度 厚生労働省科学研究費補助金(特別研究事業)『副反応モニタリング体制の検討に関する研究』班 第2回班会議 (2009年11月27日 東京)
10. 青松宏美、楠 進。慢性ニューロパチーにおける硫酸化糖鎖抗原に対する血中抗体の検討。厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費『難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発』班 平成21年度班会議 (2009年12月2日 東京)
11. 楠 進。平成21年度 厚生労働省科学研究費補助金(特別研究事業)『副反応モニタリング体制の検討に関する研究』班 第3回班会議 (2009年12月24日 東京)

(11) 研究会・その他
1. 楠 進。多発性硬化症の病態と治療。第73回大阪小児神経懇話会 (2月12日、大阪)
2. 楠 進。免疫性神経疾患の病態に果たす糖鎖の役割について。第2回福島末梢神経研究会 
(4月11日、福島)
3. 楠 進。糖鎖に対する抗体と神経障害。神戸薬科大学生科学研究室にて
(2009年4月18日、神戸)
4. 塩山実章。糖尿病性神経障害におけるaldose reductase と一酸化炭素の関係。第15回糖尿病性神経障害を考える会 (2009年8月28日~29日、東京)
5. 楠 進。免疫性神経疾患の病態における糖鎖の役割について。第43回摩耶神経カンファレン
(10月16日、神戸)
6. 宮本勝一.骨髄移植後に多発性硬化症を発症した症例.第4回 南大阪神経免疫セミナー
(10月22日、堺)

7. 三井良之.パーキンソン病治療の現状と新たな知見 -コムタンが導入されてからのwearing off対策を考える.パーキンソン病フォーラム in 大阪(10月29日)
8. 西郷和真.遺伝性神経難病医療相談会 大阪府急性期医療センター(12月6日)

2008年(平成20年) 業績

(1) 英文原著
1. Takada K, Shimizu J, Kusunoki S. Apoptosis of primary sensory neurons in GD1b-induced sensory ataxic neuropathy. Exp Neurol 2008;209: 279-283.
2. Miyamoto K, Takada K, Furukawa K, Furukawa K, Kusunoki S. Roles of complex gangliosides in the development of experimental autoimmune encephalomyelitis. Glycobiology 2008; 18:408-413.
3. Kanzaki M, Kaida K, Ueda M, Morita D, Hirakawa M, Motoyoshi K, Kamakura K, Kusunoki S. Ganglioside complexes containing GQ1b as targets in Miller Fisher and Guillain-Barré syndromes. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2008; 79: 1148-1152.
4. Kaida K, Kamakura K, Ogawa G, Ueda M, Motoyohi K, Arita M, Kusunoki S. GD1b-specific antibody induces ataxia in Guillain-Barré syndrome. Neurology 2008; 71: 196-201.
5. Moriya M, Nakatsuji Y, Miyamoto K, Okuno T, Kinoshita M, Kumanogoh A, Kusunoki S, Sakoda S. Edaravone, a free radical scavenger, ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis. Neurosci Lett 2008; 440: 323-326.
6. Furiya Y, Hirano M, Kusunoki S, Ueda M, Nishiwaki T, Ueno S. Complete recovery of an aged patient with Guillain-Barré syndrome associated with multiple IgM anti-ganglioside antibodies. Muscle Nerve 2008; 38: 1630-1633.
7. Kaida K, Sonoo M, Ogawa G, Kamakura K, Ueda M, Arita M, Motoyoshi K, Kusunoki S. GM1/GalNAc-GD1a complex: a target for pure motor Guillain-Barré syndrome. Neurology 2008; 71: 1683-1690.
8. Kuwabara M, Shimono T, Toyomasu M, Shioyama M, Mitsui Y, Yoshinaga E, Kawada A, Hosono M, Murakami T, Kusunoki S. “Prominent ear sign” on diffusion-weighted magnetic resonance imaging in relapsing polychondritis. Radiat Med 2008; 26: 438-441.
9. Kaida K, Kamakura K,Ogawa G,Ueda M, Motoyoshi K, Arita M,Kusunoki S.GD1b-specific antibody induces ataxia in Guillain-Barre syndrome. Neurology. 2008;71:196-201.

(2) 英文総説
1. Kusunoki S, Kaida K, Ueda M. Antibodies against gangliosides and ganglioside complexes in Guillain-Barré syndrome: New aspects of research. Bioch Biophys Acta 1780: 441-444, 2008.
2. Kusunoki S. Molecular mimicry in development of Guillain-Barré syndrome. Journal Watch Neurology 10: 6-7, 2008.
3. Kaida K, Kusunoki S. Ganglioside complexes as target antigens in Guillain-Barré syndrome and related disorders. Future Lipidol 3: 425-434, 2008.

(3) 和文原著
1. 金田明子、西郷和真、三井良之、北本哲之、楠 進。臨床・画像的に、変異型Creutzfeldt-Jakob病との鑑別が問題となったGerstmann-Sträussler-Scheinker症候群の1例。臨床神経学48:179-183,2008;,
2. 呉城珠里、葛本佳正、青松宏美、楠 進。急性散在性脳脊髄炎様病態を続発した、肺炎球菌性髄膜脳炎の1例。臨床神経学48:255-258, 2008
3. 牧野ふみ、小島康祐、井上学、里井斉、神田益太郎、柴崎浩、楠 進。バリスムをともない免疫グロブリン療法が効を奏したBickerstaff型脳幹脳炎・軸索型Guillain-Barré症候群合併例。臨床神経学48:501-504, 2008
4. 中尾雄三、山本肇、有村英子、飯沼直子、下村嘉一、中村雄作、山田郁子、阪本光、楠 進、
宮本勝一。抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎の臨床的特徴。神経眼科25:327-342, 2008
5. 葛本佳正、塩山実章、河本耕平、生田裕弘、三井良之、楠 進。フェニトイン投与後に薬剤過敏症症候群を認めた、インフルエンザ脳症後遺症の一例。大阪てんかん研究会雑誌 19:25-29,2008
6. 楠 進。炎症と末梢神経疾患(免疫性末梢神経障害について)。日本内科学会雑誌97:539-543, 2008 

(4) 和文著書・総説
1. 宮本勝一、楠 進 IgGインデックス、髄液ミエリン塩基性蛋白、髄液オリゴクローナルバンド。臨床検査データブック 2007-2008(黒川清、春日雅人、北村聖、編集、医学書院、東京) pp658-659, 2007 
2. 宮本勝一. 多発性硬化症の新薬開発の現状:世界の動向と日本.多発性硬化症の診断と治療
(新興医学出版社)271-277,2008
3.  楠 進 リピドラフトの自己免疫からみた末梢神経障害;Guillain-Barre 症候群をモデルとして。
Autoimmunity against lipid raft:as a possible pathogenetic mechanism of Guillain-Barre syndrome.
Medical Science Digest Vol34(1),2008
4. 楠 進 書評「はじめての神経内科」(武田克彦、水野智之、著、中外医学社)
Clinical Neuroscience 26: 215, 2008
5. 楠 進 自己免疫性ニューロパチーの新しい動物モデル。日本臨牀 66:1036-1038, 2008  
6.  三井良之、楠 進。多発性神経炎。綜合臨牀57: 1411-1413,2008
7.  宮本勝一、楠 進。アクアポリン抗体の特異性。Clinical Neuroscience26:767-769, 2008
8.  上田昌美 楠 進。脳幹脳炎の血清学的診断。神経内科69:60-64, 2008
9.  三井良之 楠 進。傍腫瘍性神経症候群: 診断と治療の進歩 障害部位・病態による臨床病型 
末梢神経の障害 日本内科学会雑誌97:1771-1777, 2008
10. 宮本勝一. 「MSはうつる?」 バナナチップス (特定非営利活動法MSキャビン) 58: 8-9 (2008)
11.  楠 進。末梢神経障害の研究-最新の進歩-免疫関連性ニューロパチー。
臨床神経学 48:1023-1025, 2008
12. 楠 進。免疫関連療法の新しい展開:免疫グロブリン大量療法。神経治療学25:689-692, 2008
13. 西郷和真、楠 進。急性自律神経性ニューロパチー。Clinical Neuroscience 26:1226-1227,2008
14. 楠 進。ギランバレー症候群 はじめにー最近の進歩と残る問題点。医学のあゆみ 別刷Vol.226 No.2, 226:123,2008
15. 楠 進。とくだね(フジテレビ)におけるコメント。2008年11月17日8時放送分において。
16. 楠 進。「医師不足」についての考察:「仁和寺の法師」にならないように。内科103:146, 2008.
17. 楠 進。神経内科疾患と糖鎖の多様性。近畿大医誌 第33巻4号 巻頭言, 2008

(5) 国際学会・招待講演
1. Kusunoki S. Antibodies to gangliosides and ganglioside complexes in autoimmune neuropathies. Ninth International Congress of Neuroimmunology. Fort Worth, Texas, USA. October 26-30, 2008. J Neuroimmunol 203: 261-262, 2008.

(6) 国際学会発表
1. Kusunoki S, Ueda M, Kaida K. Serological characteristics of Bickerstaff's brainstem encephalitis: Comparison with Miller Fisher and Guillain-Barré syndromes. Inflammatory Neuropathy Consortium (INC) Meeting. Paris, France. July 4-5, 2008. J Periph Nerv Sys 13: 173-174, 2008.
2. Saigoh K, Masumoto K, Nagano M, Hayasaka N, Shigeyoshi Y, Kusunoki S. Localization and Expression Cycle of Supra-Chiasmatic Nucleus of [alpha]-2,8-Sialyltransferase 8F (ST8Sia VI) Gene in Mouse Brain. 133rd ANA Salt Lake City, Sept. 22, 2008.
3. Miyamoto K, Kureshiro J, Kusunoki S. The treatment with selective phosphodiesterase-3 inhibitor cilostazol for experimental autoimmune encephalomyelitis. Ninth International Congress of Neuroimmunology. Fort Worth, Texas, USA. October 26-30, 2008. J
4. Kaida K, Sonoo M, Ogawa G, Kamakura K, Ueda M, Arita M, Motoyoshi K, Kusunoki S. GM1/GalNAc-GD1a complex : A target for pure motor Guillain-Barré syndrome. Ninth International Congress of Neuroimmunology. Fort Worth, Texas, USA. October 26-30, 2008. J Neuroimmunol 203: 182, 2008

(7) 国内学会・招待講演
1. 楠 進。糖鎖に反応する抗体は神経を破壊する。Functional Glycomics研究成果公開発表シンポジウム 第3の生命鎖:糖鎖の謎が今、解る。 (2008年1月25日~26日、東京)抄録集pp 14-15, 2008
2. 宮本勝一.NMOにおける血液浄化療法について.第29回日本アフェレーシス学会.(2008年11月23日 広島)
3. 楠 進。シンポジウム「末梢神経障害の研究-最近の進歩-」:免疫関連性ニューロパチー。(SY-11-2)第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
4. 楠 進。免疫性ニューロパチーの病態解明:最近の話題について。静岡神経免疫研究会(2008年7月11日、静岡)。
5. 楠 進。ガングリオシドおよびガングリオシド複合体に対する抗体とGuillain-Barré症候群。第3回スフィンゴテラピィ研究会(2008年7月18日~19日、大山)。
6. 楠 進。免疫性神経疾患の病態における糖鎖の役割について。第35回城南神経懇話会(2008年10月9日、東京)

(8) 国内学会・通常発表
1. 宮本勝一。実験的自己免疫性脳脊髄炎における複合型ガングリオシドの役割(続報)。第20回日本神経免疫学会学術集会 (2008年4月17~18日 新潟)
2. 上田昌美。抗GQ1b抗体関連疾患における抗体の反応特異性の検討。第20回日本神経免疫学会学術集会 (2008年4月17~18日 新潟)
3. 金田明子、上田昌美、青松宏美、楠 進。ギラン・バレー症候群における、抗ガングリオシド抗体陽性率の検討。(2-4-5)第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
4. 上田昌美、三井良之、楠 進。Bickerstaff型脳幹脳炎における抗ガングリオシド抗体の反応特異性の検討。(3-6-1)第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
5. 宮本勝一、松下拓也、吉良潤一、楠 進。脊髄長大病変を有する多発性硬化症に対するIFNβ治療。(PT-110)第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
6. 西郷和真、高田和男、三井良之、楠 進。X染色体性Charcot-Marie-Tooth病(CMTX1)における新しい点変異。(PU-103))第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
7. 辻浩史、石井亜紀子、保坂愛、詫間浩、冨所康志、中馬越清隆、石井一弘、渡邊雅彦、楠 進、玉岡晃。M蛋白血症を伴うニューロパチーの臨床像及び治療法に関する検討。(PU-107)第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
8. 三井良之、葛本佳正、楠 進。ドパミン作動薬治療の問題点-心臓弁膜症問題から見えてきたこと-。(PI-304)第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
9. 呉城珠里、宮本勝一、楠 進。実験的自己免疫性脳脊髄炎に対するcilostazolの治療効果。(PT-308)第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
10. 小川剛、海田賢一、上田昌美、元吉和夫、鎌倉恵子、楠 進。Guillain-Barré症候群における抗GA1-IgG抗体の臨床的意義の検討。(PU-303)第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
11. 神崎真実、海田賢一、上田昌美、元吉和夫、鎌倉恵子、楠 進。眼球運動障害を伴う急性炎症性脱髄神経炎における抗ガングリオシド複合体抗体。(PU-305)第49回日本神経学会総会(2008年5月15日~17日、横浜)
12. 宮本勝一、上田昌美、鈴木聖子、横山和正、松下拓也、楠 進。血液浄化療法が有効であったNMO症例。第26回日本神経治療学会総会(2008年6月26日~27日、横浜)
13. 濱哲夫、川頭祐一、小池春樹、渡辺宏久、平山正昭、祖父江元、楠 進。IgM gammopathyを伴い、抗IgM GD1b抗体、抗IgM GM1抗体が陽性であった自己免疫性ニューロパチーの1例。第26回日本神経治療学会総会(2008年6月26日~27日、横浜)
14. 原秀憲、西郷和真、豊増麻美、上田昌美、三井良之、塩山実章、楠 進。成人発症カルバミルリン酸合成酵素1(CPS1)欠損症の急性期、慢性期の治療について。第26回日本神経治療学会総会(2008年6月26日~27日、横浜)
15. 塩山実章、稲次洋平、三井良之、楠 進。Campylobacter fetus による髄膜炎の2例。日本神経学会 第88回近畿地方会 (2008年7月12日、神戸)
16. 鈴木聖子、稲次洋平、塩山実章、西郷和真、三井良之、楠 進、吉川構。眼窩尖端症侯群をきたした副鼻腔原発頭蓋内侵襲性アスペルギルス症の1例。日本神経学会 第88回近畿地方会 (2008年7月12日、神戸)
17. 濱哲夫、川頭祐一、小池春樹、渡辺宏久、平山正昭、祖父江元、楠 進。IgM gammopathyを伴い、抗IgM GD1b抗体、抗IgM GM1抗体が陽性であった自己免疫性ニューロパチーの1例。第19回日本末梢神経学会学術集会(2008年9月5日~6日、名古屋)。
18. 宮本勝一、荒木麻利子、桑原基、稲次洋平、葛本佳正、楠 進。IVIgが無効で免疫吸着療法が著効したCIDPの2症例。第19回日本末梢神経学会学術集会(2008年9月5日~6日、名古屋)
19. 田代研之、渡辺暁博、湊誠一郎、中園紀幸、池田徳朗、楠 進。限局性の高度脱力をきたしたギラン・バレー症候群の2症例。第181回日本神経学会九州地方会(2008年3月15日、福岡)
20. 豊増麻美、上田昌美、呉城珠里、塩山実章、大野恭裕、宮本勝一、三井良之、楠進。髄膜炎が先行し、下垂体前葉機能低下をきたした急性散在脳脊髄炎(ADEM)と考えられる一例。第13回日本神経感染症学会学術集会(2008年10月10日~11日、東京)
21. 濱哲夫、川頭祐一、小池春樹、渡辺宏久、平山正昭、祖父江元、楠 進。IgM gammopathyを伴い、抗IgM GD1b抗体、抗IgM GM1抗体が陽性であった自己免疫性ニューロパチーの1例。第120回日本神経学会東海北陸地方会(2008年3月8日、名古屋)
22. 丹野雄平、戸田麻衣子、上村紀仁、片山尚子、服部頼都、宮城愛、正崎泰作、森仁、大田健太郎、北口浩史、進藤克郎、山尾房枝、大井長和、楠 進。GQ1b抗体陽性を示したpharyngeal-cervical-brachial (PCB) variant of GBSの一症例。第182回日本神経学会九州地方会(2008年6月14日、鹿児島)
23. 上村紀仁、佐藤眞也、丹野雄平、戸田麻衣子、片山尚子、正崎泰作、宮城愛、服部頼都、森仁、大田健太郎、北口浩史、進藤克郎、山尾房枝、大井長和、楠 進。眼球運動障害と難聴を示したBickerstaff脳炎の一例。第182回日本神経学会九州地方会(2008年6月14日、鹿児島)
24. 原秀憲、西郷和真、豊増麻美、上田昌美、塩山実章、三井良之、堀内正久、佐伯武頼、楠 進 第50回日本先天代謝異常学会・併催第7回アジア先天代謝異常シンポジウム (2008年11月6日~8日、鳥取)
25. 井本真由美、古垣内美智子、森嶋祥之、内藤昭智、上 俊法、田中裕滋、豊増麻美、塩山実章、楠 進、鮫島謙一、船内正憲、櫻林郁之介。血中および尿中に低分子IgMが出現した混合型クリオグロブリン血症の一例。第55回日本臨床検査医学会学術集会(11月28日~30日、名古屋)。
26. 永井太士、坂井研一、原口俊、田邊康之、高田裕、信国圭吾、井原雄悦、楠 進。内眼筋麻痺を示したFisher症候群の1例。第84回日本神経学会中国・四国地方会(2008年7月5日、米子)
27. 岡崎真央、桑原基、塩山実章、楠 進。急速な症状の進行を認めたAOP(Acute Oropharyngeal Palsy)の一例。日本神経学会第89回近畿地方会(2008年12月6日、大阪)
28. 大封昌子、中谷嘉文、小林勝哉、渡邊究、三枝隆博、吉川義顕、宮崎之男、楠 進。アレルギー性紫斑病に合併した急性多発ニューロパチーの1例。日本神経学会第89回近畿地方会(2008年12月6日、大阪)
29. 濱田征宏、上田昌美、楠 進。血漿交換、IVIg、ステロイドパルスが無効で経口ステロイド療法が著効した、急激な経過を認めたCIDPの1例。日本神経学会第89回近畿地方会(12月6日、大阪)

(9) 講演会
1.三井良之.神経難病の在宅終末期ケアをどのように支援し看取りへつなげてゆくか.
第2回南大阪神経難病医療ネットワーク検討会シンポジウム(2月16日)
2.宮本勝一.初心者のための多発性硬化症.MSキャビン・大阪セミナー(2月16日、大阪狭山)

3.宮本勝一.多発性硬化症のあらまし.MSキャビン・多発性硬化症フォーラム(6月8日、大阪)

4.三井良之.多系統萎縮症 -病気の理解と最新の治療.富田林保健所(6月23日)
5.三井良之.entacapone使用により症状が安定したARJPの一例.コムタン講演会
(7月17日、大阪)
6.楠 進。CIDP及び関連疾患の病態と治療について。第3回CIDP医療講演会
(9月21日、神戸)
7.楠 進。ギラン・バレー症候群の診断と治療。ギラン・バレー症候群研修会・交流会
(11月8日、和歌山)
8. 宮本勝一.当院における多発性硬化症の再発予防治療.
大阪多発性硬化症の治療講演会 アボネックス2周年を記念して(2008年11月27日、大阪)

9.楠 進。パーキンソン病の診断と治療について。大阪狭山市医師会生涯教育研修会
(12月8日、大阪狭山市)

(10) 班会議
1. 青松宏美、上田昌美、金田明子、楠 進。慢性ニューロパチーにおける血中抗スルファチド抗体活性の解析。厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費『難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発』班 平成20年度班会議(2008年12月3日、東京)
2. 宮本勝一、楠 進。経過中に抗AQP4抗体が陽転化したNMO。厚生労働省科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成20年度班会議(2009年1月28日~29日、東京)
3. 楠 進、海田賢一、小川剛、汐崎祐、元吉和夫、鎌倉恵子、上田昌美、園生雅弘。Pure motor GBSの標的抗原:GM1/GalNAc-GD1a複合体。厚生労働省科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班  平成20年度班会議(2009年1月28日~29日、東京)
4. 楠 進、金田明子、上田昌美、青松宏美。Guillain-Barré症候群における、抗GD1a/GD1b抗体陽性症例の臨床的解析。厚生労働省科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班  平成20年度班会議(2009年1月28日~29日、東京)
5. 西郷和真.スモン調査研究班 近畿ブロック研究会−近畿大学神経内科における検診・研究活動方針 (6月19日 メルパルク京都)
6. 楠 進。厚生労働省科学研究費補助金『アトピー性脊髄炎診断基準の作成とそれに基づいた臨床疫学調査の実施』班 班会議 (2009年9月18日 福岡)
7. 楠 進。平成21年度 厚生労働省科学研究費補助金(特別研究事業)『副反応モニタリング体制の検討に関する研究』班 第1回新型インフルエンザワクチン副反応研究班 班会議 (2009年10月11日 東京)
8. 楠 進。厚生労働省科学研究費補助金『スモンに関する調査研究』班 スモンの集い(2009年11月7日 東京)

(11) 研究会・その他
1. 宮本勝一.脊髄長大病変を有する多発性硬化症の治療.第41回 南大阪神経カンファレンス
(2008年2月14日、堺)

2. 宮本勝一.実験的自己免疫性脳脊髄炎における複合型ガングリオシドの役割.
平成20年度生理学研究所研究会(2008年5月23日、愛知県岡崎市)

3.  楠 進。免疫性ニューロパチーの病態解明:最近の話題について。
静岡神経免疫研究会(2008年7月11日、静岡)
4.  楠 進。免疫性神経疾患の病態における糖鎖の役割について。
第35回城南神経懇話会 (2008年10月9日、東京)
5.  楠 進。神経免疫疾患の病態と糖鎖。第9回神奈川免疫性脳・神経疾患研究会 
(2008年10月17日、横浜)
6. 西郷和真.遺伝性神経難病医療相談会 大阪府急性期医療センター(12月7日)

近畿大学医学部神経内科学教室  〒589-8511 大阪狭山市大野東377-2 Phone:072-366-0221 Fax:072-368-4846