近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第42回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成28年10月28日(金)18:00~19:00
場 所:
円形棟3階 小講堂
講 師:
山口大学大学院医学系研究科 眼科学
講師 森重 直行先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『角膜の透明性を維持するために ~角膜実質の役割とその特徴~ 』


山口大学大学院医学系研究科 眼科学

講師 森重 直行先生

 
角膜は眼球視軸の最表面に位置するため,その透明性を維持することは必須命題である。角膜実質は角膜の大部分を占め,角膜の組織としての構造を維持するのに重要な役割を担っている。角膜実質が透明であるためには,角膜実質を構成するコラーゲン線維が規則正しく配列することが必須である。非線形光学系のひとつである第2次高調波発生(SHG)の検出を応用したSHG顕微鏡を観察系に用いることにより,正常角膜や疾患角膜におけるコラーゲン線維の束で構成されるコラーゲン線維束の構造を解析することが可能となった。また,角膜実質中に存在する角膜実質細胞は,様々な外的刺激に反応しその性質を変化させる。角膜実質における瘢痕形成のキープレーヤーである筋線維芽細胞の動態について解析し,瘢痕形成のメカニズムやその抑制の可能性など,角膜実質の混濁制御の可能性について考察したい。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る