日本語 | English
近畿大学 医学部 生理学講座では、高次脳機能のシステム的解明を目指した研究を行なっています。 学生教育では、主に医学部2年生を対象に、呼吸器系・消化器系・神経系の生理学の教育を担当しています。 Our laboratory is Department of Physiology in Faculty of Medicine, Kindai University. We are engaged in systems neuroscience, especially in higher brain functions. In medical education, we give lectures on basic physiology of respiratory, digestive and neural systems, that is a part of the second-year medical course.
メンバー Staffs
常勤スタッフ Core Members
稲瀬(瀨) 正彦 教授 Prof. Masahiko Inase
高次脳機能の認知神経生理学 Cognitive neuroscience in higher brain function
村田 哲 准教授 Assoc. Prof. Akira Murata
感覚運動統合を中心とした脳高次機能 Brain functions related to sensori-motor integration
千葉 惇 医学部講師 Lecturer Atsushi Chiba
神経生理学 Neurophysiology
望月 圭 助教 Research Assoc. Kei Mochizuki
感覚運動制御の心理学・認知神経科学 Cognitive control in sensori-motor regulation
秘書 Secretary
非常勤講師 (50音順・敬称略) Invited Lecturers
渋谷 まさと Masato Shibuya
女子栄養大学 短期大学部 Junior College of Kagawa Nutrition University
高田 昌彦 Masahiko Takada
京都大学 霊長類研究所 Primate Research Institute, Kyoto University
南部 篤 Atsushi Nambu
岡崎国立共同研究機構 生理学研究所 National Institute for Physiological Sciences
共同研究・研究協力等 Collaborators
中陦(隯) 克己 Katsumi Nakajima
岩手医科大学 医学部 Iwate Medical University
倉岡 康治 Koji Kuraoka
関西医科大学 医学部 Kansai Medical University
日暮 泰男 Yasuo Higurashi
山口大学 共同獣医学部 Yamaguchi University
教育 Education
医学の基礎として人体の機能をより良く理解することが出来るように、分析的知識だけではなく、各々の機能の関連性や統合性を重視して教育を行なっています。 人体の諸機能が、進化・分化の過程で如何なる意味をもつに到ったかを考えられる医師づくりを目指し、カリキュラムを組み立てています。 In medical education, we emphasize the interrelationship and integration of physiological systems in order to achieve deeper understanding of basic human body functions. Our mission is to train medical doctors who can understand the human body in health and diseases from the viewpoints of physiological, developmental and evolutionary underpinnings.
第2学年次の生理学では、主として呼吸器系・消化器系・神経系の機能について講義及び実習を行ないます。 講義内容は基本的事項の理解と、適切なものの考え方の養成に重点をおきます。 実践的事項については、場合により実習時に小グループでの教育も行ないます。 また一部のテーマについては、その分野の専門の講師を招き、近年の学術研究成果をまじえた最新の内容を講義してもらっています。 We mainly teach physiological functions of respiratory, digestive and neural systems by lectures and practices. In lectures, understandings of basic functions and proper logical thinking are of particular importance. We also adopt small group activities for practical instruction and discussion during physiological practice. For some topics, we have professional invited lecturers in the fields to present latest research outcomes and advanced theories.
到達目標は人体の機能とその相互の協関についての基本的事項を理解することです。 したがって個々の事柄をばらばらに暗記しただけでは、充分に学習目標を達成したことにはなりません。 解剖学や生化学との関連性も意識して学習を行なうようにしてください。 講義は学生の理解度を確かめながら進めていきます。 The goal of the course is to understand the human body functions and their interrelationship. This means that a mere rote memorization of individual terms is insufficient to acquire course credit. Students are encouraged to review other related courses such as anatomy and biochemistry. We will repeatedly check the students' level of understandings in classes.
授業計画 Course Schedule
典型年度における授業スケジュールの例を示します。 必ずしもこのとおりの時間割になるとは限りません。 またspare timeにも補講や実習説明等を行ないます。 Physiological course takes place for four weeks, mainly on July (from the end of June to July). Examinations are held twice, first for respiratory and digestive systems, and second for neural system.
12345
テュートリアル呼吸器系総論呼吸器系の機能
呼吸器の構造ガス交換換気呼吸の調節血液ガスの運搬
テュートリアル消化器系の概観消化管の運動消化液の分泌
医学英語消化器の構造食物の消化消化液での吸収
テュートリアル発表準備肝臓の機能発表総括講義
自習自習
12345
テュートリアル膜電位活動電位シナプス伝達筋収縮
中枢性シナプス脊髄反射神経生理実習1
テュートリアル脳の基本構造神経生理実習2
医学英語脊髄伝導路神経生理実習3
テュートリアル発表準備臨床神経解剖1発表総括講義
自習自習
12345
テュートリアル脳幹運動制御小脳と大脳基底核
臨床神経解剖2大脳皮質と視床脳解剖実習1
テュートリアル視覚1神経生理実習4
医学英語視覚2神経生理実習5
テュートリアル大脳連合野神経生理実習6
自習自習
12345
祝日
視床下部と体内時計脳解剖実習2
テュートリアル脳循環自律神経言語味覚と嗅覚
医学英語大脳運動野体性感覚聴覚と前庭感覚
神経発生と先天異常発表総括講義
自習自習
研究 Research
当教室では、時間認知と身体認知を主題として、高次脳機能の生物学的基盤を電気生理学的な手法により研究しています。 In academic researches, we are studying the neuronal mechanisms of higher brain functions, especially on time perception and body recognition.
抄読会 Journal Club
毎週水曜日17時から論文抄読会を行なっています。 各回、担当者が最新の関連論文を紹介し、参加者で意見交換や検討を行ないます。 We have weekly journal clubs from 17:00 on every Wednesday. Each time, the person in charge briefly explain the outline of the selected paper and deeply discuss its contents.
研究業績 Research Outcomes
業績・略歴は各教員のresearchmapページをご参照ください。 Please refer each member's researchmap page for detailed list of publications and curriculum vitae.
アクセス Directions
589-8511 大阪府 大阪狭山市 大野東 377-2
近畿大学 医学部 生理学講座
Department of Physiology, Faculty of Medicine, Kindai University
377-2 Ohnohigashi, Osaka-sayama, Osaka 589-8511
Tel: 072-366-0221 (代表) 内線 3162
Fax: 072-366-0206 (医学部共通)
Tel: +81-72-366-0221
Fax: +81-72-366-0206