近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第34回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成27年3月5日(木)17:00~18:00
場 所:
円形棟3階 小講堂
講 師:
理化学研究所 多細胞システム形成研究センター
網膜再生医療研究開発プロジェクト
プロジェクトリーダー 高橋 政代先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『iPS細胞と網膜疾患』

理化学研究所

多細胞システム形成研究センター

網膜再生医療研究開発プロジェクト

高橋 政代 先生

 

昨年iPS細胞を用いた治療が開始された。既存の治療を繰り返しても再発を繰り返す加齢黄斑変性の患者を選び、患者のiPS細胞から作った網膜色素上皮細胞シートを網膜下に自家移植した。iPS細胞は未だ世界的に多くの研究者たちが臨床応用は危険であると誤解しており、最初の臨床研究の目的は細胞シートの安全性を示すことである。有効性の評価は副次項目となるが、これは通常の新規薬剤の治験と同様の手順である。

視細胞移植については動物実験で視細胞を含んだ網膜シート移植にて移植視細胞が長期に生存しているという結果が得られている。今後効果を判定し臨床に使えるように手順を整えていく非臨床試験へと進む。

日本は昨年11月から新しくなった薬事法の中に再生医療の新しい章を作り、再生医療を進めるのに適した法整備がなされた。この法律は省庁とアカデミアの協力で生まれ、協力で成功させなければならない法律である。再生医療の今後を考える。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る