近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第23回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成24年11月10日(土)16:00~17:00
場 所:
近畿大学医学部附属病院 円形棟3階『大講堂』
講 師:
広島大学大学院医歯薬保健学研究院(視覚病態学)
准教授 近間 泰一郎 先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『角膜疾患の病態解明における細胞レベルでのアプローチ』

Dr. koizumi

広島大学大学院医歯薬保健学研究院(視覚病態学)

准教授 近間泰一郎先生

 角膜疾患は多岐にわたり,多くの先人たちによる病理学的あるいは生化学的解析などによりその病態が明らかにされてきている。各種疾患の病態解明には,前述のごとく組織を採取して病理学的検査(生検:biopsy)をすることが最も確実である。しかしながら,目の前の各症例において角膜に対する生検を行うことは,侵襲も大きく視機能の低下をもたらす可能性もある。とりわけ視力が保たれている症例では,生検に踏み切るのはためらわれるのが現状である。生体共焦点顕微鏡は,角膜全層を細胞レベルで観察できる。とくに,光源にレーザーを搭載しているレーザー生体共焦点顕微鏡(Heidelberg Retina Tomograph-III: HRT-III)では角膜モジュール(Rostock Cornea Module: RCM)を装着することで解像度の高い画像を得ることができる。生体共焦点顕微鏡を用いることで角膜内を非侵襲的に観察することが可能であることからin vivo biopsyと命名し,種々の角膜疾患を観察してきた。本講演では,角膜感染症,角膜ジストロフィ,再発性角膜びらん,タイゲソン角膜炎,TS−1角膜症などの角膜疾患に対する生体共焦点顕微鏡を用いた病態解明の細胞レベルでのアプローチについて述べる。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る