近畿眼科先進医療研究会

平成29年
3月22日(水)6月2日(金)8月19日(土)10月4日(水)
平成28年
4月13日(水)8月22日(月)9月8日(木)10月8日(土)
10月28日(金)|12月2日(金)|12月5日(月)
平成27年
2月21日(金)3月5日(土)7月18日(土)11月13日(金)
12月19日(土)
平成26年
1月24日(金)3月1日(土)5月30日(金)6月26日(木)
11月1日(土)
平成25年
3月2日(土)6月15日(土)10月3日(木)10月19日(土)
平成24年
1月21日(土)2月29日(水)3月4日(日)4月21(土)
6月16(土)7月4日(水)11月10日(土)
平成23年
4月8日(金)4月15日(金)6月8日(水)6月10日(金)
6月30日(金)
平成22年
3月27日(土)7月16日(金)7月21日(水)8月18日(水)
9月5日(日)9月15日(水)9月18日(土)
平成21年
2月1日(日)4月11日(土)9月12日(土)12月19日(土)

第5回近畿眼科先進医療研究会

日 時:
平成22年3月27日(土)16:00~17:30
場 所:
近畿大学医学部附属病院 円形棟3階『小講堂』
講 師:
筑波大学 教授 大鹿 哲郎先生
対象者:
近畿眼科先進医療研究会会員

研修テーマ:『白内障手術2010』

大鹿哲郎先生

筑波大学
教授
大鹿 哲郎先生

近年の白内障手術の進化におけるキーワードは、第一に低侵襲化であろう。手術に差し支えないならば、なるべく生体の切開幅を小さくしたいというのは、外科医なら誰もが考えることで、低侵襲手術(minimally invasive surgery)は昨今の外科手術における共通のキーワードとなっている。白内障手術は、低侵襲化の歴史を歩んできた最たるもので、この20年間で11mm → 7mm → 6mm → 5.5mm → 4mm → 3mm → 2mmと小切開創化へのたゆまぬ努力が続けられており、その努力が見事な形で結実している顕著な成功例といえる。
第二のキーワードは、術後視機能の向上であろう。術後乱視の問題はほとんど解決したので、次は着色IOL、非球面IOL、多焦点IOL、トーリックIOLなどの、付加価値IOLが大いに議論されているところである。第三としては、難症例への対応が挙げられる。知識の蓄積と技術の向上によって、難症例でも通常の症例と変わらない精度で手術が行われるようになってきている。そして、すべての進化に共通した基盤として、手術器機や補助薬の進化がある。これ抜きにして、白内障手術の発展を語ることは出来ない。
講演では、白内障手術に関する最新のトピックスを、まとめてみたい。

近畿眼科先進医療研究会トップに戻る