研究業績

平成11年【論文・著作】

  • 下村 嘉一:角膜真菌症①: 起炎菌の変遷と最近の特徴, 新図説臨床眼科講座, 感染症とぶどう膜炎. メジカルビュー社, pp86-87, 1999.
  • 下村 嘉一:角膜真菌症②: 臨床像と診断, 新図説臨床眼科講座, 感染症とぶどう膜炎. メジカルビュー社, pp88-89, 1999.
  • 下村 嘉一:角膜真菌症②: 治療, 新図説臨床眼科講座 感染症とぶどう膜炎. メジカルビュー社, pp90-91, 1999.
  • 下村 嘉一:二重前房への対処. 月刊眼科診療プラクティス 51 角膜移植とアイバンク, 文光堂, pp33, 1999.
  • 下村 嘉一:治療的角膜移植. 月刊眼科診療プラクティス 51 角膜移植とアイバンク, 文光堂, pp44-47, 1999.
  • 下村 嘉一:最近の遺伝性角膜変性症. 日本の眼科70: 507, 1999.
  • Shimomura Y, Tsujikawa M他(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School):Identification of the gene responsible for gelatinous drop-like corneal dystrophy. Nature Genetics21: 420-423, 1999.
  • Shimomura Y, Inoue T他(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School): Utility of fungiflora Y stain in rapid diagnosis of Acanthamoeba keratitis. Br. J Ophthalmol83: 632-633, 1999.
  • Shimomura Y: Double anterior chamber deep lamellar keratoplasty:Case report. Cornea18: 240-242, 1999.
  • Shimomura Y:Reactivation of herpes virus after lamellar keratoplasty. Jpn J Ophthalmol43: 257-261, 1999.
  • 下村 嘉一:遺伝性角膜変性症の分子遺伝学. 日本眼科学会雑誌103: 711-712, 1999.
  • 下村 嘉一:感染性角膜炎に対する薬物療法. 日本の眼科70: 1141-1144, 1999.
  • 下村 嘉一, 臼井 審一(大阪大学):円錐角膜におけるコンタクトレンズを使用した眼内レンズ度数計算. 日本眼科紀要50: 710-714, 1999.
  • 下村 嘉一:レーザー手術による遠視矯正(翻訳). Vision Times6: 14-16, 1999.
  • Shimomura Y, Miyazaki D他(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School):T-cell-mediated immune responses in alloepithelial rejection after murine keratoepithelioplasty. Invest Ophthalmol Vis Sci40: 2590-2597, 1999.
  • 下村 嘉一, 井上由美子(大阪大学)他:エキシマレーザー治療的角膜切除術を施行したホモ接合体 R124H 変異. Avellino 角膜変性症の1例. あたらしい眼科16: 1559-1562, 1999.
  • Shimomura Y, Hori Y他(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School):Medical treatment of operative corneal peforation caused by laser in situ keratomileusis. Arch Ophthal117: 1422-1423, 1999.
  • Matsumoto C, Okuyama S, Iwagaki A, Takada S, Otori T:Automated flicker perimetry in glaucoma and retinal detachment patients. Wall M, Wild JM: (eds), Perimetry Update1998/1999, Kugler Publ Amusterdam/New York , pp85-92, 1999.
  • 松本 長太:自動瞳孔視野計の開発研究について. 科学研究費補助金研究成果報告書, 文部省
  • 松本 長太:アトピーと眼病変. 日本の眼科70: 605, 1999.
  • 松本 長太:眼科検査法を検証するV. 網膜・消子体 CFF. 臨床眼科52: 225-229, 1999.
  • 松本 長太:視野検査時の屈折矯正. 日本医事新報3928号: 162-163, 1999.
  • 松本 長太:時間短縮アルゴリズムによる閾値測定法. Living Eyes9号: 10-11, 1999.
  • 松本 長太:眼圧と視野-最近のトピックス-. Medical Tribune 2号: 33, 1999.
  • 宮本 裕子:コンタクトレンズデータブック2000. メジカルビュー社, 1999.
  • 宮本 裕子, 安田富美子, 立花 都子, 福田 昌彦, 大鳥 利文:老視伴った強度近視におけるコンタクトレンズの使用状況と意識調査. 日本コンタクトレンズ学会誌41: 26-30, 1999.
  • Okuyama S, Matsumoto C, Iwagaki A, Takada S, Otori T:Comparison between threshold pupil perimetry and suprathreshold pulil perimetry. Wall M, Wild JM: (eds), Perimetry Update1998/1999, Kugler Publ Amusterdam/New York, pp187-191, 1999.
  • 丸山耕一:急性間質性腎炎ぶどう膜炎症候群. 新図説臨床眼科講座 感染症とぶどう膜炎7巻, メジカルビュー社, pp219-220
  • Takada S, Matsumoto C, Okuyama S, Iwagaki A, Otori T:Comparative evaluation of four strategies (normal, 2-level, dynamec, TOP) using the automated perimeter Octopus 1-2-3. Wall M, Wild JM: (eds), Perimetry Update1998/1999, Kugler Publ Amusterdam/New York, pp187-191, 1999.
  • 大橋 秀行, 福田昌彦:高齢者の結膜嚢内 MRSA 保菌者の臨床的検討. 臨床眼科53: 394-396, 1999.
  • 大橋 秀行, 福田昌彦:高齢者の細菌性結膜炎からの検出菌の検討. あたらしい眼科15: 1727-1729, 1999.
  • 木下 雅代, 阿部 考助, 楠部 亨, 若山 曉美, 松本富美子, 大鳥 利文: 乳児内斜視の術後経過の検討. 眼科臨床医報93: 894-897, 1999.
  • Wakayama A, Matsumoto C, Kusube T, Iwagaki A, Matsumoto F:Binocular summation within the binocular visual field. Wall M, Wild JM: (eds), Perimetry Update1998/1999, Kugler Publ Amusterdam/New York, pp187-191, 1999.
  • 若山 曉美, 松本 長太, 楠部 亨, 岩垣 厚志, 松本富美子, 大牟禮和代, 大鳥 利文:両眼視野における Binocular Summation について-正常者における融像刺激に対する検討-. 眼科臨床医報93: 1057-1060, 1999.
  • 宇野 直樹, 田原 恭治, 中尾 雄三, 大鳥 利文:Photopic electroretinogram の消失現象を起こす光刺激について -第1報. 装置と slope 光刺激-. 日眼会誌103: 311-317, 1999.
  • 宇野 直樹:Photopic electroretinogram の消失現象を起こす光刺激について -第2報. 糖尿病網膜症における検討-. 近畿大医誌24: 51-58, 1999.
  • 咲山 豊:網膜芽細胞腫およびぶどう膜悪性黒色腫に対する各種画像診断法の比較検討. 近畿大医誌24: 103-114, 1999.
  • 原 英徳:角膜創傷治癒における SPARC の役割について. 近畿大医誌24: 129-136, 1999.

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月