近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第11回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成22年9月18日(土)16:00~17:00
場 所:
近畿大学医学部附属病院 円形棟3階『小講堂』
講 師:
福島県立医科大学微生物学講座 講師  金子 久俊先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『ウイルス性眼疾患の基礎と臨床―Current Topics―』

金子久俊先生

福島県立医科大学
微生物学講座講師
金子 久俊先生

一昔前、ウイルス疾患への対処法は、細菌疾患と比較し非常に遅れていた。正確かつ迅速な病原診断法がなく、治療薬も少なかった。眼科領域でも同様であり、臨床症状のみの不確実な診断によるアデノウイルス結膜炎の爆発的な流行や院内感染、治療に難渋したヘルペス疾患患者の視機能低下・失明など、眼科医も対応に苦慮させられていた。
しかし、近年のウイルス学の進歩は状況を一変させた。キットによるアデノウイルス抗原の迅速診断、プロドラッグを含む多数の新規抗ヘルペス薬の登場、PCR法によるウイルスDNAの同定と定量など、ウイルス性眼疾患の診療は劇的に進展したと言っても過言ではない。その一方で、日本における新型アデノウイルスの登場と流行、角膜内皮炎など健常者に発症するサイトメガロウイルス眼感染症、単純ヘルペスウイルス2型による急性網膜壊死、薬剤耐性のヘルペス疾患など、新たな知見や問題点も見い出され、さらなる眼科関連ウイルス学の進歩が期待されている。
今回の講演では、前半はアデノウイルス、後半はヘルペスウイルスについて、基礎と臨床の両面から最近の話題を提供する予定である。本講演がウイルス性眼疾患に対する研究と診療に役立つものとなれば非常に幸いである。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る