研究業績

平成13年【論文・著作】

1月

  • 下村 嘉一:角膜感染症. 今日の治療指針2001年版, 医学書院, 東京:pp866-867, 2001. 1

2月

  • Inoue Y, Inoue T, Ishii Y, Shimomura Y, Tano Y(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School)(New Vision Ophthalmological Research Institute):Histology of microcornea complicated by bullous keratopathy. Acta Ophthalmol Scand 79:94-96, 2001.
  • 福田 昌彦:帯状ヘルペスウイルスによる前眼部病変について教えて下さい。. あたらしい眼科 17:145-147, 2001
  • 佐藤 寿樹, 朝田佳陽子, 国吉 一樹, 下村 嘉一, 東芝 昌樹, 大萩 康子(医学部内科学Ⅲ)(橋本市):両眼の網膜中心動脈閉塞症より診断されたSLEの1例. 眼科臨床医報 95(2):205, 2001.
  • 若山 曉美, 松本 長太, 松本富美子, 大牟禮和代, 下村 嘉一, 岩垣 厚志(阪和住吉総合病院眼科):両眼視野におけるbinocular summation-視標サイズの両眼視感度に及ぼす影響-. 日眼会誌 105(2):111-118, 2001.
  • 角田 智美, 大牟禮和代, 松本富美子, 若山 曉美, 谷本 旬代, 楠部 亨, 下村 嘉一:CGT-1000による正常小児のコントラスト感度測定. 日本視能訓練士協会誌 29:141-146, 2001

3月

  • 下村 嘉一:屈折矯正手術Q&A-LASIK感染予防(翻訳). Vision Times 8(1):pp15-16, 2001.
  • 朝田佳陽子, 佐藤 寿樹, 松本 長太, 下村 嘉一:母子に発症した水晶体偏位. 眼科臨床医報 95(3):16-18, 2001.
  • 板橋 幹城, 福田 昌彦, 日比野 剛, 下村 嘉一:無虹彩症の角膜所見について. 日本眼科紀要 52(3):224-227, 2001.
  • 入船 元裕, 国吉 一樹, 楠部 亨, 下村 嘉一, 上野山典子, 山本 修士(海南市)(大阪大学医学部眼科学):先天網膜分離症の兄弟例. 臨床眼科 55(3):307-313, 2001.

4月

  • 井上 智之, 井上 幸次, 中村 孝夫, 吉田 篤史, 井上由美子, 田野 保雄, 下村 嘉一, 藤沢 幸夫, 青野 亜紀, 林 皓三郎(大阪大学医学部眼科学):インターロイキン-2融合単純ヘルペスウイルス glycoprotein D によるマウスヘルペス角膜炎の予防効果. 日眼会誌 105(4):223-229, 2001.
  • 東海 玲美, 国吉 一樹, 入船 元裕, 下村 嘉一, 中村 陽一, 肥田 裕美, 新里 悦朗, 山本 修士(阪南中央病院眼科)(大阪大学医学部眼科学):視神経障害の合併が疑われたpunctate inner choroidopathyの1例. 眼科臨床医報 95(4):438, 2001.
  • 大橋 裕一, 下村 嘉一, 大橋 秀行(愛媛大学医学部眼科学):細菌性外眼部感染症の現状と抗菌点眼薬の適正使用. Medical Tribune 34(15):32-33, 2001.
  • Inoue T, Maeda N, Young LS, Hamano T, Shimomura Y, Tano Y, Ohashi Y(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School)(Department of Ophthalmology, Ehime University School of Medicine): Epithelial pigment slide in contact lens wearers: A possible marker for contact lens-associated stress on corneal epithelium.. Am J Ophthalmol 131(4):431-437, 2001.

5月

  • 下村 嘉一:LASIKとドライアイ-LASIKによる神経栄養性上皮症-(翻訳). Vision Times 8(2):pp1-3, 2001.

6月

  • 下村 嘉一:投与法の選択と鎮痛薬選択の基本方針. 月刊眼科診療プラクティス 4(7), 眼痛の診かた, 文光堂, 東京:pp80-81, 2001. 6
  • 松本 長太:オクトパス自動視野計を用いた緑内障の診断. 日本医事新報 4025:113-114, 2001.
  • 白根 授美, 福田 昌彦, 宮本 裕子, 下村 嘉一: 近畿大学眼科におけるコンタクトレンズによる細菌性角膜潰瘍. 日本コンタクトレンズ学会誌 43(2):57- 60, 2001.
  • 前田 政徳, 国吉 一樹, 入船 元裕, 日比野 剛, 月山 純子, 宮本 裕子, 下村 嘉一, 坂口 泰久(国立南和歌山病院眼科):蜂による眼外傷の2例. 日本眼科紀要 52(6):514-518, 2001.

7月

  • Inoue T, Maeda N, Sasaki K, Watanabe H, Inoue Y, Nishida K, Inoue U, Yamamoto S, Shimomura Y, Tano Y(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School):Factors that influence the surgical effects of astigmatic keratotomy after cataract surgery. Ophthalmology 108 (7):1269-1274, 2001.
  • 下村 嘉一, 宮本 裕子, 植田 喜一, 前田 直之(ウエダ眼科)(大阪大学医学部眼科学):コンタクトレンズを考える. EYE 4(1):3-7, 2001.
  • 杉岡 孝二, 福田 昌彦, 日比野 剛, 奥山 幸子, 三島 弘, 下村 嘉一:近畿大学眼科における全層角膜移植術後の続発緑内障. あたらしい眼科18(7):948-951, 2001
  • 大橋 秀行, 下村 嘉一:シリーズ〔耐性菌を学ぼう No.1〕 耐性菌出現、そのときに(臨床編). 参天製薬, 大阪, 2001. 7
  • 大橋 秀行, 下村 嘉一:シリーズ〔耐性菌を学ぼう No.2〕 耐性菌を出さないために(臨床編). 参天製薬, 大阪, 2001. 7

8月

  • 下村 嘉一:バンデージコンタクトレンズの処方(How to Use Bandage Contact Lenses by Capone RC, Pietrantonio, Abelson M) (翻訳) . Vision Times 8(3):pp14-16, 2001.
  • Inoue T, Watanabe H, Yamamoto S, Inoue Y, Okada M, Hori Y, Maeda N, Inoue Y, Hayashi K, Shimomura Y, Tano Y(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School)(Public Health Research Institute of Kobe City):Different recurrence patterns after phototherapeutic keratectomy in the corneal dystrophy resulting from homozygous and heterozygous R124H BIG-H3 mutation. Am J Ophthalmol 132(2):255-257, 2001.
  • Inoue T, Inoue Y, Asari S, Sunada A, Inoue Y, Yamamoto S, Nishida K, Maeda N, Watanabe H, Shimomura Y, Tano Y(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School):Utility of Etest in choosing appropriate agents to treat fungal keratitis., Cornea 20(6):607- 609, 2001.

9月

  • 下村 嘉一:PRKとPARK. 田野 保雄編, 月刊眼科診療プラクティス4(10), 眼科レーザー治療のすべて, 文光堂, 東京:pp164-167, 2001. 9 下村 嘉一: 近年の角膜手術の進歩. Ocular Surgery News Japan Edition 1(9):3-4, 2001.
  • Matsumoto C, Arimura E, Hashimoto S, Takada S, Okuyama S, Shimomura Y: Quantification of metamorphosia in patient with epiretinal membranes. Perimetry Update 2000/2001, Kugler publications:pp403, 2001. 9
  • Matsumoto C, Okuyama S, Takada S, Arimura E, Hashimoto S, Shimomura Y:The influence of cataracts on perimetric threshold in light-sense perimetry and flicker perimetry. Perimetry Update 2000/2001, Kugler publications:pp275, 2001. 9
  • 谷本 旬代, 松本富美子, 大牟禮和代, 若山 曉美, 阿部 考助, 下村 嘉一:間歇性外斜視における斜位の維持能力の検討. 眼紀 52(9):795-799, 2001.

10月

  • 下村 嘉一:帯状ヘルペスウイルスによる眼合併症. 日本の眼科 72(10):1157-1160, 2001.
  • Inoue T, Inoue Y, Kosaki R, Inoue Y, Nishida K, Shimomura Y, Tano Y, Hayashi K(Department of Ophthalmology, Osaka University Medical School)(Public Health Research Institute of Kobe City):Immunohistological study of infiltrated cells and cytokines in murine herpetic keratitis. Acta Ophthalmol Scand 79(5):484-487, 2001.

11月

  • 真鍋 禮三(監修), 大橋 裕一, 池田 恒彦, 井上 幸次, 岸田 健一, 桑山 泰明, 下村 嘉一, 木下 茂, 田野 保雄, 中尾 雄三, 西田 輝夫, 不二門尚, 細谷比左志(編集)(大阪大学医学部眼科学)(愛媛大学医学部眼科学)(大阪医科大学眼科学)(鳥取大学医学部眼科学)(大阪府立看護大学生化学)(大阪厚生年金病院眼科)他:眼科学-疾患とその基礎-. メディカル葵出版, 東京:pp1-646, 2001. 11
  • 木下 茂, 大橋 裕一, 下村 嘉一, 前田 直之, 宇野 敏彦, 井上 幸次, 渡辺 潔, 細谷比左志, 松田司, 渡辺 仁(京都府立医科大学眼科学)(愛媛大学医学部眼科学)(大阪大学医学部眼科学)(鳥取大学医学部眼科学)他:Ⅳ.角膜. 真鍋 禮三(監修), 眼科学-疾患とその基礎-, メディカル葵出版, 東京:pp83-136, 2001. 11
  • 真野 富也, 岸田 健一, 下村 嘉一, 桑山 泰明(多根記念眼科病院)(大阪府立看護大学生化学)(大阪厚生年金病院眼科):ⅩⅣ.眼治療学総論. 真鍋 禮三(監修), 眼科学-疾患とその基礎-, メディカル葵出版, 東京:pp563-578, 2001. 11
  • 下村 嘉一:LASIKの成功が失敗に変わるとき(When Good LASIK Goes Bad)(翻訳). Vision Times 8(4): 11-13, 2001.
  • 中尾 雄三:脳血管障害と眼症候. 日本の眼科 72:1047-1050, 2001
  • 中尾 雄三:ⅩⅡ章 眼窩. 真鍋 禮三(監修), 眼科学-疾患とその基礎-, メディカル葵出版, 東京:374-382, 2001. 11
  • 中村 靖子, 福田 昌彦, 国吉 一樹, 下村 嘉一, 前野 知子, 古田 格(臨床病理学):涙小管炎9例の検討. 臨床眼科 55(12):1907-1910, 2001.

12月

  • Shimomura Y:Reatcivation and latency of herpesvirus in the eye. Ophthalmologica 215:suppl15-24, 2001.
  • 松本 長太:嚢収縮、混濁をきたしやすい白内障における注意点とIOLの選択(アトピー性皮膚炎に合併する白内障を中心に). 眼科 43:1767-1771, 2001.
  • 三島 弘:創傷治癒を制御するサイトカイン, 増殖因子の分子生物学. New Mook 眼科 1:11-19, 2001.
  • 福田 昌彦, 宮本 裕子(若山眼科):ドライアイに対するコンタクトレンズ処方. 眼科診療プラクティス 4(12), 77涙液からみたコンタクトレンズ処方, 文光堂, 東京:80-81, 2001. 12 平成13年12月
  • Fukuda M, Shimomura Y:Eye drops and ocular surface. NANO OPHTHALMOLOGY 23:3-4, 2001.

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月