研究業績

平成17年【論文・著作】

1月

  • 下村 嘉一:ヘルペス性角膜炎. 感染症予防必携第2版, 日本公衆衛生協会, 東京, pp 55-356, 2005. 1
  • 下村 嘉一:ヘルペス性角膜炎. 感染症予防必携第2版, 日本公衆衛生協会, 東京, pp 55-356, 2005. 1
  • 下村 嘉一:神経眼科Q&A-帯状疱疹感染後の眼部痛の治療について教えてください. あたらしい眼科(臨時増刊号)21: 183-185, 2005.
  • 中尾 雄三:神経眼科Q&A-視神経炎のMRI検査のコツについて教えてください. あたらしい眼科(臨時増刊号)21: 47-49, 2005.
  • 中尾 雄三:神経眼科Q&A-多発性硬化症による視神経炎の治療について教えてください. あたらしい眼科(臨時増刊号)21: 77-78, 2005.
  • 中尾 雄三:神経眼科Q&A-最近肥厚性硬膜炎という言葉をよく聴くのですが、教えてください. あたらしい眼科(臨時増刊号)21: 99-101, 2005.
  • 國吉 一樹:神経眼科Q&A-MEWDSの眼所見と経過について教えてください. あたらしい眼科(臨時増刊号)21: 173-178, 2005.
  • 咲山 豊:神経眼科Q&A-小児視神経炎と多発性硬化症の関係について教えてください. あたらしい眼科(臨時増刊号)21: 79-81, 2005.
  • Arimura E, Deai T, Maruyama K, Uno N, Yamamoto H, Matsumoto C, Shimomura Y:HSV quantification by Real-time PCR in Acute Retinal Necrosis.Japanese Juonal of Ophthalmology ,49(1): 64-65,2005.
  • 大橋 秀行:術後眼内炎の起炎菌. 眼科プラクティス 1.術後眼内炎, 文光堂, 東京, pp222-230. 2005. 1

2月

  • 西田 輝夫, 大木孝太郎, 大鹿 哲郎, 沖波 聡, 下村 嘉一, 永本 敏之, 望月 學(編集) EYE6(2): 1-17, 2005. 2

3月

  • 松本 長太:〔総合討論〕明日からのNTG治療戦略. メディカル・ビューポイント(正常眼圧緑内障の「診断と治療」を考える)26(Supl3): 1, 2005.
  • 松本 長太:4.フリッカー.眼科47(3): 279-286, 2005.
  • 阿部 考助:ケアに生かす眼科アトラス 斜視手術②. 眼科ケア6(3): 253-256, 2005.
  • 白根 授美:角膜ヘルペスにおけるケモカイン系の役割. 近畿大学医学雑誌28(4): 247-258, 2005.
  • 橋本 茂樹:屈折・調節異常. 眼科ベーシックポイント, メジカルビュー社, 東京, pp 190-196, 2005. 3

4月

  • Shimomura Y:Dry Eye. Seminars in Ophthalmology20(2): 51, 2005.
  • Shimomura Y ed.:Dry Eye. Seminars in Ophthalmology20(2): 51-128, 2005.
  • 下村 嘉一:角膜片雲. 医学大辞典第3版(後藤 稠編), 医歯薬出版株式会社, 東京, pp366, 2005. 4
  • 松本 長太:2.変視症の定量. 眼科プラクティス, 文光堂, 東京, pp168-173, 2005. 4
  • 中尾 雄三:多発性硬化症の症状③眼の症状. Neurological Science13: 12, 2005.
  • Wang SF, Fukuda M, Shimomura Y:Diagnosis of dry eye. Seminars in Ophthalmology20(2): 53-62, 2005.

5月

  • 下村 嘉一:〔巻頭言〕細菌性角膜炎の化学療法. 銀海190(特別号): 6-7, 2005.
  • 松本 長太:緑内障診療と視野検査. Frontiers in Glaucoma6(2): 42-43, 2005.
  • Liu C, Paul B, Tandon R, Lee E, Fong K, Marvrikakis I, Herold J, Thorp S, Brittain P, Francis I, Ferrett C, Lloyd A, Green D, Franklin V, Tighe B, Fukuda M, Hamada S:The Osteo-Odonto-Keratoprosthesis. Seminars in Ophthalmology20: 113-128, 2005.
  • 妙中 直子, 下村 嘉一:6.EKCとAHC.眼科プラクティス 3.オキュラーサーフェスのすべて, 文光堂, 東京, pp197-201, 2005. 5
  • 妙中 直子:感染予防.眼科プラクティス 3.オキュラーサーフェスのすべて, 文光堂, 東京, pp201, 2005. 5
  • 妙中 直子, 下村 嘉一:5.角膜ヘルペス.眼科プラクティス 3.オキュラーサフェスのすべて, 文光堂, 東京, pp192-196, 2005. 5
  • Shirane J, Fukuda M, Shimomura Y, Nakayama T, Nagakubo D, 稗島 州雄(英語), Yoshie O:Corneal epithelial cells and stromal keratocytes efficiently produce CC chemokine-ligand(CCL20) and attract inflammatory cells in mouse herpetic stromal keratitis. Current Eye Research28(5): 297-306, 2005.

6月

  • 下村 嘉一:ヘルペス性眼疾患-DNAから個体まで-. 臨床眼科59(6): 816-825, 2005.
  • 松本 長太:Ⅸ.視野検査 D.中心暗点計. 眼科検査法ハンドブック, 医学書院, 東京, pp 164-167, 2005. 6
  • 松本 長太:Ⅸ.視野検査 E.フリッカー視野計. 眼科検査法ハンドブック, 医学書院, 東京, pp167-169, 2005. 6
  • 松本 長太:視野検査(新しい視野計). あたらしい眼科22(別巻):110-115, 2005.
  • 檜垣 史郎:位置異常フラップ. 眼科診療プラクティス83(6), 文光堂, 東京, pp44-45, 2005.
  • 橋本 茂樹:自動視野計を用いた動的視野測定プログラムの開発. 視覚の科学26(2): 39-41, 2005.

7月

  • 下村 嘉一:現代人に多い疲れ目、ドライアイ.ことぶき25(7): 26-29, 2005.
  • 福田 昌彦, 中尾 彰, 浅山 史, 野本 裕貴, 下村 嘉一, 濱田 傑, Christopher Liu:歯根部利用人工角膜(OOKP)の治療成績. 眼科臨床医報99(7): 612, 2005.
  • 檜垣 史郎:HSV. Core-Network of Ocular Infection. 眼感染症、病原体編, 参天製薬, 大阪, pp 44-45,2005. 7.
  • 檜垣 史郎:VZV. Core-Network of Ocular Infection. 眼感染症、病原体編, 参天製薬, 大阪, pp46-47, 2005. 7
  • 檜垣 史郎:VZVによる角膜炎. Core-Network of Ocular Infection. 眼感染症、症例紹介, 参天製薬, 大阪, pp58-59, 2005. 7.

8月

  • 松本 長太:加齢黄斑変性症. 暮しと健康60(8): 75, 2005.
  • Arimura E, Matsumoto C, Okuyama S, Takada S, Hashimoto S, Shimomura Y:Retinal Contraction and Metamorphopsia Scores in Eyes with Idiopathic Epiretinal Membrane. Investigative Ophthalmology & Visual Science46(8): 2961-2966, 2005.
  • Wakayama A, Matsumoto C, Shimomura Y:Binocular summation of detection and resolution thresholds in the central visual field using parallel-line targets. Investigative Ophthalmology & Visual Science46(8): 2810-2815, 2005.
  • 上田 知慕里, 大牟禮和代, 松本富美子, 若山 曉美, 楠部 亨, 阿部 考助, 木下 雅代, 下村 嘉一:MNREAD-Jkを用いた正常小児における読書能力の検討. 眼科臨床医報99(8): 642-645, 2005.

9月

  • 下村 嘉一:日本中部眼科学会を振り返って―大阪基礎眼科学講習会を受講して―. 眼紀56(9): 751-753, 2005.
  • 松本 長太:M-CHARTSRを用いた変視症の定量化. 眼紀56(9): 662-665, 2005.
  • 松本 長太:新しい視野検査法の有用性. 眼紀56(9): 670-675, 2005.
  • 中尾 雄三:わかる神経眼科 視神経腫瘍. 眼科診療プラクティス, 文光堂, 東京, pp 145-151, 2005. 9
  • 中尾 雄三:わかる神経眼科 画像診断・正常視交叉海綿静脈洞. 眼科診療プラクティス,文光堂, 東京, pp113-120, 2005. 9
  • 北尾 尚子, 下地 英実, 福田 昌彦:ブロムフェナクナトリウム点眼液(ブロナック点眼液)の市販後調査-使用成績調査-. あたらしい眼科22(9): 1299-1308, 2005.
  • 福田 昌彦:角膜ヘルペスの診断と治療. 日本眼科紀要56: 710-713, 2005.
  • 奥山 幸子:CFFの原理と正しい表記法. 眼科プラクティス5巻これならわかる神経眼科, 文光堂, 東京, pp78-79, 2005. 9
  • 山田 泰生, 中尾 雄三:眼窩の正常画像. 眼科プラクティス5巻これならわかる神経眼科, 文光堂, 東京, pp112-116, 2005.9

10月

  • 下村 嘉一:屈折矯正手術の主流. 教育医事新聞254号: 10, 2005.
  • 下村 嘉一:角膜疾患治療,今後の展望. 眼科アップデート愛知, 参天製薬株式会社, 大阪, pp4-5, 2005. 10
  • 中尾 雄三:神経眼科の画像検査. 眼科生涯教育ビデオ教材, 日本眼科医会, pp1-20, 2005. 10
  • 中尾 雄三:緑内障と間違われやすい視神経病変. 日本の眼科76(10): 1169-1174, 2005.
  • 松本 長太:4)神経眼科疾患における動的視野の価値. 眼科プラクティス5.これならわかる神経眼科, 文光堂, pp84-87, 2005. 10
  • 松本 長太:5)視野異常から病巣診断に至る着眼点. 眼科プラクティス5.これならわかる神経眼科, 文光堂, 東京, pp88-89, 2005. 10
  • Fukuda M, Nakao A, Hamada S, Shimomura Y, Christopher Liu: A Case of Severe Stevens-Johnson Syndrome Successfully Treated by Osteo-odonto-keratoprosthesis Surgery . Japanese Journal of Ophthalmology49: 423-424, 2005.
  • 福田 昌彦:人工角膜の臨床. 臨床眼科59(11): 300-305, 2005.
  • 望月 弘嗣, 山田 昌和, 福田 昌彦:Schnyder角膜ジストロフィ. NEW MOOK 眼科10 角膜ジストロフィ・角膜変性, 金原出版株式会社, 東京, pp83-87, 2005. 10
  • 檜垣 史郎:テリエン周辺角膜変性. 角膜ジストロフィー. 角膜変性, 金原出版, 東京, pp140-142, 2005. 10
  • 丸山 耕一:ぶどう膜炎患者における副腎皮質ステロイド薬全身治療の副作用とその対策.日本眼科紀要56(10): 801-808, 2005.
  • Sugioka K, Fukuda M, Shimomura Y. ,Jonathan D. Drake, Daivid G. Hwang:Susceptibility of Human Corneal Endothelial Cells to HSV-1 Infection. Current Eye Research30(10): 863-869, 2005.

11月

  • 松本 長太:8.中心フリッカー(CFF). 眼科プラクティス6.眼科臨床に必要な解剖生理, 文光堂, 東京, pp362-367, 2005. 11
  • 檜垣 史郎, 下村 嘉一:ヘルペス性角膜炎(角膜ヘルペス).眼科47(11):1575-1580, 2005.
  • 檜垣 史郎:HSVによる角膜炎(上皮型、実質型ヘルペス).Core-Network of Ocular Infection、眼感染症、症例編, 参天製薬, 大阪, pp54-56, 2005. 11
  • 妙中 直子:検査11. 角膜知覚検査. 眼科診療プラクティス6, 文光堂, 東京, p43, 2005. 11

12月

  • 下村 嘉一:Ⅰ.検査.①問診の取り方. すぐに役に立つ眼科診療の知識 角膜・結膜・眼瞼・涙器, 金原出版, 東京, pp3-7, 2005. 12
  • 松本 長太:フリッカー視野計. 第6回Japan Glaucoma Council: 51-53, 2005.
  • 松本 長太:緑内障診断-視野検査の核心をつく. CONFERENCE WALK IN OPHTHALMOLOGY23: 4, 2005.
  • 松本 長太:視野検査(新しい視野計).あたらしい眼科22(Sup1): S110-S115, 2005.
  • 福田 昌彦:角膜移植、コメント.角膜・結膜・眼瞼・涙器, 金原出版株式会社, 東京, pp128-132, 2005. 12
  • 國吉 一樹, 下村 嘉一:先天色覚異常と後天色覚異常. 眼科ベーシックポイント. 専門医認定試験のための力の505題, メジカルビュー社, 東京, pp206-209, 2005.

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月