近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第27回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成25年10月19日(土)16:00~17:00
場 所:
近畿大学医学部附属病院 円形棟3階『小講堂』
講 師:
千照会 千原眼科  院長 千原悦夫 先生
 
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『最近の緑内障チューブシャント手術』

千照会 千原眼科

院長 千原悦夫 先生

 

緑内障チューブシャント手術は開発開始から長い年月を経てその手術成績が改善され2012年4月にやっと保険収載される水準に達し、その後は急激に手術例数が増えている。このように普及してきた理由は材質、デザインの改良とともに起こり得るトラブルに対する対処法が確立されてきたことが大きい。開発の途上で特に難しかったのは微量の房水をどのように安定的かつ安全に眼外に排出するメカニズムを構築するかであった。緑内障チューブシャントにはロングシャントとミニチューブの2種類があるがOOKPのように輪部の瘢痕が高度の場合,通常のトラベクレクトミーやEX-PRESSでは歯が立たないので、このような難しい眼に対してはロングチューブが良い適応になる。難問はこのような難治例の眼圧と視機能の判定であろう。今回はOOKPを受けられた患者さんの治療経過を概括してチューブシャントの有用性について述べたい。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る