近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第3回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成21年9月12日(土)16:30~18:00
場 所:
近畿大学医学部附属病院 円形棟3階『小講堂』
講 師:
滋賀医科大学眼科 病院教授 西田 保裕
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『外眼筋の画像診断と手術療法』

大沼一彦

滋賀医科大学眼科
病院教授
西田 保裕

第1部「外眼筋の画像診断」
外眼筋は眼窩から結膜・テノン嚢下を走行しているため、眼科の診察では直視できない組織である。このため、外眼筋の形態観察にはCTやMRIが有用となる。特に、炎症により外眼筋の腫大をともなう甲状腺眼症に対し、MRIを施行すると外眼筋腫大だけでなく、その信号強度により炎症の評価も可能となる。
本講演では、最近登場した3テスラ高磁場MRI装置で撮像した甲状腺眼症症例を中心に供覧する。
第2部「外眼筋の手術療法」
麻痺性斜視の手術療法は、共同性斜視と同様に前後転術が多用されている。しかし、麻痺が高度で、筋の収縮力が著しく低下した症例では、健常筋を麻痺筋の作用方向に移動させる筋移動術が有効である。我々はこれまで、より低侵襲な筋移動術の考案に取り組み、稲富法、そして最近では上下直筋全幅移動術を考案、実施している。
本講演では、これらの術式とその矯正効果について解説する。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る