糖脂質抗体測定 お申込方法 2014年度-2

抗糖脂質抗体検査を御依頼の先生方へいつも抗糖脂質抗体測定依頼を頂きありがとうございます。
ここ数年、抗体測定依頼件数が増加傾向であり、最近では3000?4000/年となっています。
できるかぎり迅速に対応させて頂いておりますが、1日の作業時間内に測定できる検体数には限りがあるため、
従来のペースでのお返事が難しくなってきております。今後、結果の御返事には従来よりも日数がかかることが予想されます。

先生方には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒宜しくご了承の程、お願い申し上げます。
201474日 楠 進

抗糖脂質抗体について:抗糖脂質抗体は、Guillain-Barre症候群(GBS) 、Miller Fisher症候群(MFS)、CIDP、multifocal motor neuropathy、IgMパラプロテイン血症を伴うニューロパチーなどの免疫性末梢神経障害で血中にみられ、診断に有用です。また脳炎、脳脊髄炎や運動ニューロン疾患の一部でもみられることがあります。

〔検査項目〕
 GM1, GM2, GM3, GD1a, GD1b, GD3, GT1b, GQ1b, Gal-C (galactocerebroside)の9種類の糖脂質に対するIgM, IgGクラスの抗体をルーチンに測定しています。
 症例に応じて、GalNAc-GD1a, GT1a, SGPGに対する抗体も検査致します。また、GBS, MFS, 先行感染を伴うneuropathyの場合は、糖脂質とPA (phospahtidic acid)の混合抗原に対するIgGクラスの抗体測定も行います。これにつきましてはKusunoki S, et al:Muscle Nerve 27:302-6, 2003をご参照下さい。

<抗体測定依頼方法>
アンケートWEBで受付→入力後に、【郵送書類の印刷・ダウンロード 】PDFが印刷できる画面になります。
このPDFを印刷して、そのなかにある「抗体測定の宅配物チェック項目」という郵送手順が記載された案内用紙に従ってお送り下さい。
4点セット<「糖脂質抗体測定アンケート用紙(郵送用)」や「神経疾患における自己抗体の研究への協力の同意文書」(PDFのなか)等>を同封して
冷凍タイプ で、平日午前中の到着指定 でお送り下さい。 (土日祝日は受取りできません)

なお、上記の「糖脂質抗体測定アンケート用紙(郵送用)」や「神経疾患における自己抗体の研究への協力の同意文書」等がないと検査をお受けできません。
「神経疾患における自己抗体の研究への協力の同意文書」はPDFのなかですが、あらかじめ 同意書が必要な方はここから
同意書に不備が多々あります。記載漏れは、検査ができませんのでご留意ください。

※2017年2月11日にサーバ切替が完了し、抗糖脂質抗体測定アンケート(アンケートWEB)の受付を再開しました。
 今後は、これまでのUMINサーバ(plaza.umin.ac.jp)から独自ドメイン「glyco-neurology.jp」での運用に変わります。

〔経時測定について〕
 抗体陽性例の治療後の検査も受けつけております。
依頼の際は、新規にWEB登録をお願いします。「前回測定した検体番号」欄に入力して、後に判明した追加情報も入力してください。新しく登録したアンケート用紙を含む4点セットでお送り下さい。 

〔ご質問のある場合〕 〔学会報告や論文発表などをされる場合〕
 koutai(アットマーク)med.kindai.ac.jp までご連絡をお願い致します。