近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第15回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成23年6月10日(金)17:15~18:15
場 所:
近畿大学医学部附属病院 PET診断部門棟3階『大会議室』
講 師:
東京医療センター感覚器センター 角田 和繁先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『オカルト黄斑ジストロフィー(三宅病)-最新の知見-』

角田和繁先生

東京医療センター
感覚器センター

角田 和繁先生

オカルト黄斑ジストロフィー(三宅病)は名古屋大学の三宅らにより1989年に初めて紹介された「眼底所見に異常の見られない家族性黄斑症」である。2010年には東京医療センターを中心とした研究チームにより、優性遺伝タイプの原因遺伝子としてRP1L1(Retinitis pigmentosa 1 like-1)が同定された。これは国内の大家系におけるDNA連鎖解析によって明らかにされたものであり、現在ではこの疾患は「三宅病(Miyake’s disease)」とも呼ばれるようになった。ヒトにおけるRP1L1の機能は完全には明らかにされていないが、視細胞内節・外節の構造維持、細胞内輸送に大きな役割を果たしていると考えられている。 本講演では三宅病の特徴的な臨床的所見について、ERG、OCT、網膜自発蛍光などの最新のデータを提示しながら、多数の症例をもとに紹介させて頂く。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る