眼科研修プログラム

研修プログラム責任者
:下村 嘉一
研修担当者
:福田 昌彦

眼科初期臨床研修プログラム

初期研修中のローテートを歓迎します。入局予定の有無にかかわらず眼科を経験してみて下さい。詳細は近畿大学医学部附属病院臨床研修センターのページをご覧ください。

眼科後期臨床研修プログラム

1.研修目標

眼科領域の疾患の大部分は直接、自分の眼で見ることができます。しかし同じものを見ても、入局したばかりの眼科医と、経験を重ねた眼科医とでは得る情報が格段に異なります。また得た情報を確認、補足するためのたくさんの検査があります。

当教室での研修は、自分の眼で見た情報を処理し、検査を行い、その結果を総合的に判断して、診断、治療を行う能力を習得することを目標にしています。さらに視力障碍者のケアについても学んでもらいます。

2.研修内容

  • 角・結膜疾患、緑内障、網膜硝子体疾患、神経眼科疾患、斜視・弱視等、目に関する全分野の診察及び治療を行っています。
  • 各専門分野の指導医及び上級医について外来診察の研修を受けます。
  • 眼科当直に際して緊急疾患に対する救急処置方法の研修を行います。
  • 入院加療の頻度が多い白内障・網膜疾患・緑内障の病棟主治医として、手術説明及び術前・術後の診察を行います。半年以降は各種レーザー、白内障手術の研修を開始します。
  • 各専門分野の指導医及び上級医について外来診察の研修を受けます。
  • 結膜下注射、テノン嚢下注射等の外来処置の研修を行います。
  • 毎週月・木曜日の朝8:45より病棟教授回診、土曜日のNICU回診に参加します。
  • 原則として週に1回、関連病院において外来を行います。
  • 3.研修スケジュール

    研修1~2年目
    指導医とチームとなり、外来、病棟、手術室での研修をおこないます。外来では診察見学および補助、さまざまな処置、検査を行います。病棟では指導医と患者を受け持ち、診察、治療、インフォームド・コンセントについて学びます。手術室では手術助手として技術を習得してもらいます。緊急手術にも立ち会ってもらいます。半年以降は指導医の下で、各種レーザー、白内障手術の技術を習得します。関連病院に出向し、手術の技術を身につけることもあります。
    研修3~4年目
    大学病院の特殊外来、関連病院での手術助手および執刀を行います。希望により大学病院の特殊外来を受け持ち白内障以外の疾患の診察、治療、手術を学びます。この期間に眼科医として必要な知識と技術を身につけます。さらに手術を100件以上経験し、地方学会、全国学会で2回以上発表、筆頭著者として原著論文を1編以上執筆することにより専門医試験の受験資格を得ることができます。
    研修5年目
    眼科専門医試験を受験します

    4.週間スケジュール

    手術
    医局会
    症例検討会
    教授回診
    外来
    病棟
    手術
    合同カンファレンス
    教授回診
    外来、病棟
    レジデント講義
    手術
    外来
    病棟
    症例検討会
    : 専門医が経験した症例を提示し検討する
    合同カンファレンス
    : 視能訓練士を交えて症例の検討を行う
    レジデント講義
    : 専門医が臨床に必要な基礎知識を講義する

    5.学位の取得

    後期研修期間中に大学院へ進学し、研究室に所属して学位を取得することができます。この期間も臨床研修をした期間に含まれます。

    6.研修終了後

    大学病院のスタッフ、関連病院のスタッフ、海外留学、独立開業などの道があります。

    眼科への転科を考えておられる先生

    すでに他科で医師として勤務され、眼科への転科を考えておられる方はご連絡ください。

    医局説明会、入局の面接は随時、行っております。ご連絡をお待ちしております。