top_bar


校舎外観 4つの診療グループ 高度な手術技術 共に学ぶ仲間 研修風景 スポーツ外傷/臨床研究

ニュース|お知らせ

  • 2018年7月10日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ A Case of Atypical Lipomatous Tumor that Dedifferentiated with Second Recurrence after Additional Resection ”が Cureusにacceptされました。
  • 2018年7月3日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Methotrexate-associated lymphoproliferative disorder in an elderly rheumatoid arthritis patient after long-term oral administration: A Case Report ”が Molecular and Clinical Oncologyにacceptされました。
  • 2018年6月30日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Clinical outcomes of patients who undergo additional excision after unplanned excision surgery for soft tissue sarcoma ”が Biomedical Research(IF= 0.219)にacceptされました。
  • 2018年6月27日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Lectin-like, oxidized low-density lipoprotein receptor-1-deficient mice show resistance to age-related knee osteoarthritis: mini review ”が Journal of Rare Diseases Research & Treatmentにacceptされました。
  • 2018年6月18日
    山岸孝太郎助教Aの学位論文“ Activation of the renin-angiotensin system in mice aggravates mechanical loading-induced knee osteoarthritis ”がEuropean Journal of Histochemistry(IF 2.3)にacceptされました。
  • 2018年6月11日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Aggressive superficial acral fibromyxoma of the great toe: A case report and mini-review of the literature ”が Molecular and Clinical Oncologyにacceptされました。
  • 2018年6月4日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ LOX-1-deficient mice are resistant to zymosan-induced arthritis: A mini review ” がJournal of Immunological Scienceにacceptされました。
  • 2018年6月4日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Possible involvement of cyclooxygenase-2 in the recurrence of desmoid fibromatosis: case series and mini-review of the literature ”がBiomedical Research(IF=0.219)にacceptされました。
  • 2018年5月23日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Tuberculoma with phlegmon-like symptoms mimicking soft tissue sarcoma in the wrist: A case report ”が Molecular and Clinical Oncologyにacceptされました。
  • 2018年5月22日
    柿木良介教授の英語論文“ Use of Dorsal Skin Islands as Firebreak Grafts to the Palm to Reduce the Recurrence Rate of Dupuytren's Contracture ”がTechniques in Hand and Upper Extremity Surgeryにacceptされました。
  • 2018年5月22日
    西地晴彦助教Aの演題「 Clavicula pro humero 法と遊離血管柄付き腓骨移植を併用した上腕骨骨肉腫の一例 」が第100回整形外科金剛会にて最優秀演題賞を受賞しました。
  • 【研究会のお知らせ】
    2018年5月19日(土)14:50〜18:00 第100回整形外科金剛会を堺市産業振興センター(大阪府堺市)にて開催します。
  • 2018年4月17日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ An Isolated Case of Brachyphalangism of the Basal Finger Bones of the Little Finger with Symptoms of Tenosynovitis: A Case Report ”が Open Journal of Rheumatology and Autoimmune Diseasesにacceptされました。
  • 2018年4月17日
    中村文久/大学院生の英語論文“ Cyclic compressive loading activates AT1 receptor in chondrocytes and stimulates hypertrophic differentiation through a G-protein-dependent pathway ”がFEBS Open Bio (IF 2.143) にacceptされました。
  • 2018年4月16日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Desmoid tumor causing hip joint contracture: A case report ”がOpen Journal of Orthopedics (IF 0.2) にacceptされました。
  • 2018年4月13日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Intraneural synovial sarcoma of the tibial nerve: A case report ”がRare Tumorsにacceptされました。
  • 2018年4月4日
    宮本裕史准教授の英語論文“ An algorithmic strategy of surgical intervention for cervical degenerative kyphosis ”が Journal of Orthopaedic Science (IF 1.133) にacceptされました。
  • 2018年4月2日
    新年度に向けて、スタッフ紹介ページ、外来担当医表、専門外来担当表をそれぞれ更新致しました。
  • 2018年3月29日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Low-grade fibromyxoid sarcoma in the left gluteal region presenting as sciatic nerve pain: A case report” がOpen Journal of Orthopedics (IF 0.2) にacceptされました。
  • 【研究会のお知らせ】
    2018年4月7日(土)16:45〜19:00 第4回南大阪ロコモ研究会をシェラトン都ホテル(大阪府大阪市)にて開催します。
    講演1:山田 宏 先生(和歌山県立医科大学整形外科教授)
    「腰曲がりに対する新しい低侵襲手術」
    講演2:大江 隆史 先生(NTT東日本関東病院院長補佐(手術部長)/ロコモチャレンジ!推進協議会委員長)
    「これがロコモの進む道ーフレイル・サルコペニアとのつきあい方ー」
  • 【研究会のお知らせ】
    2018年3月24日(土)16:50〜19:00 第6回南大阪運動器診療連携研究会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。
    講演1:西村 俊司 先生(近畿大学医学部整形外科講師)
    「当教室で治療した骨軟部腫瘍疾患と近年の活動報告」
    講演2:荒巻 忠道 先生(医療法人荒巻会あらまき整形外科クリニック院長)
    「整形外科開業医の可能性~リハビリ・RAについて~」
    講演3:吉矢 晋一 先生(兵庫医科大学整形外科主任教授)
    「成長期膝スポーツ外傷・障害の評価と治療」
  • 2018年3月5日
    中村文久/大学院生が日本整形外科学会専門医試験に合格しました。
  • 2018年3月5日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Aggressive intraosseous lipoma of the intermediate phalanges of the thumb: A case report”がMolecular and Clinical Oncologyにacceptされました。
  • 【学会開催のお知らせ】
    2018年7月6日(金)7日(土)、第41回日本骨・関節感染症学会を大阪府立国際会議場
    (グランキューブ大阪)12F特別会議場にて開催します。
    演題募集期間:2018年2月1日(木)~3月15日(木)
    詳しくは学会HP(http://kindai-ortho.com)をご覧下さい。
  • 2018年1月23日
    当教室のfacebookページを開設しました。右下のバナーをクリックするとジャンプします。
  • 2018年1月22日
    柿木良介教授の多施設共同研究論文“ Vascularized bone graft to the lunate combined with temporary scaphocapitate fixation for treatment of stage III Kienböck's disease: A report of the results, a minimum of 2 years after surgery ”が Journal of Hand Surgery (American) (IF 1.606) にacceptされました。
  • 2018年1月9日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ LOX-1 deficient mice show resistance to zymosan-induced arthritis”がEuropean Journal of Histochemistry (IF 2.3) にacceptされ、Vol.62:2847にpublishされました。
  • 2018年1月6日
    第32回近整会総会・学術集会がホテル・アゴーラリージェンシー堺にて過去最高となる91名の参加者を得て盛会に行われました。また、初期研修医2年目の伊藤智彦先生が「特殊な受傷起点に伴う股関節脱臼骨折の治療経験」にて最優秀演題賞を受賞、墳本一郎助教Aの英語論文”Anteroposterior Rotational References of the Tibia for Medial Unicompartmental Knee Arthroplasty in Japanese Patients ”がJournal of Arthroplasty (IF 2.8) 掲載 にて近畿大学整形外科同門会会長賞を受賞しました。おめでとうございます。
  • 2017年12月7日
    12月5日の医学部組織検討委員会で整形外科「運動器外傷センター」の設置が認められました。センター長には大谷和裕准教授(S62年近大卒)が内定しています。初期研修医および専攻医の先生方にも大いに活躍してもらえるセンターです。
  • 2017年12月5日
    橋本和彦先生(医学部講師、腫瘍班、近大H18年卒)の海外留学が決まりました。
    留学先は、カナダ、トロント大学、マウント・サイナイ病院のWunder S Jay博士、Irene Andrelius博士の元です。 両博士は日整会骨軟部腫瘍学会にも度々招かれている骨軟部腫瘍の世界的権威です。 2018年4月から1年間の予定です。
  • 【学術集会のお知らせ】
    2018年1月6日(土)14:00〜 第32回近整会学術集会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。
  • 2017年11月1日
    墳本一郎助教Aの英語論文“ Anteroposterior References of the Tibia for Medial Unicompartmental Knee Arthroplasty in Japanese Patients ”がJournal of Arthroplasty Vol.32 にpublishされました。
  • 2017年9月
    今年4月から稼働しております医学部附属病院人工関節センターのHPが開設されました。 http://www.med.kindai.ac.jp/ortho/kinkdai-knee/ ご覧下さい。
  • 9月28日(木)、「第2回整形外科骨折セミナー」が附属病院ER棟5階大会議室で開催されました。今回のテーマは「橈骨遠位端骨折のプレート固定」で、柿木教授によるミニレクチャーと模擬骨を用いたワークショップを行いました。15名の初期研修医、11名の関連病院医師、9名の狭山医局医師の参加があり、和やかな雰囲気の中で熱心に実技修練が行われました。 ご参加の皆様、ありがとうございました。
  • 2017年9月13日
    近畿大学医学部整形外科2018年専門研修プログラムは、日本専門医機構による二次審査に合格しました。 初期臨床研修2年生のプログラム参加登録(第一次)は10月10日から開始される予定です。 また、日整会ホームページの研修プログラム一覧は来週19日(火)に更新され、2018年研修プログラムが掲載されます。
  • 【セミナーのお知らせ】
    『第2回整形外科骨折セミナー』 日程:9月28日(木) 18:00~ 場所:近畿大学医学部附属病院 救急災害棟 5階大会議室 テーマ:「橈骨遠位端骨折の実際」 講師および実技指導:柿木良介教授、医局および関連病院スタッフ 多数の先生方のご参加をお待ちしております。
  • 2017年9月8日
    森竹章公医員/大学院生の英語論文“ Plasminogen activator inhibitor-1 deficiency enhances subchondral osteopenia after induction of osteoarthritis in mice ”が BMC Musculoskeletal Disorders (IF 2.3) に acceptされました。
  • 【研究会のお知らせ】
    2017年8月26日(土)14:45〜18:20 第26回近整会夏期研究会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。
  • 2017年6月9日
    橋本和喜医学部講師の英語論文“ Radiologic Features of Dropped Head Syndrome in the Overall Sagittal Alignment of the Spine ”がEuropean Spine Journal (IF 2.6) にacceptされました。
  • 2017年5月29日
    市立岸和田市民病院整形外科の橋本晃明先生の演題「同側の近位および遠位橈尺関節脱臼をきたした1例」が第99回整形外科金剛会にて最優秀演題賞を受賞しました。
  • 2017年5月2日
    宮本裕史准教授の英語論文“ Effect of correction surgery for cervical kyphosis on compensatory mechanisms in overall spinopelvic sagittal alignment ”がEuropean Spine Journal (IF 2.1) にacceptされました。
  • 【研究会のお知らせ】
    2017年5月27日(土)14:50〜18:00 第99回整形外科金剛会を堺市産業振興センター(大阪府堺市)にて開催します。
  • 2017年4月25日
    墳本一郎助教Aの英語論文“ Anteroposterior References of the Tibia for Medial Unicompartmental Knee Arthroplasty in Japanese Patients ”がJournal of Arthroplasty (IF 2.8) にacceptされました。
  • 2017年4月1日
    近畿大学医学部附属病院は一般社団法人日本脊椎脊髄病学会“脊椎脊髄外科専門医基幹研修施設”として認定されました。
  • 2017年3月27日
    赤木將男教授の国際共同研究論文“ Does the Availability of Additional Mediolateral Implant Options Improve Femoral Component Fit across ethnicities during Total Knee Arthroplasty? Results of a Multicentre Study ”がJBJS Open Access (IF 5.2) にacceptされました。
  • 2017年3月27日
    赤木將男教授の多施設共同研究論文“ Incidence of venous thromboembolism and bleeding events in patients with lower extremity orthopaedic surgery: A retrospective analysis of a Japanese healthcare database ”が Journal of Orthopaedic Surgery and Research (IF 1.2) にacceptされました。
  • 2017年3月27日
    病理学教室との共同研究論文“ Manifestation of osteoblastic phenotypes in the sarcomatous component of epithelial carcinoma and sarcomatous carcinoma ”がTumor Biology (IF 2.9) にacceptされました。近畿大学医学部奈良病院の村上哲平助教Aが2nd authorに入っています。
  • 2017年3月13日
    柿木良介教授の英語論文“ Suspension arthroplasty combined with ligament reconstruction of the thumb carpometacarpal joint to salvage two failed arthroplasties:A case report ”がJournal of Orthopaedic Case Reports にacceptされ、Vol.6 No.6にpublishされました。
  • 2017年2月20日
    育和会記念病院整形外科の西地晴彦先生が、日本整形外科学会専門医試験に合格しました。
  • 2017年2月9日
    「骨線維性異形成症の長期経過中に発生した脛骨骨肉腫の一例」近畿大学整形外科 岡 尚宏 他 が、第449回整形外科集談会京阪神地方会のBest Paper Awardにノミネートされました。
  • 2017年2月9日
    橋本和彦助教Aの英語論文“ Lectin-like, oxidized low-density lipoprotein receptor-1-deficient mice show resistance to age-related knee osteoarthritis.”がEuropean Journal of Histochemistry (IF 2.4) にacceptされました。
  • 2017年2月1日
    池田光正医学部講師の英語論文“ Effects of alendronate on trabecular bone score in glucocorticoid-treated patients ”が Acta Medica Kindai University にacceptされ、Vol.42 No.1にてpublishの予定となりました。
  • 【研究会のお知らせ】
    2017年3月25日(土)16:50〜19:00 第5回南大阪運動器診療連携研究会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。
  • 2017年1月16日
    墳本一郎助教Aの英語論文“ The Development of a Novel Bone Filler,Titanium Wire Ball ”が Acta Medica Okayama にacceptされ、Vol.71 No.1にpublishの予定となりました。
  • 2017年1月13日
    西村俊司医学部講師の英語論文“ Successful treatment with denosumab in a patient with sacral giant cell tumor of bone refractory to combination therapy with arterial embolization and zoledronic acid: A case report ”が Molecular and Clinical Oncology にacceptされ、Vol.6 にpublishの予定となりました。
  • 2017年1月7日
    第31回近整会学術集会にて、墳本一郎助教Aが演題「当科におけるカップ関節形成術後長期生存例に関する検討」にて最優秀演題賞を受賞、井上紳司助教Aが英語論文”The Valgus Inclination of the Tibial Component Increases the Risk of Medial Tibial Condylar Fractures in Unicompartmental Knee Arthroplasty ”Journal of Arthroplasty掲載 にて近畿大学整形外科同門会会長賞を受賞しました。
  • 【学術集会のお知らせ】
    2017年1月7日(土)14:45〜18:30 第31回近整会学術集会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。

今までのニュースはこちらから一覧できます。

circle近畿大学医学部整形外科学教室
〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2
TEL 072-366-0221(内線3212) FAX 072-366-0206
整形外科専攻医募集 人工関節センター ごあいさつ 研究・業績 モーニングレクチャー一覧表 自主臨床研究 患者様へのご案内 近畿大学医学部附属病院 近畿大学医学部 近畿大学外学院医学研究科

arrow_upこのページのTOPへ