近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第29回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成26年3月1日(土)16:00~17:00
場 所:
円形棟3階 小講堂
講 師:
杏林大学 杏林アイセンター 教授 山田昌和 先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『ドライアイ 確かなこと、不確かなこと』

杏林大学 杏林アイセンター

教授 山田昌和先生

 

ドライアイは基礎研究、臨床研究の積み重ねによって慢性の眼表面疾患を包括する疾患概念に成長してきた。新規治療薬の開発、一般社会での高い認知度や有病率の高さも相まって臨床的重要性が増してきている。このなかで涙液の3層構造モデルの見直しやドライアイのコアメカニズムとしての涙液浸透圧上昇や炎症の関与、涙液層別治療の考え方など新しい概念が提唱されている。ここでは、涙液やドライアイに関する基本的な概念を最近の知見を基に見直し、確かなことと不確かなことを検証してみたい。ドライアイ研究と臨床の現状を総括することで、先生がたにドライアイに対してより一層の興味を持っていただくきっかけになれば幸いである。

 

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る