神経内科では、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を取り扱います。
主な対象疾患は下記の通りであり、厚生労働省により難病に指定された疾患が多く含まれています。
高齢化社会をむかえて、重要性の増している分野であり、研究も活発に行なわれています。
神経変性疾患
:パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病など
免疫性神経疾患
:多発性硬化症、重症筋無力症、多発性筋炎、ギラン・バレー症候群など
感染性疾患
:脳炎、髄膜炎、クロイツフェルトヤコブ病など
機能性疾患
:てんかん、頭痛など
脳血管障害
:脳梗塞など
その他
:筋ジストロフィー、ミトコンドリア脳筋症など
 News
back number
2016.6.21〜24.
2019.5.23~26
第60回日本神経学会学術大会を、楠教授が会長を務めて開催します。
2017.4.15

森口幸太先生(大学院生)の論文がJournal of Neuroimmunology誌に掲載されます。
Moriguchi K, et al. 4-Aminopyridine ameliorates experimental autoimmune neuritis in Lewis rats. J Neuroimmunol. 2017;305:72-74.

2017.4.9
第2回神経治療研修会を当科主催にて開催します。
2016.10月

楠進教授が、日本神経免疫学会の理事長に就任し、当医局が学会事務局を担当することになりました。

2016.9月

楠教授が、日本末梢神経学会の理事長に就任されました。

2016.8.26-27

第27回日本末梢神経学会学術集会(当科主催・会長 楠進)は、おかげさまで多くのご参加をい ただき無事盛会のうちに終了いたしました。
2017.1.3

岡崎真央先生の論文がCase report in Neurology誌にonline掲載されました
Okazaki M, et al. Treatable Leukoencephalopathy in a Patient with Hypophosphatemia. Case Rep Neurol. 2016;8:264-271. epub ahead of print

2016.12.26

桑原 基講師の論文がJournal of Neurology誌にonline掲載されました
Kuwahara M, et al. Characterization of the neurological diseases associated with Mycoplasma pneumoniae infection and anti-glycolipid antibodies. J Neurol. 2016; 264(3):467-475. epub ahead of print

2016.12.17

神経内科医局忘年会を開催しました。

神経内科医局忘年会を開催しました。
2016.12.15
森川みゆき先生(大学院生)の論文がJournal of Neuroimmunology誌に掲載されました。
Morikawa M, et al. Serological study using glycoarray for detecting antibodies to glycolipids and glycolipid complexes in immune-mediated neuropathies. J Neuroimmunol.2016; 301: 35-40.
2016.12.15
寒川 真先生の論文がJournal of Neuroimmunology誌に掲載されました。 Samukawa M, et al. Electrophysiological assessment of Guillain-Barré syndrome with both Gal-C and ganglioside antibodies; tendency for demyelinating type. J Neuroimmunol.2016; 301: 61-64.
2016.12.7
平野牧人准教授の論文がJournal of the Peripheral Nervous System誌に掲載されました。
Hirano M, Oka N, Hashiguchi A, Ueno S, Sakamoto H, Takashima H, Higuchi Y, Kusunoki S, Nakamura Y. Histopathological features of a patient with Charcot-Marie-Tooth disease type 2U/AD-CMTax-MARS. J Peripher Nerv Syst. 2016; 21:370-374.
2016.10.16~18

American Neurological Association Annual Meeting 2016 (Baltimore, USA)に楠教授、平野准教授、寒川先生、磯野先生(言語療法士)が参加し、それぞれの演題を発表しました。


2016.6.21~24

Peripheral Nerve Society 2016 /Inflammatory Neuropathy Consortium 2016 (Glasgow, Scotland)に楠教授、桑原先生、寒川先生が参加し、それぞれの講演・演題を発表しました。

講演・演題発表
講演・演題発表
2016.3.15
2016.1.20
西郷和真准教授の論文がNeuroscience Research誌に掲載されました。
Saigoh K, Yoshimura S, Izumikawa T, et al. Chondroitin sulfate β-1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase-1 (ChGN-1) polymorphism: Association with progression of multiple sclerosis. Neurosci Res. 2016. In Press
近畿大学医学部神経内科学教室  〒589-8511 大阪狭山市大野東377-2 Phone:072-366-0221 Fax:072-368-4846