top_bar


校舎外観 4つの診療グループ 高度な手術技術 共に学ぶ仲間 研修風景 スポーツ外傷/臨床研究

ニュース|お知らせ

  • 2017年6月9日
    橋本和喜医学部講師の英語論文”Radiologic Features of Dropped Head Syndrome in the Overall Sagittal Alignment of the Spine ”がEuropean Spine Journal (IF 2.6)にacceptされました。
  • 2017年5月29日
    市立岸和田市民病院整形外科の橋本晃明先生の演題「同側の近位および遠位橈尺関節脱臼をきたした1例」が第99回整形外科金剛会にて最優秀演題賞を受賞しました。
  • 2017年5月2日
    宮本裕史准教授の英語論文”Effect of correction surgery for cervical kyphosis on compensatory mechanisms in overall spinopelvic sagittal alignment ”がEuropean Spine Journal (IF 2.1)にacceptされました。
  • 【研究会のお知らせ】
    2017年5月27日(土)14:50〜18:00 第99回整形外科金剛会を堺市産業振興センター(大阪府堺市)にて開催します。
  • 2017年4月25日
    墳本一郎助教Aの英語論文”Anteroposterior References of the Tibia for Medial Unicompartmental Knee Arthroplasty in Japanese Patients ”がJournal of Arthroplasty (IF 2.8)にacceptされました。
  • 2017年4月1日
    近畿大学医学部附属病院は一般社団法人日本脊椎脊髄病学会“脊椎脊髄外科専門医基幹研修施設”として認定されました。
  • 2017年3月27日
    赤木將男教授の国際共同研究論文”Does the Availability of Additional Mediolateral Implant Options Improve Femoral Component Fit across ethnicities during Total Knee Arthroplasty? Results of a Multicentre Study ”がJBJS Open Access (IF 5.2)にacceptされました。
  • 2017年3月27日
    赤木將男教授の多施設共同研究論文”Incidence of venous thromboembolism and bleeding events in patients with lower extremity orthopaedic surgery: A retrospective analysis of a Japanese healthcare database ”が Journal of Orthopaedic Surgery and Research (IF 1.2)にacceptされました。
  • 2017年3月27日
    病理学教室との共同研究論文”Manifestation of osteoblastic phenotypes in the sarcomatous component of epithelial carcinoma and sarcomatous carcinoma ”がTumor Biology (IF 2.9)にacceptされました。近畿大学医学部奈良病院の村上哲平助教Aが2nd authorに入っています。
  • 2017年3月13日
    柿木良介教授の英語論文”Suspension arthroplasty combined with ligament reconstruction of the thumb carpometacarpal joint to salvage two failed arthroplasties:A case report ”がJournal of Orthopaedic Case Reports にacceptされ、Vol.6 No.6にpublishされました。
  • 2017年2月20日
    育和会記念病院整形外科の西地晴彦先生が、日本整形外科学会専門医試験に合格しました。
  • 2017年2月9日
    「骨線維性異形成症の長期経過中に発生した脛骨骨肉腫の一例」近畿大学整形外科 岡 尚宏 他 が、第449回整形外科集談会京阪神地方会のBest Paper Awardにノミネートされました。
  • 2017年2月9日
    橋本和彦助教Aの英語論文”Lectin-like, oxidized low-density lipoprotein receptor-1-deficient mice show resistance to age-related knee osteoarthritis.”がEuropean Journal of Histochemistry (IF 2.4) にacceptされました。
  • 2017年2月1日
    池田光正医学部講師の英語論文”Effects of alendronate on trabecular bone score in glucocorticoid-treated patients ”が Acta Medica Kindai University にacceptされ、Vol.42 No.1にてpublishの予定となりました。
  • 【研究会のお知らせ】
    2017年3月25日(土)16:50〜19:00 第5回南大阪運動器診療連携研究会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。
  • 2017年1月16日
    墳本一郎助教Aの英語論文”The Development of a Novel Bone Filler,Titanium Wire Ball ”が Acta Medica Okayama にacceptされ、Vol.71 No.1にpublishの予定となりました。
  • 2017年1月13日
    西村俊司医学部講師の英語論文”Successful treatment with denosumab in a patient with sacral giant cell tumor of bone refractory to combination therapy with arterial embolization and zoledronic acid: A case report ”が Molecular and Clinical Oncology にacceptされ、Vol.6 にpublishの予定となりました。
  • 2017年1月7日
    第31回近整会学術集会にて、墳本一郎助教Aが演題「当科におけるカップ関節形成術後長期生存例に関する検討」にて最優秀演題賞を受賞、井上紳司助教Aが英語論文”The Valgus Inclination of the Tibial Component Increases the Risk of Medial Tibial Condylar Fractures in Unicompartmental Knee Arthroplasty ”Journal of Arthroplasty掲載 にて近畿大学整形外科同門会会長賞を受賞しました。
  • 【学術集会のお知らせ】
    2017年1月7日(土)14:45〜18:30 第31回近整会学術集会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。

今までのニュースはこちらから一覧できます。

circle近畿大学医学部整形外科学教室
〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2
TEL 072-366-0221(内線3212) FAX 072-366-0206
整形外科専攻医募集 ごあいさつ 研究・業績 モーニングレクチャー一覧表 自主臨床研究 患者様へのご案内 近畿大学医学部附属病院 近畿大学医学部 近畿大学外学院医学研究科

arrow_upこのページのTOPへ