研究業績

平成15年【論文・著作】

1月

  • 下村 嘉一:屈折異常(手術療法). 今日の治療方針2003年版, 医学書院:958-959, 2003.1
  • 下村 嘉一:ドライアイと角膜感染症のマネージメント. 宮城県眼科医会報91(1):6, 2003.
  • 下村 嘉一:異常角膜所見6 角膜潰瘍. 角膜クリニック第2版, 医学書院:57-64, 2003.1
  • 木下 茂, 下村 嘉一:異常角膜所見11 角膜浮腫. 角膜クリニック第2版, 医学書院:109-112, 2003.1
  • 下村 嘉一:Ⅱ.外科治療1 全層角膜移植. 角膜クリニック第2版, 医学書院:255-257, 2003.1
  • 下村 嘉一:Ⅱ.外科治療 2 表層角膜移植・深層角膜移植. 角膜クリニック第2版,医学書院:258-259, 2003.1
  • Bessho K, Maeda N, Watanabe H, Shimomura Y, Tano Y:
    Fourier analysis of corneal astigmatic changes following photorefractive keratectomy.
    Semin Ophthalmol 18(1):23-28, 2003.
  • 下村 嘉一, 岡田アナベルあやめ, 小椋 祐一郎, 澤口 昭一, 鈴木 雅信(編集):Vision Times 10(1):1-20, 2003.
  • 福田 昌彦, Christopher Liu, 濱田 傑, 下村 嘉一:歯根部利用人工角膜. 眼科手術 16(1):49-52, 2003.
  • 福田 昌彦:化膿性肉芽腫. あたらしい眼科 20(1):75-76, 2003.
  • 福田 昌彦:インフォームドコンセント 薬物治療 眼感染症. 眼科診療のリスクマネージメント, 金原出版:42-47, 2003.1
  • 福田 昌彦:インフォームドコンセント 手術治療 眼感染症. 眼科診療のリスクマネージメント, 金原出版:116-119, 2003.1
  • 安井 由香, 国吉 一樹, 宇野 直樹, 入船 元裕, 下村 嘉一:夜盲を合併した成人型卵黄状黄斑変性の1例. 眼科臨床医報 97(1):67, 2003.
  • 宮本 裕子:CLフィッティング ケースバイケース角膜外傷術後で不正乱視が強いケース. 日本コンタクトレンズ学会誌 45(1):48-49, 2003.
  • 村田 恭子,福田 昌彦,妙中 直子,杉岡 孝二,出合 達則,下村 嘉一:眼部帯状ヘルペスとカポジ水痘様発疹症の眼合併症. 眼科 45(1):97-102, 2003.

2月

  • 下村 嘉一:培養効果を最大限に引き出す方法(How to Maximize Culture Effectiveness by Abelson MB,and Hallas SJ)(翻訳). Vision Times10(2):1-3, 2003.
  • 下村 嘉一:角膜ヘルペスにおける角膜移植. 月刊眼科診療プラクティス92,文光堂:19, 2003.2
  • 下村 嘉一:ウイルス性状、潜伏感染と再活性化、伝播と播種. 月刊眼科診療プラクティス,92, 文光堂:98-102, 2003.2
  • 松本 長太:視野の読み方Ⅲ.早期視野障害の評価. Frontia in Glaucoma 4(1):1-7, 2003.
  • 松本 長太:顕微鏡手術①. 眼科ケア 5(2):41-44, 2003.
  • 福田 昌彦:アカントアメーバ角膜炎. あたらしい眼科 20(2):219-220, 2003.

3月

  • 下村 嘉一:角膜移植の新技術(翻訳). Vision Times 10(1):6-9, 2003.
  • 薄井 紀夫, 下村 嘉一:眼とウイルス感染症. あたらしい眼科 20(3):287-288, 2003.
  • 松本 長太:顕微鏡手術②. 眼科ケア 5(3):41-44, 2003.
  • 松本 長太:医学書院 医学大辞典. 医学書院, 2003.3
  • 福田 昌彦:眼部帯状ヘルペスによる前眼部病変とその治療. あたらしい眼科 20(3):303-307, 2003.3
  • Kuniyoshi K, Uno N, Irifune M, Shimomura Y:Electroretinography of short wavelength-sensitive cones with LED-built-in electrode and its normal values. Documenta Ophthalmologica 106(3):311-318, 2003.
  • Higaki S, Gebhardt BM, Lukiw WJ, Thompson HW, Hill JM:Gene expression profiling in the HSV-1 latently infected mouse trigeminal ganglia following hyperthermic stress. Current Eye Research 26(3-4):231-238, 2003.
  • Miller C, Bhattacharjee P, Higaki S, Jacob R, Danaher R, Thompson H, Hill J:Herpesvirus quiescence (QIF) in neuronal cells VI: Correlative analysis demonstrates usefulness of QIF-PC12 cells to examine HSV-1 latency, reactivation and genes implicated in its regulation. Current Eye Research 26(3-4):239-248, 2003.
  • Kosaki R, Nakamura T, Higaki S, Yamamoto S, Inoue Y, Hayashi K, Shimomura Y, Tano Y:The use of competitive PCR for quantitation of HSV-1 DNA. JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY 47(3):240-245, 2003.
  • 若山 曉美:麻痺性斜視の視能訓練. 眼科臨床医報 97(3):44-48, 2003.

4月

  • 新村 眞人, 岡本 尚, 川島 眞, 倉田 毅, 下村 嘉一, 森島 恒雄, 山西 弘一(編集):MEDICAL BRIEFS IN VIRUS INFECTION 15(4):1-12, 2003.
  • 福田 昌彦:無虹彩症. あたらしい眼科 20(4):479-480, 2003.
  • 福田 昌彦:幹細胞疲弊症. EYE 4(4):10-11, 2003.
  • 福田 昌彦:手術アトラス 外来手術1. 眼科ケア 5(4):49-52, 2003.
  • Myles ME, Alack C, Manino PM, Higaki S, Maruyama K, Mallakin A, Thompson H, Hill JM:Nicotine applied by transdermal patch induced HSV-1 reactivation and ocular shedding in latently infected rabbits. J. of Ocular Pharmacology and Therapeu 19(2):121-133, 2003.
  • 檜垣 史郎:全層角膜移植時の角膜潜伏感染HSV-1による再感染. Medical briefs in virus infection 15(4):2-3, 2003.
  • 出合 達則, 福田 昌彦, 日比野 剛, 檜垣 史郎, 下村 嘉一:Real-time PCR法が有効であった非定型的上皮型角膜ヘルペスの一例. 日本眼科紀要 54(4):298-201, 2003.
  • 楠部 亨, 阿部 考助, 木下 雅代, 若山 曉美, 下村 嘉一:間歇性外斜視術後の斜位の維持能力に影響する因子. 眼科臨床医報 97(4):302-305, 2003.

5月

  • 新村 眞人, 岡本 尚, 川島 眞, 川名 尚, 倉田 毅, 下村 嘉一, 森島 恒雄, 山西 弘一(編集):MEDICAL BRIEFS IN VIRUS INFECTION 16(1):1-15, 2003.
  • 松本 長太:視野の読み方Ⅳ.視野の進行評価. Frontia in Glaucoma 4(2):1-7, 2003.
  • 福田 昌彦:手術アトラス 外来手術2. 眼科ケア 5(5):49-52, 2003.
  • 橋本 茂樹, 松本 長太, 有村 英子, 高田 園子, 奥山 幸子, 下村 嘉一:Octopus101 Kinetic Programの使用経験. 日本眼科紀要 54(3):200-204, 2003.
  • 宮本 裕子:ソフトコンタクトレンズによる障害. 眼科診療プラクティス94, 文光堂6(5):148-152, 2003.5

6月

  • 下村 嘉一:コンタクトレンズユーザー指導のポイント. 日本コンタクトレンズ学会誌45(2):S13, 2003.
  • 宮本 裕子:コンタクトレンズによる眼障害の原因と予防のポイント. 日本コンタクトレンズ学会誌45(2):S18-S23, 2003.
  • 松尾 真理, 丸山 耕一, 国吉 一樹,白根 授美,日比野 剛,下村 嘉一:眼窩内病変を合
    併した急性網膜壊死の1例. 眼科臨床医報 97(6):449-452, 2003.

7月

  • 下村 嘉一, 岡田アナベルあやめ, 小椋 祐一郎, 澤口 昭一, 鈴木 正信, 清水 公也(編集):Vision Times10(2):1-16,2003.
  • 大橋 秀行:高齢者の眼感染症. 眼科ケア5(7):192-197, 2003.

8月

  • 新村 眞人, 岡本 尚, 川島 眞, 川名 尚, 倉田 毅, 下村 嘉一, 森島 恒雄, 山西 弘一(編集): MEDICAL BRIEFS IN VIRUS INFECTION16(2):1-15, 2003.
  • 松本 長太:フリッカー視野, 先端医療シリーズ23・眼科 眼科の最新医療. 先端医療技術研究所:pp302-308, 2003.8
  • 松本 長太:緑内障の検査. Frontiers in Glaucoma4(4):195-201, 2003.
  • 福田 昌彦:MRSA,MRSE感染. 眼科ケア夏季増刊:170-174, 2003.
  • 奥山 幸子:緑内障手術①(非観血的). 眼科ケア5(8):717-720, 2003.
  • 檜垣 史郎:単純ヘルペス感染症. 眼科ケア44(2):99-103, 2003.
  • 坪井 俊児:前嚢切開:安全な手術のための必須テクニック. 日本眼科紀要54(8):664-670, 2003.

9月

  • Umene K, Inoue T, Inoue Y, Shimomura Y:Genotyping of herpes simplex virus type 1 strains isolated from ocular materials of patients with herpetic keratitis. Journal of Medical Virology71(1):75-81, 2003.
  • Matsumoto C, Arimura E, Okuyama S, Takada S, Hashimoto S, Shimomura Y:Quantification of metamorphopsia in patients with epiretinal membranes. Invest Ophthalmol Vis Sci44(9):4012-4016, 2003.
  • Fukuda M, Kato Y, Hibino T, Shimomura Y, Inoue Y:Three cases of,Domino, keratoplasty. JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY47(9):529-530, 2003.
  • 福田 昌彦:βラクタム系抗菌薬の使い方. 臨床眼科57(11):294-297, 2003.
  • 福田 昌彦:歯根部利用人工角膜. アイバンクジャーナル7(3):12-15, 2003.
  • 福田 昌彦:SJS患者の「目には歯を」. 日経メディカル9:22-23, 2003.
  • 奥山 幸子:緑内障手術②(観血的). 眼科ケア5(9):813-816, 2003.
  • 檜垣 史郎:実質型角膜ヘルペスと角膜内皮炎. あたらしい眼科20(9):1257-1258, 2003.
  • 中尾 彰, 國吉 一樹, 入船 元裕, 宇野 直樹, 下村 嘉一:クリスタリン網膜症の1例. 眼科臨床医報97(9):795, 2003.
  • 坪井 俊児:自己閉鎖創と眼内レンズ:視機能再建のキーポイント. 日本眼科紀要54(9):759-764, 2003.

10月

  • 薄井 紀夫, 下村 嘉一, 北川 和子, 外園 千恵:眼感染症道場. Core-Network of Ocular Infection17:8-10, 2003.
  • 松本 長太:M-チャート. 眼科手術16(4):511-515, 2003.
  • 松本 長太:正常眼圧緑内障の視野. あたらしい眼科20(10):1363-1367, 2003.
  • 福田 昌彦:歯根部利用人工角膜. 医学のあゆみ207(4):274-275, 2003.
  • Fukuda M, Deai T, Hibino T, Higaki S, Shimomura Y, Hayashi K:Quantitative analysis of herpes simplex virus genome in tears from patients with herpetic keratitis. Cornea22(Suppl.1):55-60, 2003.
  • 國吉 一樹:ケアに生かす手術アトラス.第9回.網膜剥離①. 眼科ケア5(10):909-912, 2003.
  • 檜垣 史郎:PCR法. Core-network of ocular infection17(1):2,2003.
  • 檜垣 史郎:角膜ヘルペス. 臨床眼科57(11):152-155, 2003.
  • 檜垣 史郎:角膜炎、感染か非感染か. 臨床眼科57(11):149-151, 2003.
  • 檜垣 史郎:抗ウイルス薬の使い方. 臨床眼科57(11):318-320, 2003.
  • 林 友一, 下村 嘉一, 原 英徳, 三島 弘, 中尾 雄三:視神経乳頭および前房内に浸潤した急性リンパ性白血病の一例. 眼科45(10):1439-1443, 2003.
  • 出合 達則:Real-time PCRを用いたヘルペス性眼疾患におけるHSVゲノムの定量. 近畿大学医学雑誌28(2):71-81, 2003.
  • 坪井 俊児:超音波乳化吸引:いかに確実に邪魔者を抹消するか. 日本眼科紀要54(10):839-845, 2003.
  • 宮本 裕子:コンタクトレンズで角膜に異常がおきる. すこやかファミリー505:18-19, 2003.
  • 大橋 秀行:細菌性結膜炎. 臨床眼科57(11):142-146, 2003.
  • 丸山 耕一:急性網膜壊死. 臨床眼科57(11):212-217, 2003.

11月

  • 下村 嘉一:ドライアイ. 灯台518(11):87-88, 2003.
  • 松本 長太:視野異常. 眼科45(11):1531-1540, 2003.
  • 福田 昌彦:結膜・強膜・角膜. 眼科診療プラクティス6(11), 文光堂:pp36-40, 2003.11
  • 國吉 一樹:ケアに生かす手術アトラス.第10回.網膜剥離②. 眼科ケア5(11):1005-1009, 2003.
  • 中尾 彰, 國吉 一樹, 宇野 直樹, 入船 元裕, 下村 嘉一, 中尾 雄三:漿液性網膜剥離を伴ったAPMPPE. 眼科臨床医報97(11):1039-, 2003.
  • 坪井 俊児:麻酔と前処置:快適な手術を目指して. 日本眼科紀要54 (11):931-935, 2003.
  • 宮本 裕子:Q角膜移植術後に対するコンタクトレンズの選択と処方方法について教えてください。. あたらしい眼科20臨時増刊:99-101, 2003.
  • 野入 輝美:コンタクトレンズ装用者にみられる角膜新生血管について教えてください。. あたらしい眼科20臨時増刊 :145-146, 2003.
  • 野入 輝美:コンタクトレンズ装用による角膜内皮障害について教えてください。. あたらしい眼科20臨時増刊:147-149, 2003.

12月

  • 下村 嘉一, 井上 幸次(編集):前眼部疾患のトラブルシューティング. 眼科診療プラクティス101, 文光堂:pp1-153, 2003.12
  • 中尾 雄三:中枢神経疾患と眼・画像診断. 眼科45(10):1409-1414, 2003.
  • 中尾 雄三:眼感染症診療ガイド・眼窩蜂巣炎. 臨床眼科57(11):114-116, 2003.
  • 松本 長太:緑内障視野異常の早期発見の注意点. 第57回日本臨床眼科学会ランチョンセミナー:3-5, 2003.
  • 阿部 考助:他科との連携-時間外総合診療部. 臨床眼科57(13):1790-1791, 2003.
  • 白根 授美:角膜ヘルペスにおけるケモカイン系の役割. 近畿大学医学雑誌28: 247-258, 2003.
  • 留守 良太:ケアに生かす手術アトラス 硝子体手術①. 眼科ケア5(12):1101-1104, 2003.
  • 若山 曉美, 松本 長太:視野検査. 眼科ケア眼科疾患別パーフェクト検査マニュアル50:30-43, 2003.

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月