近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第31回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成26年6月26日(木)17:30~18:30
場 所:
円形棟3階 小講堂
講 師:
ウエダ眼科 院長
山口大学医学部眼科 臨床教授
植田喜一 先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『質の高いコンタクトレンズ診療をめざして』

ウエダ眼科 院長

山口大学医学部眼科 臨床教授

植田喜一 先生

 

コンタクトレンズ(以下CL)は主として屈折異常や老視を矯正する高度管理医療機器であるが、CL自体は眼にとって異物であるため、適切に処方されたものを正しく使用しなければ眼障害を生じることがある。 CL診療は処方だけでなく定期検査、苦情処理、CLによる眼障害を生じた際の対処など、基本的な知識に加えて、CLに関する専門的な知識が必要とされるので、多岐にわたる対応を要求される。質の高いCL診療を行うには、眼科医の知識、技術の向上だけでなく、サポートするスタッフの育成も必要である。 演者は開業医として日常診療を行いながら、月に1度山口大学付属病院眼科のCL専門外来の診療も行っている。CL専門外来では、円錐角膜や角膜移植後などの角膜不正乱視、先天性白内障術後などの難症例を診ることが多い。 本講演では、質の高いCL診療を実現するにはどのようにしたらよいか、日々の診療から感じていることをふまえながら演者の考えを述べる。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る