近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第17回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成24年1月21日(土)16:00~17:00
場 所:
近畿大学医学部附属病院 円形棟3階『小講堂』
講 師:
東北大学国際高等融合領域研究所 准教授 富田 浩史先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『緑藻由来遺伝子を利用した視覚機能再建』

Dr. tomita

東北大学国際高等融合領域研究所 准教授

富田 浩史先生

網膜色素変性症(RP)では、網膜の視細胞が選択的に障害され失明に至るが、失明後も網膜内層の双極細胞、水平細胞、そして神経節細胞は比較的良く保たれていることが知られている。RP患者の視覚再建法として、これらの残存する網膜内層の神経細胞を電気的に刺激して、擬似的な光覚を生み出す「人工網膜研究」がアメリカ、ドイツ、日本を中心に行われている。当研究室では、機器によって光受容を代用する「人工網膜研究」を行うとともに、緑藻類由来の光活性化遺伝子「チャネルロドプシン-2」を網膜神経節細胞に導入し、網膜神経節細胞に光感受性を賦与することによる視覚再生法に取り組んでいる。 今回、後者の遺伝子治療について、この遺伝子治療によって得られる視覚機能と臨床研究に向けた取り組みを紹介する。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る