研究業績

平成14年【論文・著作】

1月

  • Inoue T, Inoue Y, Hayashi K, Yoshida A, Nishida K, Shimomura Y, Fujisawa Y, Aono A, Tano Y:Topical administration of HSV gD-IL-2 DNA is highly protective against murine herpetic stromal keratitis, Cornea 21(1): 106- 110, 2002.
  • 中尾 雄三:多発性硬化症の視神経炎(診断と治療の最先端), 多発性硬化症学術講演集, シェーリング: 25-32, 2002.
  • 福田 昌彦:コラーゲンシールドとパンクタルプラグ, 眼科診療プラクティス(角結膜疾患の薬物療法) 5(2): 59, 2002.
  • 福田 昌彦:ウイルス性角膜潰瘍, 眼科診療プラクティス(角結膜疾患の薬物療法) 5(2): 63-65, 2002.
  • 白根 授美, 日比野 剛, 福田 昌彦, 下村 嘉一:長期副腎皮質ステロイド薬点眼使用中に再発を繰り返したメチシリン耐性黄色ぶどう球菌 (MRSA) 角膜炎の1例, 日本眼科紀要 53(1): 31- 35, 2002.
  • 大橋 秀行:新生児、乳幼児、小児の細菌性結膜炎に対する0. 5% レボフロキサシン点眼薬の有用性, 参天製薬, 2002. 1(監修)
  • 大橋 秀行:MRSA結膜炎に対するクロラムフェニコール点眼薬の有効性と細菌性眼感染症の治療指針, わかもと製薬, 2002. 1(監修)

2月

  • 下村 嘉一:トリプル手術, 坪田 一男, 島崎 潤, 榛村 重人編,角膜移植ガイダンス, 南江堂,東京: pp 30- 32, 2002. 2
  • 下村 嘉一:角膜手術各論, 1)角膜擦過・掻爬,2)anterior stromal puncture,3)角膜の縫合,4)角膜切除術,5)角膜入墨術,6)結膜被覆術,7)角膜熱形成術,8)角膜移植術,9)羊膜移植術,丸尾 敏夫, 本田 孔士, 臼井 正彦,田野 保雄編,眼科学, 文光堂,東京: pp1208-1216, 2002. 2
  • 高田 園子, 宇仁 茂彦, 国吉 一樹, 福田 昌彦, 下村 嘉一:大阪府で見い出された東洋眼虫の1例, 眼紀 53 (2): 150- 153, 2002.
  • 大橋 秀行:結膜嚢内常在菌の動向, 眼科診療プラクティス 2(5): 92-93,2002.

3月

  • 下村 嘉一:フラップの合併症対策(翻訳), Vision Times 9(1): pp12-14, 2002.
  • 下村 嘉一:角膜および外眼部疾患に関する最新情報(ARVO報告) (翻訳) , Vision Times 9(1): pp18-20, 2002. 3
  • Inoue T, Asari S, Sunada A, Inoue Y, Shimomura Y, Tano Y:Author's Reply (Utility of Etest in choosing appropriate agents to treat fungal keratitis), Cornea 21(3): 337, 2002.
  • 中尾 雄三: 脳死の眼循環, 眼科診療プラクティス85: 124. 2002.
  • 松本 長太:緑内障診療のための自動静的視野計測, 臨床眼科 56(3): 324, 2002.
  • 国吉 一樹:網膜電図の実際と読み方, 眼科外来シリーズ6 網膜外来, メジカルビュー社: 82-87, 2002.
  • 高田 園子, 橋本 茂樹, 有村 英子, 奥山 幸子, 松本 長太, 下村 嘉一, 丸山 耕一, 岩垣 厚志, 木下 雅代, 朝田佳陽子:ラタノプロスト単独への変更投与の検討, あたらしい眼科 19 (3): 353- 357, 2002
  • 有村 英子, 国吉 一樹, 丸山 耕一, 安井 由香, 法貴 隆, 下村 嘉一:散在性の白斑を生じ再発したぶどう膜炎の1例, 眼紀 53 (3): 230- 236, 2002.
  • 坪井 俊児, 根津 永津, 坂下 健一, 鳥井 奉子, 寒川 猫持:Laser in Situ Keratomileusis 術後早期の矯正視力, 眼紀 53(3): 211-214,2002.
  • 坪井 俊児:眼科用縫合糸の用途, 日本醫事新報 (4064): 114-115, 2002.

4月

  • 下村 嘉一:構造とその病態-B. 結膜. 眼科専門医セルフアセスメント検討会編, 眼科専門医セルフアセスメント,文光堂,東京: pp21-42, 2002. 4
  • 下村 嘉一:外科的治療-E. 結膜. 眼科専門医セルフアセスメント検討会編, 眼科専門医セルフアセスメント,文光堂,東京: pp 489-491, 2002. 4
  • 高岡 源, 井上 幸次, 前田 直之, 渡辺 仁, 下村 嘉一, 砂田 淳子, 浅利 誠志, 高鳥 浩介: Cladosporium trichoides による非典型的な角膜真菌症の1例, 眼紀 53 (4): 295- 298,2002. 4
  • 坪井 俊児:近視-レーザー治療の前に読む本, 講談社, 2002. 4

5月

  • 下村 嘉一, 新村 眞人, 岡本 尚, 川島 眞, 倉田 毅, 森島 恒雄, 山西 弘一(編集):Medical Briefs in Virus Infection, マッキャンヘルスケア:pp1-105,2002. 5
  • 下村 嘉一:APPENDIX-ドライアイを見逃さないために. ドライアイ研究会編, ドライアイ診療PPP,メジカルビュー社,東京: pp286, 2002. 5
  • 下村 嘉一:上皮型角膜ヘルペスの新しい診断基準, 眼科 44(5): 739-742, 2002.
  • 大橋 裕一,木下 茂,島崎 潤,下村 嘉一,高村 悦子,田川 義継, 坪田 一男,濱野 孝, 横井 則彦(編集):ドライアイ診療PPP,メジカルビュー社,東京: pp 1-310, 2002. 5
  • 福田 昌彦, 下村 嘉一:その他の一般的なドライアイ-糸状角膜炎, ドライアイ研究会編, ドライアイ診療PPP,メジカルビュー社,東京: pp170-173, 2002. 5
  • 福田 昌彦, 下村 嘉一:その他の重篤なドライアイ-眼類天疱瘡(OCP), ドライアイ研究会編, ドライアイ診療PPP,メジカルビュー社,東京: pp186-188, 2002. 5
  • 福田 昌彦, 下村 嘉一:ドライアイの治療-人工涙液, ドライアイ研究会編, ドライアイ診療PPP,メジカルビュー社,東京: pp194-197, 2002. 5
  • 福田 昌彦, 下村 嘉一:ドライアイの治療-生活指導, ドライアイ研究会編, ドライアイ診療PPP,メジカルビュー社,東京: pp230-231, 2002. 5
  • Kuniyoshi K:Electroretinogram contact lens electrode with tri-color light-emitting diode,Acta Ophthalmologica Scandinavica79(5):497-500, 2002.
  • 檜垣 史郎:NO(酸化窒素)のHSV感染症における役割, Medical Briefes in Virus Infection, マッキャン ヘルスケア: 13,14(1-4), 2002.
  • 服部 良太, 国吉 一樹, 日比野 剛, 松本 長太, 丸山 耕一, 有村 英子, 入船 元裕, 宇野 直樹, 下村 嘉一, 近藤 徳雄:診断に苦慮した内因性眼内炎の1例, 眼科臨床医報、96(5):602,2002.
  • 大橋 秀行, 下村 嘉一:新生児, 乳幼児, 小児の細菌性結膜炎に対する 0. 5% レボフロキサシン点眼薬の使用経験,あたらしい眼科 19 (5): 645- 648, 2002.

6月

  • 下村 嘉一:ドライアイとコンタクトレンズの最新情報(翻訳), Vision Times 9(2): pp 1- 3, 2002.
  • 松本 長太:特殊な視野計、フリッカー, 眼科検査メモ, 南江堂: pp94-98, 2002. 6
  • Higaki S, Gebhardt BM, Lukiw WJ, Thompson HW, Hill JM:Effect of immunosuppression on gene expression in the HSV-1 latently infected mouse trigeminal ganglion. Invest Ophthalmol Vis Sci 43(6): 1862-1869,2002.
  • 檜垣 史郎:位置異常フラップ, 眼科診療プラクティス 83(6): 44-45, 2002.
  • 檜垣 史郎:角膜上皮障害(上皮化遅延)、感染, 眼科診療プラクティス 83(6): 73, 2002.
  • 宮本 裕子:コンタクトレンズの劣化、汚れのみかた, 日本コンタクトレンズ学会誌44(2):125-128, 2002.

7月

  • 下村 嘉一:RK術後の遠視化、その他の問題(翻訳),Vision Times 9(3): pp8-11, 2002.
  • 新村 眞人, 岡本 尚, 川島 眞, 川名 尚, 倉田 毅, 下村 嘉一, 森島 恒雄, 山西 弘一(編集):Medical Briefs in Virus Infection, マッキャン・ヘルスケア,15(3): pp1-16, 2002.
  • 中尾 雄三:視神経乳頭の出血,眼科診療プラクティス87: 86-87,2002.

8月

  • Inoue T, Inoue Y, Nakamura T, Yoshida A, Tano Y , Shimomura Y, Fujisawa Y, Aono A, Hayashi K:The Effect of Immunization with Herpes Simplex Virus Glycoprotein D fused with Interleukin-2 against Murine Herpetic Keratitis, JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 46(4): 370-376, 2002.
  • 下村 嘉一:眼部単純ヘルペス疾患の再発と管理, JHIF WORKSHOP, マッキャンヘルスケア: pp50-52, 2002. 8
  • Inoue T, Watanabe H, Yamamoto S, Maeda N, Inoue Y, Shimomura Y, Tano Y: Recurrence of Corneal Dystrophy Resulting from an R124H Big-h3 Mutation After Phototherapeutic Keratectomy, Cornea21(6): 570-573, 2002.
  • Sato S, Maeda N, Watanabe H, Tano Y, Inoue Y, Shimomura Y, Tanaka A: Multiple iridociliary cysts in patients with mucopolysaccharidoses, British Journal of Ophthalmology86(8): 933-934, 2002.
  • 松本 長太:視野を理解するための視覚生理学, 日本視能訓練士協会誌31: 1-8, 2002.
  • 奥山 幸子, 松本 長太:視野の読み方①視野検査の結果を混乱させる因子, Frontiers in Glaucoma, 3(3): 131-137, 2002.
  • 国吉 一樹, 入船 元裕, 宇野 直樹, 服部 良太, 佐藤 寿樹, 下村 嘉一:Enhanced s-cone syndromeの1例, 眼科臨床医報96(8): 894-894, 2002.
  • 檜垣 史郎:角膜ヘルペス, あたらしい眼科19(8): 1011-1015, 2002.
  • 中川 真紀, 及川 幹代, 濱村美恵子, 若山 曉美:不同視弱視の治療, 日本視能訓練士協会誌31: 17-26, 2002.
  • Wakayama A, Matsumoto C, Ohmure K, Matsumoto F, Shimomura Y:Properties of receptive field on binocular fusion stimulation in the central visual field, Graefe's Archive for Clinical and Expe240: 743-747, 2002.

9月

  • 西田 輝夫, 大木孝太郎, 大鹿 哲郎, 沖波 聡, 下村 嘉一, 永本 敏之, 望月 學(編集):EYE, エイエムオー・ジャパン, 4(3): pp1-17, 2002. 9
  • 下村 嘉一, 福田 正道, 清水 一弘, 松本 光希: 抗菌点眼薬3つの視点, あたらしい眼科19(9): 1163-1166, 2002.
  • 中尾 雄三:検査 眼窩CT, 眼科診療プラクティス90: 80-83, 2002.
  • 松本 長太:視野からみた緑内障診断 静的視野を中心に, 臨床眼科56(9): 54-61, 2002.
  • Fukui T, Yamamoto S, Nakano K, Tsujikawa M, Morimura H, Nishida K, Ohguro N, Fujikado T, Irifune M, Kuniyoshi K, Annabelle A. Okada, Hirakata A, Miyake Y, Tano Y:ABCA4 gene mutations in Japanese patients with Stargardt disease and retinitis pigmentosa, Investigative Ophthalmology and Visual Science43(9): 2819-2824, 2002.

10月

  • Inoue T, Inoue Y, Hayashi K, Shimomura Y, Fujisawa Y, Aono A, Tano Y:Effect of Herpes Simplex Virus-1 gD or gD-IL-2 DNA Vaccine on Herpetic Keratitis. Cornea 21(7): S79-S85, 2002.
  • 松本 長太:緑内障の長期管理と視野, Alcon ophthalmology bulletin, 日本アルコン株式会社, 11: 1-11, 2002.
  • 松本 長太:目の成人病と眼科医療, 読売新聞: 28-29, 2002.
  • Fukuda M, Ohashi H, Matsumoto C, Mishima S, Shimomura Y:Methicilin-Resistant Staphylococcus aureus and Methicilin-resistant Coagulase-Negative Staphylococcus Ocular Surface Infection, Cornea21(Suppl. 2): S86-S89, 2002.
  • 檜垣 史郎:各種ビデオケラトスコープ特性比較, 角膜トポグラファーと波面センサー, メジカルビュー社,: 40-47, 2002. 10
  • 田村 容子, 阿部 考助, 楠部 亨, 松本富美子, 若山 曉美, 木下 雅代, 下村 嘉一:視能訓練を施行した小児外転神経麻痺の一例, 日本眼科紀要53(10): 829-833, 2002.

11月

  • 下村 嘉一:角膜感染症, 日本の眼科73(11): 1215-1218, 2002.
  • Christipher Liu, 福田 昌彦, 浜田 傑, 下村 嘉一:改良型歯根部利用人工角膜の紹介, 日本眼科紀要53: 472-475, 2002.
  • 奥山 幸子, 松本 長太:視野の読み方②視野検査で行われていることを理解する, Frontiers in Glaucoma, 3(4): 207-213, 2002.
  • 檜垣 史郎:角膜感染症の検査室診断と薬剤選択, 日本の眼科73(11): 13-16, 2002.
  • 宮本 裕子:角膜内皮細胞:最近の知見と展望 コンタクトレンズとの関係, 眼科診療プラクティス, 文光堂, 東京, 5(11): 35-37, 2002. 11

12月

  • 下村 嘉一, 岡田アナベルあやめ, 小椋 祐一郎, 澤口 昭一, 鈴木 雅信(編集):Vision Times9(4): 1-16, 2002. 12
  • 下村 嘉一:角膜/外眼部疾患(翻訳), Vision Times9(4): 4-5, 2002.
  • 下村 嘉一:コンタクトレンズ(翻訳), Vision Times9(4): 6-7, 2002.
  • 中尾雄三:重症筋無力症, 暮らしと健康,保健同人社12: 75, 2002.
  • 川口 恵, 松本富美子, 若山 曉美, 大牟禮和代, 角田 智美, 大村 記代, 楠部 亨, 阿部 考助, 木下 雅代, 下村 嘉一:弱視における遮蔽治療に対する保護者の理解度, 日本眼科紀要53(10): 795-799, 2002.

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月