近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第30回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成26年5月30日(金)18:00~19:00
場 所:
円形棟3階 小講堂
講 師:
自然科学研究機構生理学研究所 感覚認知情報研究部門
教授 小松英彦 先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『視覚系における面の表現と補完』

自然科学研究機構

生理学研究所

感覚認知情報研究部門

教授 小松英彦先生

 

物体の網膜像は輪郭と面で構成されている。網膜像が視覚神経系で処理されて物体の認識にいたる過程では、輪郭や面の情報を網膜像から取り出し分析する処理が行われていると考えられる。このうち輪郭情報処理については、多くの研究が行われその仕組みがかなり分かっているが、面の情報処理については研究が遅れていた。しかし面の知覚には、視野内の情報が欠損する部分を周囲の情報を使って埋めたり、解像度の低い周辺視野でもリアルな模様が見えるといった興味深い性質がある。この講演ではこれらの面の知覚に関する心理物理学的な知見をいくつか紹介したのち、私たちのグループが行ってきた生理学的な研究から見えてきた視覚神経系における面の情報処理の仕組みについて紹介したい。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る