近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第40回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成28年9月8日(木)18:00~19:00
場 所:
病院棟3階 大会議室
講 師:
近畿大学薬学部医療薬学科
製剤学研究室
准教授 伊藤 吉將先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『近畿大学医薬連携による医薬品開発:ナノ化医薬品の眼科領域への応用 』

近畿大学薬学部医療薬学科
製剤学研究室

准教授 伊藤 吉將先生

 
近畿大学医学部眼科学教室と薬学部製剤学研究室の医薬連携共同研究は初代薬学総合研究所所長 寺尾求馬理事の主導で2000年に「白内障治療点眼剤の開発」をテーマとして開始されたが、5年間の苦難の道を歩み2005年に「医薬品の角膜透過性の改善とナノ化医薬品の点眼剤への応用研究」を追加することにより、本年までに研究論文24報(英文13報、邦文11報)、学会発表40報(国内36報、国際4報)と発展してきた。さて,今回の講演においては,両教室で開発を進めている抗緑内障薬製剤シロスタゾール・ナノ分散点眼液の研究の進捗状況とナノ化医薬品の眼科領域での今後の応用性について講演する。シロスタゾールのナノ粒子化は純度の高い再結晶を得ることから始まり、さらには分散媒中での安定性を確保するための添加物の検討を行い最終的に良好なナノ製剤を得ることに成功した。また、STZ処理ラットを用いてシロスタゾール・ナノ分散点眼液の有効性について網膜電図(ERG)の改善を指標として明らかにした。最後に、下村嘉一教授と現在開発中の「IoTを応用した定量投与点眼ディバイス(インクジェット方式)」のご紹介をしたいと考えている。今回の講演では,下村嘉一教授との共同研究で成果を上げたものを中心としており,これら研究成果は先に述べたように、すでに学会発表及び研究論文となっていますので,詳細につきましてはこれらを参照して頂きたい。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る