近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第21回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成24年6月16日(土)16:00~17:00
場 所:
近畿大学医学部附属病院 円形棟3階『大講堂』
講 師:
同志社大学大学生命医科学部医工学科・京都府立医科大学眼科
教授 小泉 範子先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『角膜内皮再生医療の現状と展望』

Dr. koizumi

同志社大学生命医科学部医工学科・教授

京都府立医科大学眼科・客員教授

小泉 範子先生

 我々の研究室では、角膜内皮疾患に対する再生医学的治療法の研究開発に取り組んでおり、点眼治療と細胞移植の2つのアプローチによって角膜内皮障害に対する新しい治療法を開発したいと考えている。我々はこれまでに、選択的Rhoキナーゼ(ROCK)阻害剤が霊長類培養角膜内皮細胞の接着と増殖を促進し、アポトーシスを抑制する効果があることを見出し、動物モデルを用いた研究によってROCK阻害剤の点眼投与が角膜内皮細胞の創傷治癒を促進し、高密度の角膜内皮細胞を再生できることを報告した。現在、京都府立医科大学において、初期の角膜内皮障害に対するROCK阻害剤点眼治療の探索的臨床研究を開始しており、一部の患者では角膜内皮機能の回復が得られている。一方、進行した水疱性角膜症に対しては、生体外で培養した角膜内皮細胞の前房注入治療の開発に取り組んでおり、2年以内の臨床応用を目指した前臨床研究を進めている。本講演の前半では角膜内皮再生医療の現状と展望について講演し、後半では臨床トピックスとして、新しい角膜感染症として注目されているサイトメガロウイルス角膜内皮炎の診断と治療について紹介する。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る