近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第13回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成23年4月15日(金)18:00~19:00
場 所:
近畿大学医学部附属病院 円形棟3階『小講堂』
講 師:
おかもと眼科 院長 岡本 紀夫先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『既存薬剤を眼科用薬剤へ』

岡本紀夫先生

おかもと眼科

院長
岡本 紀夫先生

眼科領域の薬剤はすでに他科で使用されている薬剤を溶液化することや、用途変更で使用している。  
本講演では既存薬剤である抗血小板剤シロスタゾールとアレルギー薬であるトラニラストを溶液化または懸濁液し、さらにはナノ化懸濁液まで製剤設計した。
トラニラストは他のアレルギー薬と異なり瘢痕抑制やケロイド治癒効果が報告されている。この点に注目し点眼以外の眼局所投与が可能な剤形に製剤設計することを試みた。トリアムシノロンを参考にしてトラニラスト懸濁液を作成し、これを斜視モデルの瘢痕抑制効果と硝子体可視化の実験をおこなった。
シロスタゾールは過去の研究では溶液化できても実用化に程遠いものであった。我々はシクロデキストリンで包接することにより溶液化することができた。これを暗所ウサギモデルで眼圧下降効果とラット視神経切断モデルで神経保護作用が認められた。
 講演では、製剤化の経緯・その製剤の眼科応用の可能性について述べたい。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る